tvOS 13.3.1 のセキュリティコンテンツについて

tvOS 13.3.1 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。

tvOS 13.3.1

2020 年 1 月 28 日リリース

オーディオ

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:アプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3857:Qihoo 360 Vulcan Team の Zhuo Liang 氏

ImageIO

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:悪意を持って作成された画像を処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2020-3826:Google Project Zero の Samuel Groß 氏

CVE-2020-3870

CVE-2020-3878:Google Project Zero の Samuel Groß 氏

CVE-2020-3880:Google Project Zero の Samuel Groß 氏

2020 年 4 月 4 日に更新

IOAcceleratorFamily

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3837:Google Project Zero の Brandon Azad 氏

IOUSBDeviceFamily

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8836:Alibaba Inc. の Xiaolong Bai 氏および Min (Spark) Zheng 氏、インディアナ大学ブルーミントン校の Luyi Xing 氏

2020 年 6 月 22 日に追加

IPSec

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:悪意を持って作成された racoon 設定ファイルを読み込むと、任意のコードが実行される可能性があります。

説明:racoon 構成ファイルの処理に、1 つ違い (off by one) の脆弱性がありました。この問題は、配列境界チェック機能を改善することで解決されました。

CVE-2020-3840:@littlelailo 氏

カーネル

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:アプリケーションが、制限されたメモリを読み取れる可能性がある。

説明:入力のサニタイズ処理を強化し、検証の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3875:Google Project Zero の Brandon Azad 氏

カーネル

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:アプリケーションが、制限されたメモリを読み取れる可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ初期化の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3872:Cognite の Haakon Garseg Mørk 氏および Cognite の Cim Stordal 氏

カーネル

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:悪意のあるアプリケーションが、カーネルメモリのレイアウトを判断できる可能性がある。

説明:メモリ管理を改善し、アクセス関連の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3836:Google Project Zero の Brandon Azad 氏

カーネル

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3842:Google Project Zero に協力する Ned Williamson 氏

カーネル

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:悪意のあるアプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、型の取り違え (type confusion) の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3853:Google Project Zero の Brandon Azad 氏

libxml2

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:悪意を持って作成された XML を処理すると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:サイズ検証を強化し、バッファオーバーフローに対処しました。

CVE-2020-3846:Ranier Vilela 氏

2020 年 1 月 29 日に追加

libxpc

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:悪意を持って作成された文字列を処理すると、ヒープ破損が起きる可能性がある。

説明:入力検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3856:Google Project Zero の Ian Beer 氏

libxpc

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:アプリケーションに、昇格した権限を取得される可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外読み込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3829:Google Project Zero の Ian Beer 氏

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3825:Euvic の Przemysław Sporysz 氏

CVE-2020-3868:Cisco Talos の Marcin Towalski 氏

2020 年 1 月 29 日に更新

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:悪意のある Web サイトから、サービス運用妨害を受ける可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、サービス運用妨害の脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3862:Google Chrome の Srikanth Gatta 氏

2020 年 1 月 29 日に追加

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、ユニバーサルクロスサイトスクリプティング攻撃につながるおそれがある。

説明:ステート管理を改善し、ロジックの問題に対処しました。

CVE-2020-3867:匿名の研究者

2020 年 1 月 29 日に追加

WebKit ページの読み込み

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:最上位レベルの DOM オブジェクトコンテキストが誤って安全だと認識される場合がある。

説明:検証を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3865:Ryan Pickren 氏 (ryanpickren.com)

2020 年 1 月 29 日に追加、2020 年 2 月 11 日に更新

WebKit ページの読み込み

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:DOM オブジェクトコンテキストに固有のセキュリティオリジンがない場合がある。

説明:検証を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2020-3864:Ryan Pickren 氏 (ryanpickren.com)

2020 年 2 月 11 日に追加

wifivelocityd

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV HD

影響:アプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:アクセス権のロジックを改善することで、この問題を解決しました。

CVE-2020-3838:Dayton Pidhirney 氏 (@_watbulb)

ご協力いただいたその他の方々

IOSurface

Liang Chen 氏 (@chenliang0817) のご協力に感謝いたします。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: