iOS 12.2 のセキュリティコンテンツについて

iOS 12.2 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。

iOS 12.2

2019 年 3 月 25 日リリース

802.1X

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:ネットワーク上で特権的な地位を悪用した攻撃者が、ネットワークトラフィックを傍受できる可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、ロジックの問題に対処しました。

CVE-2019-6203:SensePost の Dominic White 氏 (@singe)

2019 年 4 月 15 日に追加

アカウント

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された vcf ファイルを処理すると、サービス運用妨害を受ける可能性がある。

説明:検証を強化し、サービス運用妨害の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8538:Trevor Spiniolas 氏 (@TrevorSpiniolas)

2019 年 4 月 3 日に追加

CFString

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された文字列を処理すると、サービス運用妨害を受ける可能性がある。

説明:ロジックを改良し、検証の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8516:Frifee Inc. の SWIPS Team

configd

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションに権限を昇格される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ初期化の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8552:Mohamed Ghannam 氏 (@_simo36)

連絡先

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションに権限を昇格される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、バッファオーバーフローの脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8511:匿名の研究者

CoreCrypto

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションに権限を昇格される可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、バッファオーバーフローに対処しました。

CVE-2019-8542:匿名の研究者

Exchange ActiveSync

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:ユーザがエンタープライズ管理者を承認し、適切な情報開示のないままデバイスをリモートからワイプできる。

説明:この問題は、透明性を改善することで解決されました。

CVE-2019-8512:匿名の研究者、Amazon.com の Dennis Munsie 氏

2019 年 4 月 3 日に更新

FaceTime

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:FaceTime 通話がかかってきている間にユーザが FaceTime App を終了した場合に、ユーザの映像が FaceTime App で一時停止しないことがある。

説明:FaceTime ビデオの一時停止処理に脆弱性がありました。この問題は、ロジックを改善することで解決されました。

CVE-2019-8550:Keystone Academy の Lauren Guzniczak 氏

フィードバックアシスタント

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションがルート権限を取得できる場合がある。

説明:検証を追加することで、競合状態に対処しました。

CVE-2019-8565:Ant-Financial LightYear Labs の CodeColorist 氏

フィードバックアシスタント

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションにより、任意のファイルに上書きされる可能性がある。

説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。

CVE-2019-8521:Ant-Financial LightYear Labs の CodeColorist 氏

file

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成されたファイルを処理すると、ユーザ情報が漏洩する可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外読み込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8906:Francisco Alonso 氏

2019 年 4 月 15 日に更新

GeoServices

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のある SMS リンクをクリックすると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8553:匿名の研究者

iAP

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションに権限を昇格される可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、バッファオーバーフローに対処しました。

CVE-2019-8542:匿名の研究者

IOHIDFamily

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:ローカルユーザにシステムを突然終了されたり、カーネルメモリを読み取られる可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8545:Zimperium zLabs Team の Adam Donenfeld 氏 (@doadam)

IOKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:ローカルユーザがカーネルメモリを読み取れる場合がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ初期化の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8504:匿名の研究者

IOKit SCSI

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:入力検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8529:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する Trend Micro Research の Juwei Lin 氏 (@panicaII)

2019 年 4 月 15 日に更新

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:リモートの攻撃者にシステムを突然終了されたり、カーネルメモリを破損されたりする可能性がある。

説明:サイズ検証を強化し、バッファオーバーフローに対処しました。

CVE-2019-8527:Google の Ned Williamson 氏および derrek 氏 (@derrekr6)

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ管理を強化し、解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8528:Fabiano Anemone 氏 (@anoane)、Qihoo 360 Vulcan Team の Zhao Qixun 氏 (@S0rryMybad)

2019 年 4 月 3 日に追加

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:アプリケーションに、昇格した権限を取得される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、ロジックの問題に対処しました。

CVE-2019-8514:Google Project Zero の Samuel Groß 氏

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションが、カーネルメモリのレイアウトを判断できる可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ初期化の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8540:Qihoo 360 Nirvan Team の Weibo Wang 氏 (@ma1fan)

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:ローカルユーザがカーネルメモリを読み取れる場合がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-7293:Google の Ned Williamson 氏

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションが、カーネルメモリのレイアウトを判断できる可能性がある。

説明:領域外読み込みの脆弱性があり、これを悪用されると、カーネルメモリが漏洩する可能性がありました。この問題は、入力検証を強化することで解決されました。

CVE-2019-6207:Qihoo 360 Nirvan Team の Weibo Wang 氏 (@ma1fan)

CVE-2019-8510:Antid0te UG の Stefan Esser 氏

メール

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成されたメールメッセージを処理すると、S/MIME 署名を偽装される可能性がある。

説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。

CVE-2019-7284:ミュンヘン応用科学大学の Damian Poddebniak 氏

メッセージ

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:ローカルユーザが、重要なユーザ情報を閲覧できる可能性がある。

説明:サンドボックスの制限を追加で設けて、アクセス関連の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8546:ChiYuan Chang 氏

電源管理

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:MIG で生成されるコードに、入力検証の脆弱性が複数ありました。検証を強化し、これらの問題に対処しました。

CVE-2019-8549:SSD Secure Disclosure (ssd-disclosure.com) の Mohamed Ghannam 氏 (@_simo36)

プライバシー

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のある App に、インストールの間にユーザをトラッキングされる可能性がある。

説明:モーションセンサーの補正において、プライバシーの脆弱性がありました。モーションセンサーの処理を改善することで、この問題に対処しました。

CVE-2019-8541:ケンブリッジ大学の Stan (Jiexin) Zhang 氏および Alastair R. Beresford 氏、Polymath Insight Limited の Ian Sheret 氏

ReplayKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションが、ユーザに知らせることなく、マイクにアクセスできる可能性がある。

説明:マイクデータの処理における API に脆弱性がありました。検証を強化し、この脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8566:匿名の研究者

Safari

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:Web サイトがユーザの同意なくセンサー情報にアクセスできる可能性がある。

説明:モーションや方向のデータの処理に、アクセス権の問題がありました。この問題は、制限を強化することで解決されました。

CVE-2019-8554:匿名の研究者

Safari リーダー

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された Web ページで Safari リーダー機能を有効にすると、ユニバーサルクロスサイトスクリプティング攻撃につながるおそれがある。

説明:検証を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2019-6204:Ryan Pickren 氏 (ryanpickren.com)

CVE-2019-8505:Ryan Pickren 氏 (ryanpickren.com)

Siri

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションが、ユーザの承認なしで音声入力リクエストを開始できる可能性がある。

説明:音声入力リクエストの処理において、API に脆弱性がありました。検証を強化し、この脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8502:ノースカロライナ州立大学の Luke Deshotels 氏、ノースカロライナ州立大学の Jordan Beichler 氏、ノースカロライナ州立大学の William Enck 氏、ブカレスト工科大学の Costin Carabaș 氏、ブカレスト工科大学の Răzvan Deaconescu 氏

TrueTypeScaler

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成されたフォントを処理すると、プロセスメモリが漏洩する可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外読み込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8517:Trend Micro Zero Day Initiative に協力する VulWar Corp の riusksk 氏

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、ユニバーサルクロスサイトスクリプティング攻撃につながるおそれがある。

説明:検証を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8551:Ryan Pickren 氏 (ryanpickren.com)

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8535:Tencent Blade Team の Zhiyang Zeng 氏 (@Wester)

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-6201:Venustech の ADLab に協力する dwfault 氏

CVE-2019-8518:Google Project Zero の Samuel Groß 氏

CVE-2019-8523:Apple

CVE-2019-8524:Trend Micro Zero Day Initiative に協力する G. Geshev 氏

CVE-2019-8558:Google Project Zero の Samuel Groß 氏

CVE-2019-8559:Apple

CVE-2019-8563:Apple

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:サンドボックス化されたプロセスが、サンドボックスの制約を回避できる可能性がある。

説明:検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8562:Georgia Tech の SSLab の Wen Xu 氏および Chaitin Security Research Lab の Hanqing Zhao 氏

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:Web サイトが、マイクの使用インジケータを画面に表示させずに、マイクにアクセスできる可能性がある。

説明:ステート処理を改善し、整合性欠如の問題に対処しました。

CVE-2019-6222:Resonance Software の Denis Markov 氏

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、重要なユーザ情報が漏洩する可能性がある。

説明:fetch API にクロスオリジンの脆弱性がありました。この問題は、入力検証を強化することで解決されました。

CVE-2019-8515:James Lee 氏 (@Windowsrcer)

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8536:Apple

CVE-2019-8544:匿名の研究者

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ管理を強化し、解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-7285:Venustech の ADLab に協力する dwfault 氏

CVE-2019-8556:Apple

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、型の取り違え (type confusion) の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8506:Google Project Zero の Samuel Groß 氏

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のある Web サイトが、別の Web サイトのコンテキストでスクリプトを実行できる可能性がある。

説明:検証を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2019-8503:Detectify の Linus Särud 氏

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、プロセスメモリが漏洩する可能性がある。

説明:ロジックを改良し、検証の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-7292:360 ESG Codesafe Team の Zhunki 氏および Zhiyi Zhang 氏

Wi-Fi

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:デバイスが WiFi MAC アドレスでパッシブに追跡される可能性がある。

説明:ブロードキャスト MAC アドレスを削除し、ユーザのプライバシーにかかわる問題に対処しました。

CVE-2019-8567:ダルムシュタット工科大学 Secure Mobile Networking Lab の David Kreitschmann 氏および Milan Stute 氏

XPC

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションにより、任意のファイルに上書きされる可能性がある。

説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。

CVE-2019-8530:Ant-Financial LightYear Labs の CodeColorist 氏

ご協力いただいたその他の方々

ブック

Yiğit Can YILMAZ 氏 (@yilmazcanyigit) のご協力に感謝いたします。

カレンダー

匿名の研究者、104days.com の Peter Hempsall 氏、mogler.com の Sascha Mogler 氏のご協力に感謝いたします。

カーネル

Google Project Zero の Brandon Azad 氏のご協力に感謝いたします。

クイックルック

Yiğit Can YILMAZ 氏 (@yilmazcanyigit) のご協力に感謝いたします。

Safari

Payatu Labs (payatu.com) の Nikhil Mittal 氏 (@c0d3G33k) のご協力に感謝いたします。

スクリーンタイム

Brandon Moore 氏 (@Brandonsecurity) のご協力に感謝いたします。

WebKit

Yandex Security Team の Andrey Kovalev 氏のご協力に感謝いたします。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: