医療機器への磁気干渉の可能性について

消費者向けの電気製品の多くは磁石や、電磁場を生じる部品や無線送信機を内蔵しています。

磁気干渉と医療機器

特定の状況下において、磁石や電磁場が医療機器に干渉するおそれがあります。たとえば、植え込み型のペースメーカーや除細動器に内蔵されているセンサーが、磁石や無線送信機が近付くと反応する場合があります。こうした医療機器への干渉の可能性を排除するため、Apple 製品は医療機器には近付けず、安全確保のために必要とされる距離を確保してください (15 cm 以内、またはワイヤレス充電時は 30 cm 以内には近付けない)。具体的なガイドラインについては、かかりつけ医や医療機器メーカーにお問い合わせください。

Apple 製品が医療機器に干渉している疑いがある場合は、Apple 製品の利用を停止の上、かかりつけ医や医療機器のメーカーにご相談ください。

 

磁石を内蔵している Apple 製品

以下の製品は、医療機器に近付けず、安全な距離を保ってください。

AirPods とケース

  • AirPods と充電ケース
  • AirPods Pro と充電ケース
  • AirPods Max および Smart Case

Apple Watch とアクセサリ

  • Apple Watch
  • Apple Watch の磁石内蔵バンド
  • Apple Watch の磁気充電アクセサリ

HomePod

  • HomePod 
  • HomePod mini

iPad とアクセサリ

  • iPad
  • iPad mini
  • iPad Air
  • iPad Pro
  • iPad Smart Cover および Smart Folio
  • iPad Smart Keyboard および Smart Keyboard Folio
  • iPad 用 Magic Keyboard

iPhone と MagSafe アクセサリ

  • iPhone 12 モデル
  • iPhone 13 モデル
  • MagSafe アクセサリ

Mac とアクセサリ

  • Mac mini
  • Mac Pro
  • MacBook Air
  • MacBook Pro
  • iMac
  • Apple Pro Display XDR

Beats

  • Beats Flex
  • Beats Studio Buds
  • BeatsX
  • Powerbeats Pro
  • UrBeats3

ほかの Apple 製品にも磁石を内蔵しているものがありますが、医療危機への干渉リスクはさほど高くないと考えられています。安全性については、Apple 製品のユーザガイドの「安全性に関する重要な情報」セクションでさらに詳しく説明しています。

公開日: