Apple Watch Series 6 の血中酸素ウェルネス App で、血中に取り込まれた酸素のレベルを測定する

血中酸素ウェルネス App を使って、血液中に取り込まれた酸素のレベルを測定できます。

血中酸素ウェルネス App を使えば、血中に取り込まれた酸素のレベルを手首からじかに、いつでも好きな時に (オンデマンドで) 測定して、全体的なウェルネスの状態を知ることができます。血中酸素ウェルネス App による測定は医療用ではなく、あくまで一般的なフィットネスとウェルネスを目的としたものです。

血中酸素ウェルネス App は一部の国や地域でのみ利用できます。血中酸素ウェルネス App を利用できる国や地域については、こちらをご覧ください。 

血中に取り込まれた酸素のレベルとは

血中に取り込まれた酸素のレベル (血中酸素濃度) とは、赤血球によって肺から全身に運ばれる酸素の割合のことです。この重要な血液の働きがどれほどうまく行われているかを把握することで、全体的なウェルネスの状態を知ることができます。

ほとんどの人の血中酸素濃度は 95〜99%ですが、95%以下になっても通常の生活を送れる人もいます。 

 

血中酸素ウェルネス App の使い方

以下の条件が満たされていることを確認した上で、下記の手順で血中酸素ウェルネス App を設定してください。

必要な条件と準備

* ファミリー共有設定で Apple Watch を設定している場合は、血中酸素ウェルネス App を利用できません。

血中酸素ウェルネス App とバックグラウンド測定を設定する

  1. iPhone でヘルスケア App を開きます。
  2. 画面に表示される案内にそって操作します。画面に案内が表示されない場合は、「ブラウズ」タブをタップして、「呼吸」>「血中酸素ウェルネス」>「血中酸素ウェルネスを設定」の順にタップします。
  3. 設定が終わったら、Apple Watch 上で血中酸素ウェルネス App を開いて、血中に取り込まれた酸素のレベルを測定します。

設定後も Apple Watch 上に血中酸素ウェルネス App が表示されない場合は、Apple Watch 上で App Store にアクセスし、「血中酸素ウェルネス」を検索してダウンロードしてください。

血中酸素ウェルネス App は、ヘルスケア App での設定中にインストールされます。血中酸素ウェルネス App を削除してしまった場合でも、血中酸素ウェルネス App の設定が終わっておれば、Apple Watch 上で App Store からダウンロードして再インストールできます。


取り込まれた酸素のレベルを測定する

血中に取り込まれた酸素のレベルは、血中酸素ウェルネス App を使っていつでも測定できます。

  1. Apple Watch が、きつすぎず、ゆるすぎず、ぴったりと快適に手首にフィットしているか確認します。
  2. Apple Watch 上で血中酸素ウェルネス App を開きます。
  3. Apple Watch の文字盤を上に向け、手首を平らにして、そのまま動かさないようにします。
  4. 「開始」をタップし、腕を動かさずに 15 秒間そのままの状態に保ちます。
  5. しばらく動かないでじっとしていてください。測定には 15 秒かかります。測定が終わると結果が表示されます。 
  6. 「完了」をタップします。

 

バックグラウンド測定について

バックグラウンド測定がオンになっている場合、Apple Watch の血中酸素ウェルネス App は、血中に取り込まれた酸素のレベルを随時自動的に測定します。通常はユーザが動いていない時に測定が行われます。ユーザがどれだけ活発に動くかによって、1 日あたりの測定回数や、どのくらいの間隔を置いて測定されるかが異なります。測定時には手首に明るい赤色光が照射されますが、暗い場所ではこの赤色光が目につきやすくなりがちです。この光を煩わしく感じる場合は、以下の方法でバックグラウンド測定をオフにできます。

  1. Apple Watch で設定 App を開きます。
  2. 「血中酸素ウェルネス」をタップし、「睡眠モード中」と「シアターモード中」をオフにします。

Apple Watch で睡眠時間を記録」がオンになっている場合は、血中酸素ウェルネスの測定は睡眠中にのみ行われます。

 

血中酸素ウェルネス App のしくみ

Apple Watch Series 6 では、光学式心拍センサーが再設計され、血中に取り込まれた酸素のレベルを測定する機能が追加されました。取り込まれた酸素のレベルを測定中、裏蓋のクリスタルから赤色と緑色の LED と赤外線 LED が手首を照射し、その反射光の量をフォトダイオードが読み取ります。

高度なアルゴリズムが、読み取ったデータから血液の色を計算します。この血液の色によって、明るい赤なら酸素量が多く、暗い赤なら少ないといったように、取り込まれた酸素のレベルがわかります。

 

ベストな測定結果を得るためのヒント

  1. Apple Watch の文字盤を上向きにして測定している間は、腕をテーブルや膝の上にのせておきましょう。手首を平らにして、できるだけ動かさないようにしてください。
  2. Apple Watch の装着がゆるすぎないか確かめます。バンドがゆるすぎず、きつすぎず、ぴったりと心地よく手首にフィットして、Apple Watch の裏側が手首に触れている必要があります。 
  3. Apple Watch の裏面が手首にぴったりついているか確かめます。手首の骨が邪魔になって皮膚の表面にぴったり重ならない場合は、Apple Watch を手首の骨より少し上へ動かします。

 

その他の要因

理想的な状態であっても、血中に取り込まれた酸素のレベルを Apple Watch で常に正確に測定できるとは限りません。ごく少数ですが、人によってはさまざまな要因で酸素レベルをまったく測定できない場合もあります。

  • 皮膚灌流 (皮膚を流れる血液の量) が測定に影響する場合があります。皮膚灌流は人によって大きく異なり、周囲の環境によっても変化します。たとえば、寒い日に戸外にいる場合は、手首の皮膚灌流が低くなりすぎて、センサーが血中酸素ウェルネス App との連携で測定結果を出せないことがあります。 
  • タトゥー (刺青) などによる永続的または一時的な皮膚の変化も影響を及ぼすことがあります。タトゥー (刺青) のインク、図柄、濃さによってはセンサーからの光が遮られ、血中酸素ウェルネス App が正確に測定を行えないことがあります。
  • 測定中に動いてしまうことも、バックグラウンド測定やオンデマンド測定がうまくいかない要因の一つです。また、腕を体の横に垂らす、こぶしを握るなど、腕や手の位置や状態によって測定がうまくいかないこともあります。
  • 安静時に心拍数が高すぎる (150 bpm を上回っている) 場合は、血中に取り込まれた酸素のレベルを正常に測定できません。 

ヘルスケアデータを見る

血中酸素ウェルネスの測定結果は、オンデマンドの測定値もバックグラウンドの測定値も、すべて iPhone のヘルスケア App に保存されています。

  1. iPhone でヘルスケア App を開きます。
  2. 「ブラウズ」タブをタップし、「呼吸」>「血中酸素ウェルネス」の順にタップします。

測定結果にフィルタを適用して絞り込み、睡眠中や高地環境での結果だけを表示することもできます。

 

注意事項

  • 血中酸素ウェルネス App の測定は、医療用 (自己診断や医師への相談を含む) ではなく、あくまで一般的なフィットネスとウェルネスを目的としたものです。
  • 血中酸素ウェルネス App は 18 歳以上の方が対象です。
  • 睡眠中に数値が少し低めになるのは異常ではありません。人によっては 95%以下になる場合もあります。
  • 血中酸素ウェルネス App についてサポートが必要な場合は、こちらから Apple サポートにお問い合わせください。

 

関連情報

  • 心拍数の通知を Apple Watch に表示するための設定方法については、こちらの記事をご覧ください。
  • 心拍センサーの精度や注意点については、こちらの記事をご覧ください。
公開日: