OS X El Capitan: Mac にユーザを設定する

Mac にユーザを設定する

お使いの Mac を複数のユーザが使用している場合、ユーザがほかのユーザに影響を与えずに設定やオプションをパーソナライズできるように、各ユーザのアカウントを設定する必要があります。

ユーザを追加する

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「ユーザとグループ」をクリックします。

  2. カギのアイコン をクリックしてロックを解除してから、管理者の名前およびパスワードを入力します。

  3. ユーザのリストの下にある「追加」ボタン()をクリックします。

  4. 「新規アカウント」ポップアップメニューをクリックしてから、ユーザのタイプを選択します。

    • 管理者:管理者は、ほかのユーザを追加および管理したり、アプリケーションをインストールしたり、設定を変更したりできます。Mac をはじめて設定したときに作成した新しいユーザが管理者です。Mac には複数の管理者を指定できます。新しい管理者を作成することも、標準のユーザを管理者に変換することもできます。管理者には自動ログインを設定しないでください。自動的に管理者としてログインするように設定すると、だれかが、管理者のアクセス権を取得するために Mac を再起動することも考えられます。お使いの Mac を安全に運用するため、管理者の名前とパスワードは他人に教えないでください。

    • 標準:標準ユーザは管理者によって設定されます。標準ユーザは、アプリケーションをインストールしたり、自分が使う設定を変更したりすることができます。ただし、ほかのユーザの追加および設定変更はいずれも実行できません。

    • ペアレンタルコントロールで管理:ペアレンタルコントロールで管理されているユーザは、その管理者が指定したアプリケーションおよびコンテンツにのみアクセスできます。管理者はユーザの連絡先や Web サイトへのアクセスを制限したり、コンピュータの使用に時間制限を設定したりすることができます。

    • 共有のみ:共有のみのユーザは、共有ファイルにリモートでアクセスできますが、コンピュータへのログインや設定の変更はできません。このユーザに共有ファイルや共有画面へのアクセス権を与えるには、「共有」環境設定の「ファイル共有」、「画面共有」、または「リモートマネージメント」パネルで設定の変更が必要になる場合があります。

    • グループ:グループを使用して、複数のユーザに同一のアクセス権を設定できます。たとえば、フォルダまたはファイルへのグループ固有のアクセス権を付与すると、そのグループのすべてのメンバーがアクセスできるようになります。また、各共有フォルダについてグループ固有のアクセス権を割り当てることもできます。「共有」環境設定の「ファイル共有」セクションでアクセス権を設定することで、共有フォルダへのグループのアクセスを制御します。

  5. 新しいユーザのフルネームを入力します。アカウント名が自動的に生成されます。別のアカウント名を使用する場合は、ここで入力してください。アカウント名は後からは変更できません。

  6. ユーザのパスワードを入力して、確認のためにもう一度入力します。ユーザが自分のパスワードを思い出すのに役立つヒントを使用することをお勧めします。

  7. 「ユーザを作成」をクリックします。

  8. 作成するユーザの種類に応じて、次のいずれかを実行することもできます:

    • 管理者の場合は、「ユーザにこのコンピュータの管理を許可」を選択します。

    • 子供や管理されるユーザの場合は、「ペアレンタルコントロールを適用」を選択します。「“ペアレンタルコントロール”を開く」をクリックして、ユーザの制限を設定します。

    • 共有のみのユーザの場合は、ユーザが表示できるフォルダ、およびそのユーザが画面を共有できるかどうかを指定します。詳しくは、ほかの Mac ユーザとファイルを共有するまたは画面を共有するを参照してください。

グループを作成する

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「ユーザとグループ」をクリックします。

  2. カギのアイコン をクリックしてロックを解除してから、管理者の名前およびパスワードを入力します。

  3. ユーザのリストの下にある「追加」ボタン()をクリックします。

  4. 「新規アカウント」ポップアップメニューをクリックしてから、「グループ」を選択します。

  5. グループに名前を付けて、「グループを作成」をクリックします。

  6. 新しいグループに追加したい各ユーザとグループを選択します。

標準ユーザまたは管理対象ユーザを管理者に変換する

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「ユーザとグループ」をクリックします。

  2. カギのアイコン をクリックしてロックを解除してから、管理者の名前およびパスワードを入力します。

  3. 標準ユーザまたは管理されるユーザをユーザのリストから選択して、「ユーザにこのコンピュータの管理を許可」を選択します。

臨時ユーザにゲストとしてのログインを許可する

ゲスト・ユーザ・アカウントを作成すると、完全なユーザアカウントを設定しなくても、ほかのユーザが Mac を使用できます。ペアレンタルコントロールを使用すると、ゲストの活動を制限したりゲストが表示できるフォルダを指定したりすることができます。

ゲストには次のような特徴があります:

  • ログインするときにパスワードが不要です

  • ユーザやコンピュータの設定を変更できません

  • 「共有」環境設定でリモートログインを入にしている場合でも、リモートでログインすることができません

ゲストが作成したファイルは一時フォルダに保存されますが、そのフォルダとその内容はゲストがログアウトすると削除されます。ゲストアカウントを iCloud の「Mac を探す」機能と連携させて、自分の Mac をなくしたときに探すことができます。自分の Mac をだれかが見つけてゲストとしてログインし、「Safari」を使用してインターネットにアクセスすると、Mac が見つかります。

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「ユーザとグループ」をクリックします。

  2. カギのアイコン をクリックしてロックを解除してから、管理者の名前およびパスワードを入力します。

  3. ユーザのリストから「ゲストユーザ」を選択します。

  4. 「ゲストにこのコンピュータへのログインを許可」を選択します。

  5. 必要に応じて「ペアレンタルコントロールを適用」を選択してから、「“ペアレンタルコントロール”を開く」をクリックします。設定できる制限について詳しくは、ペアレンタルコントロールを設定するを参照してください。

  6. ネットワーク上の別のコンピュータから共有フォルダをゲストが使用できるようにするには、「ゲストユーザに共有フォルダへの接続を許可」を選択します。

ログインの操作方法をカスタマイズする

管理者である場合は、管理者がすべてのユーザにログインウインドウを表示する方法を指定できます。

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「ユーザとグループ」をクリックします。

  2. カギのアイコン をクリックしてロックを解除してから、管理者の名前およびパスワードを入力します。

  3. 「ユーザとグループ」環境設定で「ログインオプション」をクリックします。

  4. 「自動ログイン」ポップアップメニューをクリックしてから、1 人のユーザまたは「切」を選択します。

    ユーザを選択した場合、Mac が起動するときは常にそのユーザが自動的にログインします。「切」を選択した場合、Mac が起動するときに開くログインウインドウにすべてのユーザが表示されます。自動ログインは、Mac を次回再起動すると有効になります。セキュリティを高めるために、自動的に管理者としてログインするようには、Mac を設定しないでください。FileVault が入の場合は、自動ログインが無効です。

  5. 必要なオプションを選択します。不明な点がある場合、詳しくは、「ヘルプ」ボタン をクリックしてください。

新しいユーザに共有ファイルや共有画面へのアクセスを許可するには、「共有」環境設定の「ファイル共有」、「画面共有」、または「リモートマネージメント」パネルで設定の変更が必要になる場合があります。

アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「共有」をクリックします。

公開日: 2016/04/15
役に立ちましたか?
46% の人が役に立ったと言っています。