iPhone の純正ディスプレイについて

iPhone のディスプレイは、Apple が認める品質とパフォーマンスの基準に照らして設計、テスト、製造されています。直感的に使えて反応抜群の Multi-Touch、高輝度、優れた色再現精度、ホワイトバランス、True Tone、Night Shift、触覚タッチなどの機能のパフォーマンス。どれも基準をクリアしています。

Apple 純正のディスプレイを使った熟練技術者による修理の重要性

iPhone のディスプレイを交換しなければならなくなった場合、Apple 認定の技術者に Apple 純正のディスプレイ部品を使って修理してもらうことが重要です。

iPhone のディスプレイの交換は、原則として、Apple の修理サービストレーニングを修了し、Apple 純正の部品やツールを使える技術者しか実施できません。この資格を持つサービスプロバイダは、Apple、Apple 正規サービスプロバイダ、Apple 純正の部品を使う独立修理サービスプロバイダです。Apple、正規サービスプロバイダ、または Apple 認定の技術者以外による交換は、安全と修理に関する適切な手続きに則って実施されない可能性があり、機能が損なわれたり、ディスプレイの品質面や安全面で問題が生じるおそれがあります。Apple のディスプレイは、デバイスの中に一分の隙もなく収まる作りになっています。また、修理の際にネジやカウリングを適切に付け替えないと、部品が緩んだまま放置され、その結果、バッテリーが損傷して過熱し、怪我につながるおそれもあります。

iPhone のディスプレイは、最上のパフォーマンスや品質を追求するため、iOS ソフトウェアと一緒に設計されています。非純正のディスプレイは、互換性やパフォーマンスの面で問題が生じるおそれがあります。たとえば、ディスプレイのアップデートを含む iOS ソフトウェアアップデートの適用後に問題が露見する可能性があります。

サービスプロバイダが非純正のディスプレイを使った場合、さらに以下の問題が起きる可能性があります。

Multi-Touch の問題

  • Multi-Touch が画面の一部に反応しなくなる
  • 画面のタッチが認識されない、タッチした位置が誤認識されるなど、Multi-Touch のパフォーマンスが低下する
  • 通話中に予期せずタッチが認識される
  • 通話中にディスプレイが暗くならない
  • 間違って端に触れた、手のひらが当たった場合にも認識されてしまう

ディスプレイの明るさや色の問題

  • True Tone ディスプレイが正常に機能しない
  • 環境光センサーの機能が損傷または劣化し、画面が不正確に暗く/明るくなる
  • ディスプレイの黄色味や青味が強いなど、ディスプレイの色の調整が損なわれる
  • ディスプレイの明るさが均一にならない
  • 最大輝度が低い
  • バッテリーの消費が意図せず早い

ディスプレイに関する重要なメッセージ

「設定」>「一般」>「情報」に以下のメッセージが表示される場合は、iPhone のディスプレイの検証ができない状態です。このメッセージは、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max に適用されます。

「この iPhone で正規の Apple 製ディスプレイが使用されていることを確認できません。詳しい情報…」

補足情報として「Apple により、このデバイスの情報がアップデートされました」と表示される場合もあります。これは、修理サービスの必要度、安全性の解析、今後の製品の改善を目的として、Apple が iPhone に関して保持しているデバイス情報が更新されたという意味です。

これらの通知が表示されても、iPhone やディスプレイを使えないというわけではありません。

デバイスの使い始めの 4 日間はロック画面に、設定 App には 15 日間、通知が表示されます。その後は、「設定」>「一般」>「情報」で通知を確認できます。

修理サービスを受けるには

iPhone のディスプレイの交換が必要な場合は、Apple Store または Apple 正規サービスプロバイダに iPhone を直接お持ち込みいただくか (持ち込み修理)、または配送修理をご利用ください。Apple の正規サービス拠点では、Apple 純正のディスプレイ部品を使用します。

保証対象外のディスプレイ交換については、独立修理サービスプロバイダでも、トレーニングを受けた技術者が純正部品への交換を行っています。

ディスプレイの修理サービスはこちらからお申し込みください。

公開日: