ディスクユーティリティヘルプ

ようこそディスクユーティリティへ

「ディスクユーティリティ」を使用して、ディスクの管理、ボリュームの追加および管理、RAID ディスクセットの管理を行います。

「ディスクユーティリティ」サイドバーの APFS コンテナにある 4 つのボリューム。

macOS に複数のボリューム間の容量を管理させる

macOS 10.13 で導入された Apple File System(APFS)のファイルシステムでは、ソリッドステートドライブ(SSD)のボリュームを簡単に追加または削除できます。APFS でフォーマットされたボリュームのサイズは自動的に変更されるので、SSD ドライブに再びパーティションを作成する必要はありません。ボリュームのフォーマットを表示するには、「ディスクユーティリティ」サイドバーでそのボリュームを選択します。選択したボリュームのフォーマットが、ウインドウ中央のボリューム名の下に表示されます。

「フォーマット」メニューの「APFS(暗号化)」オプション。

外部ストレージデバイスをセキュリティ保護する

新しいフラッシュドライブを入手したら、APFS としてフォーマットし、パスワードで暗号化して内容を保護します。始めるには、サイドバーでデバイスを選択し、「消去」ボタン をクリックしてから「フォーマット」ポップアップメニューをクリックし、「APFS(暗号化)」を選択します。

「ディスクユーティリティ」ツールバーの「First Aid」ダイアログ。

ディスクを診断する

ディスクで問題が起きた場合は、「ディスクユーティリティ」でディスクをチェックし、問題が検出されたら修復することができます。チェックするには、サイドバーでディスクまたはボリュームを選択し、「First Aid」ボタン をクリックします。