PowerSchool 用の Apple School Manager プラグインをアップデートする

最新バージョンの Apple School Manager プラグインをダウンロードし、アップデートする方法をご案内します。

PowerSchool 用の Apple School Manager プラグインをアップデートするには、以下の手順にそって最新の Apple School Manager プラグインをダウンロードし、アップデートしてください。

バージョンを確認する

Apple School Manager プラグインの最新バージョンは 1.5 です。

Apple School Manager プラグインがインストールされている場合は、以下の方法でバージョンを調べてください。

  1. PowerSchool にサインインします。
  2. サイドバーで「System」をクリックし、下にスクロールして「System Settings」をクリックしてから、「Plugin Management Configuration」をクリックします。
  3. 「Apple School Manager」の横に記載されているバージョンを確認します。
    • 古いバージョンのプラグインがインストールされている場合は、アップデートしてください。
    • プラグインがインストールされていない場合は、インストールしてください。

Apple School Manager プラグインをダウンロードする

こちらのリンクから最新バージョンの Apple School Manager プラグインをダウンロードしてください。ファイルの名前は「AppleSchoolSync.zip」です。このプラグインは ZIP ファイルのままにしておく必要があります。ブラウザで自動的に「AppleSchoolSync」フォルダに圧縮解除 (解凍) されないように注意してください。たとえば、Safari では、「control」キーを押しながらリンクをクリックして、ショートカットメニューから「リンク先のファイルをダウンロード」を選択します。ダウンロード時にフォルダに圧縮解除されてしまった場合は、そのフォルダを圧縮して、もう一度 ZIP ファイルにしてください。

プラグインをインストールする

プラグインをはじめてインストールする場合は、以下の手順で行ってください。

  1. PowerSchool にサインインします。
  2. サイドバーの「Setup」エリアで「System」をクリックし、下にスクロールして、「Server」セクションで「System Settings」をクリックします。
  3. 「Plugin Management Configuration」をクリックします。
  4. 「Install」をクリックし、「Choose File」をクリックして、ダウンロードしておいた Apple School Manager プラグイン (AppleSchoolSync.zip) を選択し、「Upload」をクリックしてから「Install」をクリックします。
  5. 「Apple School Manager」の横にある「Enable」チェックボックスを選択してから「Enable」をクリックします。
  6. 「Apple School Manager」をクリックし、「Data Provider Configuration」をクリックします。このページは開いたままにしておいてください。クライアント ID とクライアントシークレットをアップデートするときに、このページの情報を使います。

プラグインをアップデートする

以下の手順にそって、以前のバージョンからアップデートしてください。

  1. PowerSchool にサインインします。
  2. サイドバーの「Setup」エリアで「System」をクリックし、下にスクロールして、「Server」セクションで「System Settings」をクリックします。
  3. 「Plugin Management Configuration」をクリックし、「Apple School Manager」をクリックします。
  4. 「Update」をクリックし、「Choose File」を選択して、ダウンロードしておいた Apple School Manager プラグイン (AppleSchoolSync.zip) を選択し、「Upload」をクリックしてから「Submit」をクリックします。
  5. 「Enable」をクリックします。

PowerSchool プラグインのクライアント ID とクライアントシークレットは、プラグインをアップデートしても変わりません。ただし、Apple School Manager で PowerSchool との次回の同期がうまくいかない場合は、次のセクションの手順で対処してください。

クライアント ID とクライアントシークレットをアップデートする

Apple School Manager プラグインをインストールした後で、Apple School Manager でクライアント ID とクライアントシークレットを追加してください。

  1. 新しいブラウザウインドウを開いて、Apple School Manager にサインインします。
  2. 左下隅の「設定」をクリックし、「データソース」をクリックして、「Student Information System」の横にある「編集」をクリックします。
  3. 前のセクションで開いておいたページからクライアント ID (Client ID) とクライアントシークレット (Client Secret) をコピーし、Apple School Manager の「クライアント ID」フィールドと「Client Secret」フィールドにペーストしてから「保存」をクリックします。
  4. 「最終データ同期日」の横にある「表示を更新」をクリックします。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: