「ディスクユーティリティ」サイドバーの APFS コンテナにある 4 つのボリューム。

macOS に複数のボリューム間の容量を管理させる

macOS 10.13で導入されたApple File System(APFS)のファイルシステムでは、ストレージデバイスのボリュームを簡単に追加または削除できます。APFSでフォーマットされたボリュームのサイズは自動的に変更されるので、ストレージデバイスに再びパーティションを作成する必要はありません。

ボリュームを APFS コンテナに追加する方法

「フォーマット」メニューの「APFS(暗号化)」オプション。

外部ストレージデバイスをセキュリティ保護する

新しいフラッシュドライブまたはその他のストレージデバイスを入手したら、APFSとしてフォーマットし、パスワードで暗号化して内容を保護します。

ストレージデバイスを暗号化し、パスワードで保護する方法

「ディスクユーティリティ」ツールバーの「First Aid」ダイアログ。

ディスクを診断する

ディスクで問題が起きた場合は、「ディスクユーティリティ」でディスクをチェックし、問題が検出されたら修復することができます。

ディスクを修復する方法

「ディスクユーティリティユーザガイド」をブラウズするには、ページ上部で目次をクリックしてください。