iCloud ストレージの「その他」について

iPhone、iPad、iPod touch の iCloud ストレージの「その他」カテゴリについてご説明します。

iCloud を使えば、大好きなものを大切に保管し、Apple ID でサインインしていればどのデバイスからでも最新情報を共有しあえます。iCloud ストレージは無料で 5 GB 分使えます。また、いつでも有料プランにアップグレードしたり空き容量を増やしたりすることができます。

iCloud に保存されているデータを iPhone、iPad、iPod touch で確認する

  1. 「設定」をタップし、ユーザ名をタップします。
  2. 「iCloud」を選択します。
  3. 「ストレージを管理」をタップします。

iCloud ストレージに「その他」というカテゴリが表示される場合、それが何を意味しているのかこちらで詳しく説明しています。

iCloud に保存されているデータを Web ブラウザを使って任意のデバイスで確認する

  1. iCloud.com にアクセスします。
  2. iCloud で使っている Apple ID でサインインします。
  3. 「アカウント設定」をタップし、ストレージの利用内訳を確認します。

iCloud ストレージに「その他」というカテゴリが表示される場合、それが何を意味しているのかこちらで詳しく説明しています。

 

iCloud ストレージに「その他」というカテゴリが表示される場合

iCloud ストレージの利用内訳を確認したときに、「その他」というカテゴリが表示される場合があります。これは、複数のカテゴリをまとめた総称です。小さな画面にはカテゴリ名がすべて収まるとは限らないため、このように表記しています。たとえば、iPhone、iPad、iPod touch では iCloud に保管されているメールやメッセージが「その他」にまとめられる一方で、Mac には本来のカテゴリ名で表示されることがあります*。

iCloud にどのようなデータを保管しているか、また、ストレージを共有しているファミリー共有グループの一員になっているかどうかに応じて、「その他」は、さまざまなカテゴリの総称になりえます。通常、iPhone、iPad、iPod touch では、ストレージの消費量が多い上位 2 つのカテゴリが本来の名前で表示され、残りのカテゴリは「その他」にまとめられます。

* Mac で iCloud ストレージについて調べるには、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択します。「Apple ID」をクリックし、「iCloud」をクリックします。macOS Mojave 以前をお使いの場合は、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択します。「iCloud」をクリックし、「管理」をクリックします。iCloud.com でも、iCloud で使っている Apple ID でサインインして、iCloud ストレージについて調べることができます。「アカウント設定」をタップして、iCloud ストレージの利用内訳を表示し、色付けされたセクションの上にポインタを置くと、詳しい情報が表示されます。

公開日: