新しい iPad Pro の USB-C ポートで充電および接続する

iPad Pro (11-inch) および iPad Pro (12.9-inch、第 3 世代) の USB-C ポートは多用途なので、本体を充電するほか、ほかのデバイスや、カメラやディスプレイなどのアクセサリも接続できます。

iPad Pro に USB-C ケーブルでデジタルカメラを接続しているところ

iPad Pro を Mac やその他のコンピュータに接続する

iPad Pro を Mac や Windows パソコンに接続し、本体を充電したり、iTunes を使ってコンテンツを同期したりできます。

まず、お使いのコンピュータのポートを確認してください。Thunderbolt 3 (USB-C) Thunderbolt アイコン または USB-C USB icon ポートを搭載した新しいモデルのコンピュータなら、iPad Pro に付属している USB-C - USB-C ケーブルで接続してください。

コンピュータに USB-A USB アイコン ポートしかない場合は、Belkin 3.1 USB-A to USB-C ケーブルなどのケーブルを使って iPad Pro を接続できます。正しいケーブルには、下図のようなコネクタが付いています。

USB-C ポートの図USB-A ポートの図

iPad Pro を充電する

iPad Pro を充電するには、付属の USB-C ケーブルを本体の USB-C ポートに接続し、付属の 18 W 電源アダプタに接続します。その後、アダプタをコンセントにつないでください。

もっとワット数の高い USB-C 電源アダプタ (Mac ノートブックに付属しているものなど) がお手元にある場合は、そのアダプタを iPad Pro でも使えます。充電時間も短くて済む場合があります。iPad Pro をコンピュータの USB-C ポートに接続して充電することもできます。

ディスプレイやモニタに接続する

iPad Pro の USB-C ポートに外付けのディスプレイを接続して、ビデオを観たり、Keynote プレゼンテーションを再生するなど、もっと大きな画面で楽しめます。接続するディスプレイによっては、アダプタが必要になることがあります。

外付けのディスプレイを接続した場合、「セカンドスクリーン」に対応した App (ビデオ App など) を使っていない限りは、iPad Pro の内蔵ディスプレイがミラーリングされます。

USB-C ディスプレイ

iPad Pro は DisplayPort プロトコルを採用し、USB-C ディスプレイの接続に対応しています。最大解像度は 5K です。1 高解像度のディスプレイに iPad Pro を接続するには、広帯域接続に対応した USB-C ケーブル (ディスプレイに付属のケーブル、Belkin USB-C to USB-C ケーブルApple Thunderbolt 3 (USB-C) ケーブル (別売り) など) を使います。2

iPad Pro は、HDR10 規格を採用したハイダイナミックレンジの USB-C ディスプレイにも対応しています。SDR モードと HDR モードは切り替えが可能です。「設定」>「画面表示と明るさ」の順に選択し、接続先のディスプレイを選択してください。「ディスプレイモードの変更を許可」がオンになっている場合、フレームレートとダイナミックレンジは、再生中のコンテンツのものに合わせて調整されます。

USB-C ディスプレイによっては、接続中に iPad Pro を充電できるものもあります。

1. iPad Pro は、LG UltraFine 5K ディスプレイなどの Thunderbolt 3 ディスプレイには対応していません。

2. Apple Thunderbolt 3 (USB-C) ケーブルには Thunderbolt の記号 Thunderbolt アイコン が付いていて、USB-C ケーブルと見分けることができます。

HDMI ディスプレイまたはテレビ

USB-C - HDMI アダプタを使って、iPad Pro を HDMI ディスプレイやテレビに接続できます。HDMI 2.0 に対応したアダプタをつなげば、解像度 4K および 60 Hz で iPad Pro から映像を出力できます。

Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタも iPad Pro に対応しています。このアダプタは、iPad Pro から解像度 4K および 30 Hz で映像を出力可能です*。

iPad Pro は、HDMI でドルビーデジタルプラスのオーディオストリームを出力できますが、ドルビーアトモスには対応していません。また、iPad Pro で HDR10 やドルビービジョンに対応した HDMI 2.0 アダプタを使えば、HDMI で HDR10 やドルビービジョンのコンテンツも再生できます。

* Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタを iPad Pro で使った場合、ホーム画面と App が HDMI ディスプレイに 1080p および 60 Hz で表示されます。ビデオコンテンツの再生を始めると、解像度がコンテンツに合わせて、30 Hz で最大 4K に切り替わります。iPad Pro の「設定」>「ディスプレイ」で「コンテンツに合わせる」をオンにしておいてください。

オーディオを再生する

iPad Pro でオーディオを再生するには、内蔵のスピーカーを使うか、AirPods やその他の Bluetooth デバイスを接続するか、AirPlay を使えます。また、USB-C ポートを使って、USB-C ドック、オーディオインターフェイス、USB-C コネクタの付いた有線のヘッドフォンを接続することもできます。

USB-C ポートを経由してほかのスピーカーやヘッドフォンでオーディオを再生する必要がある場合は、Apple USB-C - 3.5 mm ヘッドフォンジャックアダプタを使って接続してください。

ほかのデバイスに接続する

iPad Pro の USB-C ポートには、さまざまなデバイスを接続できます。たとえば、デジタルカメラや Apple USB-C - SD カードリーダーを接続して、iPad Pro に写真を読み込めます。そのほかにも、iPad Pro には以下のような USB デバイスを接続できます。

  • ハブやドック
  • キーボード
  • オーディオインターフェイスや MIDI デバイス
  • 外付けのストレージデバイス (写真やビデオの読み込み)
  • USB - Ethernet アダプタ

デバイスによっては、アダプタが必要になることがあります。一般的には、以下のような接続方法が考えられます。

  • 接続しようとしている USB-C ポートがある場合は、両端に USB-C コネクタの付いたケーブル (iPad Pro に付属しているケーブルなど) があれば十分です。
  • USB-C コネクタが付いたデバイスなら、iPad Pro の USB-C ポートに直接差し込めます。
  • USB-A コネクタの付いたデバイスは、Apple USB-C - USB アダプタに差し込んで、そのアダプタを iPad Pro の USB-C ポートにつなぐことができます。

iPad Pro を使ってほかのデバイスを充電する

コンセントが手近になく、iPhone、ほかの iPad、Apple Watch、他社製の USB デバイスを充電しなければならない場合は、正しいケーブルやアダプタを iPad Pro につないで、長時間持つ iPad Pro のバッテリーをほかのデバイスと分け合いましょう。

  • iPhone や、Lightning ポートの付いた以前のモデルの iPad を充電するには、Apple USB-C - Lightning ケーブルを使って iPad Pro に接続します。Lightning - USB ケーブルがお手元にある場合は、Apple USB-C - USB アダプタと組み合わせて、そのアダプタを iPad Pro に接続できます。
  • USB-C ポートを備えたモデルの iPad Pro が 2 台ある場合は、USB-C ケーブルで直接つなぐことができます。1 台の iPad Pro がもう片方に給電します。充電する iPad Pro を変更したい場合は、USB-C ケーブルを取り外してから接続し直してください。
  • Apple Watch を充電するには、その磁気充電ケーブルを Apple USB-C - USB アダプタを経由して iPad Pro に接続します。Apple Watch 磁気充電 - USB-C ケーブルがある場合は、直接 iPad Pro に接続できます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: