iPhone 12 モデルや Apple Watch で MagSafe デュアル充電パッドを使う方法

iPhone 12 や Apple Watch を MagSafe デュアル充電パッドでワイヤレス充電する方法をご案内します。

MagSafe デュアル充電パッドは、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、Apple Watch (全モデル)、Apple MagSafe アクセサリ、Qi 対応のデバイスやアクセサリで使える仕様になっています。


付属の USB-C - Lightning ケーブルを使って、MagSafe デュアル充電パッドを 20 ワット (W) 以上 (推奨) の Apple USB-C 電源アダプタ* または互換性のある他社製 USB-C アダプタに接続します。Mac や Windows パソコンの USB-C ポートに接続してもかまいません。

MagSafe デュアル充電パッドを平らな面に上向きに置いて (図を参照)、金属類やその他の異物から遠ざけておきます。

* Apple 29W USB-C 電源アダプタは、MagSafe デュアル充電パッドに対応していません。

iPhone 12 モデルを高速ワイヤレス充電する

MagSafe デュアル充電パッドは、iPhone 12 と Apple Watch を同時に、すばやく安全にワイヤレス充電できるよう作られています。このシステムは状況に賢く適応し、iPhone 12 をできるだけ効率よくピーク時最大 14 W の電力供給で充電できるように働きます。iPhone に実際に供給される電力量は、電源アダプタのワット数やシステムの状況によって違ってきます。iPhone 12 mini に関しては、MagSafe デュアル充電パッドはピーク時最大 12 W の電力を供給します。

iPhone を MagSafe デュアル充電パッドに置く前に、充電パッドを電源につないでおくことが重要です。そうしておけば、MagSafe は最大電力を供給しても支障がないと判断します。MagSafe デュアル充電パッドを電源につなぐ前にその上に iPhone を置いてしまった場合は、MagSafe デュアル充電パッドから iPhone をいったん取り外し、3 秒待ってから置き直してください。電力供給が最大電力で再開されます。

MagSafe デュアル充電パッドを USB PD 対応の電源アダプタで使う場合、最大電力 9 V (ボルト)/3 A (アンペア) でネゴシエーションする設計になっています。MagSafe は iPhone に供給する電力量を動的に最適化します。iPhone 12 への電力供給量は、温度やシステムの稼働状況など、さまざまな要因によってつど変化します。

電源アダプタはそれぞれ定格出力電流や定格出力電圧が違います。MagSafe デュアル充電パッドで高速ワイヤレス充電をするには、以下の定格値が必須となります。

  • USB-C コネクタ (USB-A はサポート対象外)
  • 9 V/2.22 A の電源アダプタは最大 11 W の電力を供給
  • 9 V/3 A 以上の電源アダプタは最大 14 W の電力を供給
  • iPhone 12 mini は、9 V/2.62 A 以上で最大 12 W の高速ワイヤレス充電に対応
  • 9 V/3 A 以上の高ワット数の電源アダプタも、ピーク時最大 14 W で iPhone 12 に電力を供給

iPhone と Apple Watch の充電パッドを両方同時に使う場合、MagSafe デュアル充電パッドには 15 W (5 V/3 A または 9 V/1.67 A) 以上の電力が必要ですが、充電速度は遅くなります。

ヘッドフォンなどの Lightning アクセサリを接続している間は、規格に従い 7.5 W での充電に制限されます。

Apple Watch を充電する方法

Apple Watch をバンドを開いて平らに置いて充電することも、電磁誘導コネクタを持ち上げて、横向きに寝かせて充電することもできます。横向きに置くと、Apple Watch は自動的にナイトスタンドモードになるので、目覚まし時計としても使えます。

充電コネクタを立てるか、平らにした状態で、Apple Watch の背面をコネクタに載せます。Apple Watch の充電が始まると、ディスプレイに充電インジケータが表示されます。

関連情報

  • MagSafe デュアル充電パッドは、Apple Watch を充電し、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、Apple MagSafe アクセサリを効率よく高速充電できる仕様になっています。
  • MagSafe に対応していない Qi 対応のデバイスを MagSafe デュアル充電パッドで充電する場合は電力供給量が減り、通常の Qi 対応の充電器よりも充電に時間がかかることがあります。 
  • クレジットカード、セキュリティバッジ、パスポート、キーフォブを iPhone と MagSafe デュアル充電パッドの間に挟まないようにしてください。それらのアイテムの磁気ストライプや RFID チップの破損につながる可能性があります。こうした破損しやすいアイテムを収納できるケースをお使いの場合は、それらのアイテムを充電前に取り出すか、デバイスの背面と充電器の間に挟まらないようにしてください。
  • iPhone を MagSafe デュアル充電パッドに接続し、同時に Lightning ポート経由で電源にもつないだ場合、iPhone は Lightning コネクタ経由で充電されます。
  • ほかのワイヤレス充電器を使う場合と同様、iPhone の充電中は iPhone や MagSafe デュアル充電パッドが若干熱を帯びることがあります。バッテリーの寿命を延ばすために、バッテリーが熱くなりすぎると、ソフトウェアが 80 パーセント以上の充電を制限することがあります。 
  • iPhone をレザーケースに入れたまま MagSafe デュアル充電パッドで充電した場合、ケースに型押ししたような円形の跡が残ることがあります。これは異常ではありませんが、気になる場合は、レザー以外のケースをお使いになることをお勧めします。 
  • 柔らかい素材の大半はそうですが、アクセサリのカバー部は日常的に使っていれば、時間の経過に伴い劣化します。MagSafe デュアル充電パッドのヒンジ部は、折りたたんだまま置いておくと、時間の経過に伴い、しわが寄る場合があります。MagSafe デュアル充電パッドを折りたたんだ状態で高温の環境下 (暑い日の車内など) に放置した場合、しわが目立ちやすく、深くなることがあります。その場合でも、アクセサリの基本性能には影響はありません。
  • MagSafe 製品の磁石について詳しくは、こちらの記事を参照してください。
公開日: