Xcode 11.0 のセキュリティコンテンツについて

Xcode 11.0 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。

Xcode 11.0

2019 年 9 月 19 日リリース

IDE SCM

対象 OS:macOS Mojave 10.14.4 以降

影響:libssh2 に複数の脆弱性がある。

説明:バージョン 2.16 にアップデートして、複数の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-3855:Chris Coulson 氏

ld64

対象 OS:macOS Mojave 10.14.4 以降

影響:適切な入力検証を行わずにコードをコンパイルすると、ユーザ権限で任意のコードが実行される可能性がある。

説明:Xcode ツールチェーンの ld64 に複数の脆弱性がありましたが、バージョン ld64-507.4 にアップデートすることで解決しました。

CVE-2019-8721:Qihoo 360 Nirvan Team の Pan ZhenPeng 氏

CVE-2019-8722:Qihoo 360 Nirvan Team の Pan ZhenPeng 氏

CVE-2019-8723:Qihoo 360 Nirvan Team の Pan ZhenPeng 氏

CVE-2019-8724:Qihoo 360 Nirvan Team の Pan ZhenPeng 氏

otool

対象 OS:macOS Mojave 10.14.4 以降

影響:悪意を持って作成されたファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8738:Qihoo 360 Nirvan Team の Pan ZhenPeng 氏 (@Peterpan0927)

CVE-2019-8739:Qihoo 360 Nirvan Team の Pan ZhenPeng 氏 (@Peterpan0927)

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: