watchOS 5.3 のセキュリティコンテンツについて

watchOS 5.3 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。

watchOS 5.3

2019 年 7 月 22 日リリース

Bluetooth

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:ネットワーク上で特権的な地位を悪用した攻撃者が、Bluetooth トラフィックを傍受できる可能性がある (Key Negotiation of Bluetooth - KNOB)。

説明:Bluetooth における入力検証に脆弱性がありました。入力検証を強化し、この脆弱性に対処しました。

CVE-2019-9506:SUTD (シンガポール) の Daniele Antonioli 氏、CISPA (ドイツ) の Nils Ole Tippenhauer 博士 (Dr.)、オックスフォード大学 (英国) の Kasper Rasmussen 教授 (Prof.)

2019 年 8 月 13 日に追加

Core Data

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:リモートの攻撃者が、メモリを漏洩させる可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2019-8646:Google Project Zero の Natalie Silvanovich 氏

Core Data

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:リモートの攻撃者によって任意のコードが実行される可能性がある。

説明:メモリ管理を強化し、解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8647:Google Project Zero の Samuel Groß 氏および Natalie Silvanovich 氏

Core Data

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:リモートの攻撃者により、アプリケーションを突然終了されたり、任意のコードを実行されたりする可能性がある。

説明:入力検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8660:Google Project Zero の Samuel Groß 氏および Natalie Silvanovich 氏

Digital Touch

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:リモートの攻撃者が、メモリを漏洩させる可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2019-8624:Google Project Zero の Natalie Silvanovich 氏

FaceTime

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:リモートの攻撃者によって任意のコードが実行される可能性がある。

説明:入力検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8648:Team Pangu の Tao Huang 氏および Tielei Wang 氏

Foundation

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:リモートの攻撃者により、アプリケーションを突然終了されたり、任意のコードを実行されたりする可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2019-8641:Google Project Zero の Samuel Groß 氏および Natalie Silvanovich 氏

Heimdal

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:Samba に脆弱性があり、それを攻撃者が悪用して、複数のサービス間の通信を傍受して不正な処理を実行する可能性がある。

説明:チェックを強化し、不正な処理を防止することで、この問題に対処しました。

CVE-2018-16860:Samba Team および Catalyst の Isaac Boukris 氏および Andrew Bartlett 氏

libxslt

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:リモートの攻撃者に重要な情報を見られる可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、スタックオーバーフローに対処しました。

CVE-2019-13118:OSS-Fuzz により検出

メッセージ

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:iMessage の会話から削除されたユーザが、その後もステートを変更できる可能性がある。

説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。

CVE-2019-8659:Ryan Kontos 氏 (@ryanjkontos)、オレゴン大学の Will Christensen 氏

メッセージ

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:リモートの攻撃者が原因で、アプリケーションが突然終了する場合がある。

説明:検証を強化し、サービス運用妨害の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8665:XYZ Marketing の Michael Hernandez 氏

クイックルック

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:信頼されていない NSDictionary をデシリアライズするアプリケーションで、攻撃者が解放済みメモリ使用 (use-after-free) を誘発できる可能性がある。

説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。

CVE-2019-8662:Google Project Zero の Natalie Silvanovich 氏および Samuel Groß 氏

Siri

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:リモートの攻撃者が、メモリを漏洩させる可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2019-8646:Google Project Zero の Natalie Silvanovich 氏

UIFoundation

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:悪意を持って作成された Office ドキュメントを解析すると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行されたりする可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2019-8657:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する VulWar Corp の riusksk 氏

Wallet

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:ユーザが意図しないのに、ロック画面の表示中に App 内購入が完結してしまう場合がある。

説明:UI の処理を改善することで、この問題を解決しました。

CVE-2019-8682:Jeff Braswell 氏 (JeffBraswell.com)

WebKit

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、ユニバーサルクロスサイトスクリプティング攻撃につながるおそれがある。

説明:ステート管理を改善し、ロジックの問題に対処しました。

CVE-2019-8658:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する akayn 氏

WebKit

対象となるデバイス:Apple Watch Series 1 以降

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8669:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する akayn 氏

CVE-2019-8672:Google Project Zero の Samuel Groß 氏

CVE-2019-8676:Georgia Tech の SSLab の Soyeon Park 氏および Wen Xu 氏

CVE-2019-8683:Google Project Zero の lokihardt 氏

CVE-2019-8684:Google Project Zero の lokihardt 氏

CVE-2019-8685:akayn 氏、Venustech の ADLab に協力する Dongzhuo Zhao 氏、VXRL の Ken Wong 氏 (@wwkenwong)、VXRL の Anthony Lai 氏 (@darkfloyd1014)、VXRL の Eric Lung 氏 (@Khlung1)

CVE-2019-8688:Georgia Tech の SSLab の Insu Yun 氏

CVE-2019-8689:Google Project Zero の lokihardt 氏

ご協力いただいたその他の方々

MobileInstallation

Dany Lisiansky 氏 (@DanyL931) のご協力に感謝いたします。

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: