MacのためのNumbers: 「Numbers」でデータをフィルタする

「Numbers」でデータをフィルタする

表内のデータにフィルタして、見たいデータだけを表示できます。データをフィルタするには、表内でどの行を表示するかを決めるルールを作成します。

たとえば、月々のローン支払いの可能性をさまざまな利率で検討しているときに、返済可能なローンのみを表示するように表をフィルタできます。

返済可能な利率でフィルタする前のローンの表。
返済可能な利率でフィルタした後のローンの表。

注記:フィルタオプションを利用できない場合、隣接する行を結合したセルが表に含まれている可能性があります。データをフィルタするには、セルの結合を解除する必要があります。結合したセルをクリックして、画面上部の「表」メニューで、「表」>「セルの結合を解除」と選択します。結合されたセルがどこにあるか分からない場合は、表を選択してから、「表」>「すべてのセルの結合を解除」と選択します。

行のフィルタリングを行う

列の値の 1 つで表のフィルタリングをすばやく行えます。

  1. 列またはセルを選択してから、列の枠線の矢印をクリックします。

  2. 「表をフィルタ」を選択して、フィルタの基準にする値を選択します(たとえば、高校生に関するデータが含まれる表では「freshman」)。

    選択した列に「freshman」の値が含まれない行は、すべて非表示になります。

    フィルタを削除するには、もう一度値を選択します。

フィルタリングルールを作成する

列内の値に基づいてフィルタリングルールを作成できます。その列内で特定の値を持つ行だけが表示されます。

  1. 表をクリックします。

  2. 「整理」 「整理」ボタン サイドバーの「フィルタ」タブをクリックします。

  3. 「フィルタを追加」をクリックしてから、フィルタに使用する列を選択します。

  4. 必要なフィルタの種類(たとえば、「テキスト」)をクリックしてから、ルール(たとえば、「始まる」)を選択します。

    フィルタリングルールが「フィルタ」タブに表示されます。

  5. ルールの値を入力します。たとえば、「ではない」を選択する場合、「due by」のようにテキストを入力します。

    「フィルタ」チェックボックスが選択されて、ルールが表に適用されます。

    フィルタリングルールを作成するためのコントロール。
  6. 同じ列に別のルールを追加するには、「または」をクリックしてから、新しいフィルタリングルールを選択します。

    「C 列で「yes」または「maybe」を含む行を表示する」といったように、列に複数のルールを適用できます。

  7. 別の列にフィルタを追加するには、「フィルタを追加」をクリックして別のフィルタリングルールを入力します。

    表に複数のフィルタリングルールが適用されている場合、上部のポップアップメニューで、すべてのフィルタに一致する行を表示するか、いずれかのフィルタに一致する行を表示するかを選択できます。

    すべてのフィルタに一致する行、またはいずれかのフィルタに一致する行のどちらを表示するかを選択するためのポップアップメニュー。

注記:フィルタリングをオフにするまで、表に新しい行を追加することはできません。フィルタリングをオフにするには、「フィルタ」タブの「フィルタ」チェックボックスの選択を解除します。

フィルタをオフにする/削除する

表のすべてのフィルタを削除することなく、オフにすることができます。必要に応じて後で戻すことができます。フィルタが必要でない場合は、削除できます。

  • 表をクリックしてから、「整理」 「整理」ボタン サイドバーの「フィルタ」タブをクリックします。

    以下のようにコントロールを使用します:

    フィルタを削除するか、すべてのフィルタをオフにするためのコントロール。
公開日: 2018/11/23
役に立ちましたか?