iOS 12.1.1 のセキュリティコンテンツについて

iOS 12.1.1 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。Apple との通信は、Apple Product Security PGP キーで暗号化できます。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

iOS 12.1.1

2018 年 12 月 5 日リリース

AirMac

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションに権限を昇格される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、型の取り違え (type confusion) の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4303:Mohamed Ghannam 氏 (@_simo36)

ディスクイメージ

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4465:Pangu Team

FaceTime

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:ローカルの攻撃者が、ロック画面から連絡先を閲覧できる可能性がある。

説明:ロック画面を回避し、ロックされたデバイス上の連絡先にアクセスできてしまう脆弱性がありました。この問題は、ステート管理を改善することで解決されました。

CVE-2018-4430:videosdebarraquito 氏

ファイルプロバイダ

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションが、デバイス上のほかのアプリケーションの有無に関する情報を学習できる場合がある。

説明:この問題は、エンタイトルメントを改善することで解決されました。

CVE-2018-4446:ノースカロライナ州立大学の Luke Deshotels 氏、Jordan Beichler 氏、および William Enck 氏、

ブカレスト工科大学の Costin Carabaș 氏および Răzvan Deaconescu 氏

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:ネットワーク上で特権的な地位を悪用した攻撃者から、サービス運用妨害を受ける可能性がある。

説明:脆弱なコードを削除することで、サービス運用妨害の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4460:Semmle Security Research Team の Kevin Backhouse 氏

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:ローカルユーザがカーネルメモリを読み取れる場合がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ初期化の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4431:Beyond Security の SecuriTeam Secure Disclosure プログラムにこの脆弱性について報告した、独立したセキュリティ研究者

2018 年 12 月 18 日に更新

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションに権限を昇格される可能性がある。

説明:制限を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4435:Google Project Zero の Jann Horn 氏、Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する TrendMicro Mobile Security Team の Juwei Lin 氏 (@panicaII) および Junzhi Lu 氏

2018 年 12 月 18 日に更新

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4447:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する TrendMicro Mobile Security Team の Juwei Lin 氏 (@panicaII) および Zhengyu Dong 氏

2018 年 12 月 18 日に更新

カーネル

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:入力検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4461:Google Project Zero の Ian Beer 氏

LinkPresentation

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成されたメールを処理すると、ユーザインターフェイスを偽装される可能性がある。

説明:URL の処理に、偽装の脆弱性がありました。入力検証を強化し、この脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4429:imec-DistriNet (ルーヴェン・カトリック大学) の Victor Le Pochat 氏

プロファイル

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:信頼されていない構成プロファイルが間違って確認済みとして表示される場合がある。

説明:構成プロファイルに、証明書の検証に関する脆弱性がありました。追加のチェックを設けることで、この問題に対処しました。

CVE-2018-4436:James Seeley 氏 (@Code4iOS)、JJS Securities の Joseph S. 氏

2018 年 12 月 18 日に更新

Safari

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のある Web サイトにアクセスすると、ユーザインターフェイスを偽装される可能性がある。

説明:検証を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4439:Tencent の Xuanwu Lab (tencent.com) の xisigr 氏

Safari

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意のある Web サイトにアクセスすると、アドレスバーを偽装される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、ロジックの問題に対処しました。

CVE-2018-4440:Tencent Security Xuanwu Lab (xlab.tencent.com) の Wenxu Wu 氏

Safari

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:ユーザが閲覧履歴を完全に削除できない場合がある。

説明:「履歴と Web サイトデータを消去」で履歴が消去されませんでした。この問題は、データの削除を改善することで解決されました。

CVE-2018-4445:William Breuer 氏

VoiceOver

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:ローカルの攻撃者が、ロック画面からアイテムを共有できる可能性がある。

説明:ロック画面に脆弱性があり、ロックされたデバイスで共有機能にアクセスされてしまうおそれがありました。この問題は、ロックされたデバイスで提示されるオプションを制限することで解決されました。

CVE-2018-4428:videosdebarraquito 氏

2019 年 1 月 22 日に追加

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4441:Google Project Zero の lokihardt 氏

CVE-2018-4442:Google Project Zero の lokihardt 氏

CVE-2018-4443:Google Project Zero の lokihardt 氏

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:ロジックに脆弱性があり、メモリ破損が起きていました。この問題は、ステート管理を改善することで解決されました。

CVE-2018-4438:Google Project Zero の lokihardt 氏、Qihoo 360 Vulcan Team の Qixun Zhao 氏

2019 年 1 月 22 日に更新

WebKit

対象となるデバイス:iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4437:KAIST Softsec Lab (韓国) の HyungSeok Han 氏、DongHyeon Oh 氏、Sang Kil Cha 氏

CVE-2018-4464:KAIST Softsec Lab (韓国) の HyungSeok Han 氏、DongHyeon Oh 氏、Sang Kil Cha 氏

ご協力いただいたその他の方々

プロファイル

ノースカロライナ州立大学の Luke Deshotels 氏、Jordan Beichler 氏、および William Enck 氏、ブカレスト工科大学の Costin Carabaș 氏および Răzvan Deaconescu 氏のご協力に感謝いたします。

SafariViewController

Yiğit Can YILMAZ 氏 (@yilmazcanyigit) のご協力に感謝いたします。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: