watchOS 7.0 のセキュリティコンテンツについて

watchOS 7.0 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。

watchOS 7.0

2020 年 9 月 16 日リリース

Audio

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意のあるアプリケーションが、制限されたメモリを読み取れる可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外読み込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9943:Ant Group Light-Year Security Lab の JunDong Xie 氏

2020 年 11 月 12 日に追加

Audio

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:アプリケーションが、制限されたメモリを読み取れる可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外読み込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9944:Ant Group Light-Year Security Lab の JunDong Xie 氏

2020 年 11 月 12 日に追加

CoreAudio

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成されたオーディオファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2020-9960:Ant Security Light-Year Lab の JunDong Xie 氏および XingWei Lin 氏

2021 年 3 月 16 日に追加

CoreAudio

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意のあるオーディオファイルを再生すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、バッファオーバーフローの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9954:Trend Micro Zero Day Initiative に協力する Francis 氏、Ant Group Light-Year Security Lab の JunDong Xie 氏

2020 年 11 月 12 日に追加

CoreCapture

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ管理を強化し、解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9949:Proteas 氏

2020 年 11 月 12 日に追加

CoreText

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成されたテキストファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9999:Apple

2020 年 12 月 15 日に追加

Disk Images

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2020-9965:Proteas 氏

CVE-2020-9966:Proteas 氏

2020 年 11 月 12 日に追加

FontParser

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意のあるアプリケーションが、制限されたメモリを読み取れる可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2020-29629:匿名の研究者

2022 年 1 月 19 日に追加

FontParser

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成されたフォントファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2020-9956:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する Trend Micro Mobile Security Research Team の Mickey Jin 氏および Junzhi Lu 氏

2021 年 3 月 16 日に追加

FontParser

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成された画像を処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:サイズ検証を強化し、バッファオーバーフローに対処しました。

CVE-2020-9962:Yiğit Can YILMAZ 氏 (@yilmazcanyigit)

2021 年 3 月 16 日に追加

FontParser

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成されたフォントファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:フォントファイルの処理に、メモリ破損の脆弱性が存在します。入力検証を強化し、この脆弱性に対処しました。

CVE-2020-27931:Apple

2021 年 3 月 16 日に追加

FontParser

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成されたフォントを処理すると、プロセスメモリが漏洩する可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外読み込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-29639:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する Trend Micro の Mickey Jin 氏および Qi Sun 氏

2021 年 7 月 21 日に追加

HomeKit

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:ネットワーク上の特権的な地位を悪用した攻撃者に、アプリケーションの状態を予期せず改ざんされる場合がある。

説明:この問題は、設定が伝搬されるように改善することで解決されました。

CVE-2020-9978:インディアナ大学ブルーミントン校の Luyi Xing 氏、Dongfang Zhao 氏、および Xiaofeng Wang 氏、西安電子科技大学 (Xidian University) および中国科学院大学 (University of Chinese Academy of Sciences) の Yan Jia 氏、華中科技大学 (HuaZhong University of Science and Technology) の Bin Yuan 氏

2021 年 3 月 16 日に追加

ImageIO

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成された tiff ファイルを処理すると、サービス運用妨害を受ける可能性や、メモリのコンテンツが漏洩する可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2020-36521:Ant-Financial Light-Year Security Lab の Xingwei Lin 氏

2022 年 5 月 25 日に追加

ImageIO

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成された画像を処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2020-9961:Ant Security Light-Year Lab の Xingwei Lin 氏

2020 年 11 月 12 日に追加

ImageIO

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成された PDF ファイルを開くと、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外書き込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9876:Trend Micro の Mickey Jin 氏

2020 年 11 月 12 日に追加

ImageIO

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成された画像を処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外書き込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9955:Trend Micro の Mickey Jin 氏、Ant Security Light-Year Lab の Xingwei Lin 氏

2020 年 12 月 15 日に追加

Kernel

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:リモートの攻撃者にシステムを突然終了されたり、カーネルメモリを破損されたりする可能性がある。

説明:入力検証を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9967:Alex Plaskett 氏 (@alexjplaskett)

2021 年 3 月 16 日に追加

Kernel

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ管理を強化し、解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9975:Pangu Lab の Tielei Wang 氏

2021 年 3 月 16 日に追加

Keyboard

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意のあるアプリケーションにより、重要なユーザ情報が漏洩する可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、ロジックの問題に対処しました。

CVE-2020-9976:JAIDE GmbH (ドイツ、ハンブルク) の Rias A. Sherzad 氏

libxml2

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成されたファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:メモリ管理を強化し、解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9981:OSS-Fuzz により検出

2020 年 11 月 12 日に追加

libxpc

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意のあるアプリケーションに権限を昇格される可能性がある。

説明:検証を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9971:Tencent Security Xuanwu Lab の Zhipeng Huo 氏 (@R3dF09)

2020 年 12 月 15 日に追加

Mail

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:リモートの攻撃者がアプリケーションの状態を予期せず変更する場合がある。

説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。

CVE-2020-9941:ミュンスター応用科学大学 (FH Münster University of Applied Sciences) の Fabian Ising 氏、ミュンスター応用科学大学の Damian Poddebniak 氏

2020 年 11 月 12 日に追加

Messages

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:ローカルユーザに、ユーザが削除したメッセージを特定される可能性がある。

説明:削除処理を改善することで、この問題に対処しました。

CVE-2020-9989:von Brunn Media

2020 年 11 月 12 日に追加

Phone

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:指定の時間が経過しても画面がロックされないことがある。

説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。

CVE-2020-9946:iolight AB の Daniel Larsson 氏

Safari

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意のある Web サイトにアクセスすると、アドレスバーを偽装される可能性がある。

説明:UI の処理を改善することで、この問題を解決しました。

CVE-2020-9993:筑波大学の Masato Sugiyama 氏 (@smasato)、Piotr Duszynski 氏

2020 年 11 月 12 日に追加

Sandbox

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:ローカルユーザが、重要なユーザ情報を閲覧できる可能性がある。

説明:サンドボックスの制限を追加で設けて、アクセス関連の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9969:SecuRing の Wojciech Reguła 氏 (wojciechregula.blog)

2020 年 11 月 12 日に追加

Sandbox

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意のあるアプリケーションに、制限されたファイルにアクセスされる可能性がある。

説明:制限を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9968:TrustedSec の Adam Chester 氏 (@_xpn_)

2020 年 9 月 17 日に更新

SQLite

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:リモートの攻撃者から、サービス運用妨害を受ける可能性がある。

説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。

CVE-2020-13434

CVE-2020-13435

CVE-2020-9991

2020 年 11 月 12 日に追加

SQLite

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:SQLite に複数の脆弱性がある。

説明:SQLite をバージョン 3.32.3 にアップデートして、複数の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-15358

2020 年 11 月 12 日に追加

SQLite

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:リモートの攻撃者が、メモリを漏洩させる可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、情報漏洩の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9849

2020 年 11 月 12 日に追加

SQLite

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成された SQL クエリによって、データが破損するおそれがある。

説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。

CVE-2020-13631

2020 年 11 月 12 日に追加

SQLite

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:リモートの攻撃者によって任意のコードが実行される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-13630

2020 年 11 月 12 日に追加

WebKit

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ管理を強化し、解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9947:Trend Micro Zero Day Initiative に協力する cc 氏

CVE-2020-9950:Trend Micro Zero Day Initiative に協力する cc 氏

CVE-2020-9951:Cisco Talos の Marcin 'Icewall' Noga 氏

2020 年 11 月 12 日に追加

WebKit

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、コードが実行される可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外書き込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9983:zhunki 氏

2020 年 11 月 12 日に追加

WebKit

対象となるデバイス:Apple Watch Series 3 以降

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、クロスサイトスクリプティング攻撃につながるおそれがある。

説明:入力検証を強化し、入力検証の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9952:Ryan Pickren 氏 (ryanpickren.com)

ご協力いただいたその他の方々

Audio

Ant-Financial Light-Year Security Lab の JunDong Xie 氏および Xingwei Lin 氏のご協力に感謝いたします。

2021 年 3 月 16 日に追加

Audio

Ant-Financial Light-Year Security Lab の JunDong Xie 氏および XingWei Lin 氏のご協力に感謝いたします。

2020 年 11 月 12 日に追加

Bluetooth

NCC Group の Andy Davis 氏のご協力に感謝いたします。

Clang

Google Project Zero の Brandon Azad 氏のご協力に感謝いたします。

2020 年 11 月 12 日に追加

Core Location

Yiğit Can YILMAZ 氏 (@yilmazcanyigit) のご協力に感謝いたします。

Crash Reporter

AFINE の Artur Byszko 氏のご協力に感謝いたします。

2020 年 12 月 15 日に追加

iAP

NCC Group の Andy Davis 氏のご協力に感謝いたします。

2020 年 11 月 12 日に追加

Kernel

Google Project Zero の Brandon Azad 氏、Google の Stephen Röttger 氏のご協力に感謝いたします。

2020 年 11 月 12 日に更新

libxml2

匿名の研究者のご協力に感謝いたします。

2021 年 3 月 16 日に追加

Location Framework

Nicolas Brunner 氏 (linkedin.com/in/nicolas-brunner-651bb4128) のご協力に感謝いたします。

2020 年 10 月 19 日に更新

Mail Drafts

HackerOne の Jon Bottarini 氏のご協力に感謝いたします。

2020 年 11 月 12 日に追加

Safari

OneSpan's Innovation Centre (onespan.com) およびユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの Andreas Gutmann 氏 (@KryptoAndI)、OneSpan's Innovation Centre (onespan.com) およびユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの Steven J. Murdoch 氏 (@SJMurdoch)、Lightning Security の Jack Cable 氏、Ryan Pickren 氏 (ryanpickren.com)、Yair Amit 氏のご協力に感謝いたします。

2020 年 10 月 19 日に追加、2020 年 11 月 12 日に更新

WebKit

REDTEAM.PL の Pawel Wylecial 氏、Ryan Pickren 氏 (ryanpickren.com) のご協力に感謝いたします。

2020 年 11 月 12 日に追加

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: