天気 App で利用できる機能とデータソース

天気 App で利用できる機能やデータソースについてご紹介します。

天気 App にはさまざまな機能があり、現在の天気や今後の天気予報を知らせてくれます。現時点では、国や地域によって利用できない機能が一部あります。

10 日間天気予報

10 日間の天気予報は、ほとんどの国や地域について表示されます。データの提供元は The Weather Channel です。1

これから 1 時間の雨の強さ

これから 1 時間の雨の強さは、各国の天気サービスのデータを利用して Apple が提供しています。米国では National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA)2 のデータ、英国では The Met Office のデータに基づいて提供されています。2

空気質

空気質の情報は、カナダ、フランス、ドイツ、インド、イタリア、メキシコ、韓国、スペイン、オランダ、米国、英国については BreezoMeter3 が提供しています。中国本土については QWeather3 が提供しています。各地の空気質は、現地の指数で表示されます。

重大な気象情報

重大な気象情報は、オーストラリア、カナダ、日本、米国、およびヨーロッパの大半の国や地域では、The Weather Channel1 のデータに基づいて提供されています。ブラジルでは Instituto Nacional de Meteorologia、メキシコでは Servicio Meteorológico Nacional、タイでは Thai Meteorological Department がデータの提供元となっています。4

天気 App についてさらに詳しく

iPhone の天気 App を使って現在地やほかの都市の天気を調べる方法については、こちらの記事を参照してください。

1. The Weather Channel については、こちらを参照してください。

2. National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA) についてはこちら、The Met Office についてはこちらを参照してください。

3. BreezoMeter についてはこちら、QWeather についてはこちらを参照してください。

4. Instituto Nacional de Meteorologia についてはこちら、Servicio Meteorológico Nacional についてはこちら、Thai Meteorological Department についてはこちらを参照してください。

これらの Web サイトは、一部の言語に対応していない場合があります。

公開日: