iOS 13.6 および iPadOS 13.6 のセキュリティコンテンツについて

iOS 13.6 および iPadOS 13.6 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。

iOS 13.6 および iPadOS 13.6

2020 年 7 月 15 日リリース

オーディオ

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意を持って作成されたオーディオファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外読み込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9888:Ant-financial Light-Year Security Lab の JunDong Xie 氏および XingWei Li 氏

CVE-2020-9890:Ant-financial Light-Year Security Lab の JunDong Xie 氏および XingWei Li 氏

CVE-2020-9891:Ant-financial Light-Year Security Lab の JunDong Xie 氏および XingWei Li 氏

オーディオ

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意を持って作成されたオーディオファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外書き込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9884:Trend Micro Zero Day Initiative に協力する小鸡帮の Yu Zhou 氏 (@yuzhou6666)

CVE-2020-9889:Ant-financial Light-Year Security Lab の JunDong Xie 氏および XingWei Li 氏

2020 年 7 月 24 日に更新

AVEVideoEncoder

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:脆弱なコードを削除することで、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9907:匿名の研究者

AVEVideoEncoder

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:脆弱なコードを削除することで、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9907:08Tc3wBB 氏

2020 年 7 月 24 日に更新

Bluetooth

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:リモートの攻撃者が原因で、アプリケーションが突然終了する場合がある。

説明:入力検証を強化し、サービス運用妨害の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9931:ダルムシュタット工科大学 Secure Mobile Networking Lab の Dennis Heinze 氏 (@ttdennis)

CoreFoundation

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:ローカルユーザが、重要なユーザ情報を閲覧できる可能性がある。

説明:環境変数の処理に脆弱性がありました。検証を強化し、この脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9934:匿名の研究者

CoreGraphics

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意を持って作成された画像を処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、バッファオーバーフローの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9883:Trend Micro の Mickey Jin 氏

2020 年 7 月 24 日に追加

Crash Reporter

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションがサンドボックスを破って外部で実行される可能性がある。

説明:脆弱なコードを削除することで、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9865:360 BugCloud に協力する Qihoo 360 Vulcan Team の Zhuo Liang 氏

GeoServices

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションが、重要な位置情報を読み取れる可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、認証の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9933:Alibaba Inc. の Min (Spark) Zheng 氏および Xiaolong Bai 氏

iAP

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:ネットワーク上で特権的な地位を悪用した攻撃者が、不正な形式の Bluetooth パケットを使ってサービス運用妨害を仕掛けてくる可能性がある。

説明:Bluetooth における入力検証に脆弱性がありました。入力検証を強化し、この脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9914:NCC Group の Andy Davis 氏

2020 年 7 月 24 日に更新

ImageIO

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意を持って作成された画像を処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外書き込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9871:Ant-financial Light-Year Security Lab の Xingwei Lin 氏

CVE-2020-9872:Ant-financial Light-Year Security Lab の Xingwei Lin 氏

CVE-2020-9936:Trend Micro の Mickey Jin 氏

2020 年 7 月 24 日に更新

ImageIO

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意を持って作成された画像を処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、バッファオーバーフローの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9919:Trend Micro の Mickey Jin 氏

2020 年 7 月 24 日に追加

ImageIO

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意を持って作成された PDF ファイルを開くと、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外書き込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9876:Trend Micro の Mickey Jin 氏

2020 年 7 月 24 日に追加

ImageIO

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意を持って作成された画像を処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2020-9873:Ant-financial Light-Year Security Lab の Xingwei Lin 氏

CVE-2020-9938:Ant-financial Light-Year Security Lab の Xingwei Lin 氏

2020 年 7 月 24 日に追加

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9923:Proteas 氏

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:ネットワーク上の特権的な地位を悪用した攻撃者が、VPN トンネル内のアクティブな接続にインジェクション攻撃をしかけることができる。

説明:制限を強化し、ルーティングの脆弱性に対処しました。

CVE-2019-14899:William J. Tolley 氏、Beau Kujath 氏、Jedidiah R. Crandall 氏

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:カーネルコードの実行をやり遂げた攻撃者が、カーネルメモリの軽減策を回避できる可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外読み込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9909:Google Project Zero の Brandon Azad 氏

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9904:Pangu Lab の Tielei Wang 氏

2020 年 7 月 24 日に追加

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ初期化の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9863:匿名の研究者

2020 年 7 月 24 日に追加

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9892:Google の Andy Nguyen 氏

2020 年 7 月 24 日に追加

メール

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:リモートの攻撃者から、サービス運用妨害を受ける可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外書き込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2019-19906

2020 年 7 月 24 日に更新

メール

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意のあるメールサーバに、任意のメールファイルを上書きされる可能性がある。

説明:検証を強化して、パスの処理における脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9920:Hillstone Networks AF Team の YongYue Wang 氏 (BigChan)

2020 年 7 月 24 日に追加

メッセージ

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:iMessage グループから削除されたユーザが、同じグループに再び参加できる場合がある。

説明:iMessage の Tapback の処理に脆弱性がありました。検証を追加で設けて、この脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9885:匿名の研究者、WWP High School North の Suryansh Mansharamani 氏 (medium.com/@suryanshmansha)

Model I/O

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意を持って作成された USD ファイルを処理すると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、バッファオーバーフローの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9878:Deutsche Telekom Security の Holger Fuhrmannek 氏

Safari のログイン画面の自動補完

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意のある攻撃者が、Safari に間違ったドメインのパスワードを提案させる場合がある。

説明:制限を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9903:Payatu Labs (payatu.com) の Nikhil Mittal 氏 (@c0d3G33k)

Safari リーダー

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:Safari のリーダーモードに脆弱性があり、そのせいでリモートの攻撃者が同一生成元ポリシーを回避できる場合がある。

説明:制限を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9911:Payatu Labs (payatu.com) の Nikhil Mittal 氏 (@c0d3G33k)

セキュリティ

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:攻撃者が、管理者が追加した証明書の共有鍵素材を使い、信頼されている Web サイトを偽装できる可能性がある。

説明:管理者が追加した証明書を処理する際の証明書の検証に脆弱性がありました。証明書の検証を強化し、この脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9868:Asana の Brian Wolff 氏

2020 年 7 月 24 日に追加

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:リモートの攻撃者により、アプリケーションを突然終了されたり、任意のコードを実行されたりする可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2020-9894:Trend Micro Zero Day Initiative に協力する 0011 氏

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、コンテンツ・セキュリティ・ポリシーの適用を回避される場合がある。

説明:コンテンツ・セキュリティ・ポリシーにアクセス関連の脆弱性がありました。この問題は、アクセス制限を強化することで解決されました。

CVE-2020-9915:Noon の Ayoub AIT ELMOKHTAR 氏

2020 年 7 月 24 日に更新

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:リモートの攻撃者により、アプリケーションを突然終了されたり、任意のコードを実行されたりする可能性がある。

説明:メモリ管理を強化し、解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9893:Trend Micro Zero Day Initiative に協力する 0011 氏

CVE-2020-9895:Georgia Tech の SSLab の Wen Xu 氏

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、ユニバーサルクロスサイトスクリプティング攻撃につながるおそれがある。

説明:ステート管理を改善し、ロジックの問題に対処しました。

CVE-2020-9925:匿名の研究者

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:任意の読み取りおよび書き込み権限を持つ悪意のある攻撃者が、ポインタ認証を回避できる可能性がある。

説明:ロジックを改善し、複数の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9910:Google Project Zero の Samuel Groß 氏

WebKit ページの読み込み

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:悪意のある攻撃者が、URL の接続先を隠せる可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、URL Unicode エンコーディングにおける脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9916:Rakesh Mane 氏 (@RakeshMane10)

WebKit Web インスペクタ

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:Web インスペクタから URL をコピーすると、コマンドインジェクションを引き起こす場合がある。

説明:Web インスペクタにコマンドインジェクションの脆弱性がありました。エスケープを改善して、この脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9862:Ophir Lojkine 氏 (@lovasoa)

Wi-Fi

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:リモートの攻撃者にシステムを突然終了されたり、カーネルメモリを破損されたりする可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2020-9918:360 BugCloud (bugcloud.360.cn) に協力する 360 Alpha Lab の Jianjun Dai 氏

Wi-Fi

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:リモートの攻撃者にシステムを突然終了されたり、カーネルメモリを破損されたりする可能性がある。

説明:入力検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-9906:Google Project Zero の Ian Beer 氏

2020 年 7 月 24 日に追加

Wi-Fi

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:リモートの攻撃者から、サービス運用妨害を受ける可能性がある。

説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。

CVE-2020-9917:Harman の Pradeep Deokate 氏、Daimler AG の Stefan Böhrer 氏、proofnet.de

2020 年 7 月 24 日に更新

ご協力いただいたその他の方々

Bluetooth

NCC Group の Andy Davis 氏のご協力に感謝いたします。

カーネル

Google Project Zero の Brandon Azad 氏のご協力に感謝いたします。

USB オーディオ

NCC Group の Andy Davis 氏のご協力に感謝いたします。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: