ディスクユーティリティで Mac を修復する方法

ディスクユーティリティの First Aid 機能を使って、ディスクのエラーを検出し、修復する方法をご紹介します。

ディスクユーティリティは、Mac のディスクのフォーマットやディレクトリ構造に関連するエラーを検出し、修復してくれます。エラーがあると、Mac の使用時に予期しない症状が現れかねません。また、重大なエラーになると、Mac がまったく起動しなくなるおそれもあります。

作業を進める前に、破損したファイルを復元する必要ができた場合や、ディスクユーティリティで修復不能なエラーが見つかった場合に備えて、Mac の最新のバックアップを取っておいてください。

ディスクユーティリティを開く

一般に、ディスクユーティリティは「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダから開けます。ただし、Mac が最後まで起動しなくなった場合や、Mac の起動ディスクを修復したい場合には、macOS 復旧からディスクユーティリティを開いてください。

  1. お使いの Mac が Apple シリコンを搭載しているかどうかを確認し、以下の該当する手順を実行します。
    • Apple シリコン:Mac の電源を入れ、起動オプションのウインドウが表示されるまで、電源ボタンを押し続けます。「オプション」というラベルの付いたギアマークのアイコンをクリックし、「続ける」をクリックします。
    • Intel プロセッサ:Mac の電源を入れてすぐに「command (⌘) + R」キーを長押しし、Apple ロゴやその他の画像が表示されるまで押し続けます。
  2. ユーザの選択画面が表示される場合は、パスワードがわかっているユーザを選択して「次へ」をクリックし、そのアカウントの管理者パスワードを入力します。
  3. macOS 復旧のユーティリティウインドウから「ディスクユーティリティ」を選択し、「続ける」をクリックします。

 


ディスクユーティリティでディスクを選択する

ディスクユーティリティのメニューバーまたはツールバーから「表示」>「すべてのデバイスを表示」の順に選択します (選択可能な場合)。

ディスクユーティリティ:すべてのデバイスを表示

ディスクユーティリティのサイドバーに、利用可能な各ディスクとその他のストレージデバイスが、起動ディスクを筆頭に表示されます。各ディスクの下には、そのディスクのコンテナとボリュームが表示されます。ディスクが表示されない場合は、こちらを参照してください。

ディスクユーティリティ:コンテナとボリューム
この例では、起動ディスク (「APPLE HDD」) にコンテナが 1 つあり、ボリュームが 2 つ (「Macintosh HD」「Macintosh HD - Data」) あります。ディスクにコンテナがない場合や、ボリュームの数が違う場合もあります。

 


ボリューム、コンテナ、ディスクの順に修復する

修復対象となるディスクそれぞれについて、まず、そのディスクの最後のボリュームを選択して、「First Aid」ボタン またはタブをクリックします。

ディスクユーティリティ:First Aid を実行しますか?
この例では、ディスクの最後のボリュームは「Macintosh HD - Data」です。


「実行」をクリックし、選択したボリュームにエラーがないかどうかの確認作業を始めます。

  • 「実行」ボタンがない場合は、代わりに「ディスクを修復」ボタンをクリックします。
  • ボタンがグレイ表示になっていてクリックできない場合は、選択したディスク、コンテナ、またはボリュームについてはこの手順を飛ばしてください。
  • ディスクのロックを解除するためパスワードの入力を求められたら、管理者のパスワードを入力します。

ディスクユーティリティでボリュームのチェックが終わったら、サイドバーでそのボリュームの 1 つ上にある項目を選択し、もう一度 First Aid を実行します。リストを 1 つずつ上に移動し、ディスクの各ボリューム、次にディスクの各コンテナ、最後にディスク本体という具合に First Aid を実行していきます。 

Disk First Aid:プロセスが完了しました
この例の場合は、「Macintosh HD - Data」の次に「Macintosh HD」、その次に「Container disk3」、そして最後に「APPLE HDD」の順番で修復していきます。
   

ディスクユーティリティで修復不能なエラーが見つかった場合

ディスクユーティリティで修復できないエラーが見つかった場合は、ディスクユーティリティを使ってディスクを消去 (フォーマット) してください。

ディスクユーティリティにディスクが表示されない場合

ディスクユーティリティでディスクが認識されない場合は、そのディスク上のコンテナやボリュームも認識されません。その場合は、以下の手順で対処してください。

  1. Mac をシステム終了し、必須ではないデバイスをすべて Mac から取り外します。
  2. 外付けのドライブが修復対象の場合は、動作確認済みのケーブルを使って、そのドライブを Mac に直接接続します。その上で、ドライブの電源を切り、入れ直してください。
  3. 上記の手順を行ってもなおディスクユーティリティにディスクが表示されない場合は、Mac の修理が必要だと考えられます。サポートをご希望の場合は、Apple サポートにお問い合わせください。 
公開日: