Apple Pro Display XDR の測定とキャリブレーション

ディスプレイのキャリブレーションをテストする方法をご案内します。

すべての Pro Display XDR について、工場の組み立てラインで最先端のディスプレイキャリブレーションプロセスにそって、P3 ワイドカラーパネルと 1 つひとつのバックライト LED の精度を徹底的にテストしています。

Pro Display XDR のキャリブレーションは、米国立標準技術研究所 (NIST) に準拠し、NIST トレーサブルなラボ級の器具を使って実施しています。ディスプレイを閉鎖空間で動作させ、ディスプレイの中央への垂直入射測定を実施しました。さらに、このファクトリーキャリブレーションプロセスを経て、先進の内蔵アルゴリズムを用いて、sRGB、BT.601、BT.709、さらには P3-ST.2084 (HDR) など、今日のメディアワークフローで使われる幅広い色空間を高い精度で再現できるようになります。

Pro Display XDR を測定する

Apple が提供している QuickTime ムービーのテストパターン一式を使って、Pro Display XDR のキャリブレーションを評価できます。これらは適切にカラータグが付けられた SDR/HDR リファレンスで、所属組織内の分光測光器を使って、EOTF (電気光伝達関数) も含め、原色/二次色やルミナンスを測定し、検証できます。ディスプレイのキャリブレーションをテストする前に、Mac に macOS Catalina 10.15.3 以降が搭載されているか確かめてください。

テストパターンをダウンロードする

  1. Apple Developer の AVFoundation のページにアクセスします。
  2. 「Related Resources」セクションで、「Color Test Patterns」をクリックしてテストファイルをダウンロードします。 
  3. 「QuickTime-Test-Pattern.zip」ファイルをダブルクリックして、アーカイブの圧縮を解除します。

ディスプレイを測定する

  1. 他社製の分光測光器をディスプレイの中央に位置合わせします。正しく測定できるように、位置合わせの間は室内を暗くし、迷光やぎらつきが測定に影響しないように注意してください。
  2. 「QuickTime Test Pattern Movies」フォルダを開いて、テストしたいパターン一式を選択します。各フォルダに、HDR、BT.709、BT.601 の色やルミナンスを測定するためのムービーファイル一式が入っています。
  3. QuickTime Player で各ファイルを開いて、フォルダ内のテストパターンの各ムービーファイルを測定します。使用中のリファレンスモードが、選択したテストパターンと一致しているか確認してください。たとえば、HDR10 ベースのパターンを使う際には、HDR ビデオ (P3–ST 2084) プリセットを使います。
  4. 測定した色 (彩色) とルミナンスの値を、テストパターンのフォルダ内にある「Reference Values.txt」ファイルの値と比較します。分光測光器の許容誤差やキャリブレーションによっては、リファレンス値と比べて測定値に誤差が生じることがあります。

測定値がリファレンス値と違う場合

測定値とリファレンス値の間に差がある場合は、以下の手順で対処してみてください。

分光測光器の設定を確認する

  • 周辺光を極力抑えるように環境を整えます。
  • ディスプレイを 30 分以上動作させ、動作温度を安定させます。
  • メーターの向きをディスプレイと垂直に、x 軸に並行になるようにして、偏光を極力抑えます。
  • メーターの露光設定を確認します。メーターに自動露光モードがある場合は、有効にします。さまざまなルミナンスレベルで最適な読み取りが可能になります。メーターに自動露光モードがない場合は、センサーの飽和露光量を超えないように、露光を適切に設定してください。
  • メーターに積分時間が設定されているか確かめます。積分時間をできるだけ長くすると、結果の精度が上がります。

分光測光器のキャリブレーションを確認する

メーカーの定める仕様を調べて、分光測光器の許容誤差を確認します。誤差が認められる場合は、以下のいずれかの状況が原因だと考えられます。

  • さまざまな器具のキャリブレーションでイルミナント A の入射角がそれぞれに異なる。
  • 各ルミナント A に固有の不確実性。
  • 器具ハードウェアのデザインや光路の違いが誤差につながる。

組織内での再キャリブレーション

組織内での Pro Display XDR の再キャリブレーションの実施やカスタムリファレンスモードの作成については、色空間、ホワイトポイント、ルミナンス、ガンマの調整なども含め、今後のバージョンの macOS Catalina で対応する見込みです。

関連情報

Pro Display XDR に付属しているリファレンスモードについては、こちらの記事を参照してください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: