iPad の USB-C ポートで充電・接続する

iPad の USB-C ポートは多用途なので、充電するほかにも、外付けのストレージ、カメラ、ディスプレイなどのアクセサリの接続や、ほかのデバイスへの電力供給にも使えます。

iPad Pro に USB-C ケーブルでデジタルカメラを接続しているところ

必要なもの

USB-C ポート搭載モデルの iPad が必要です。

  • iPad Pro 11 インチ (第 1 世代以降)
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代以降)
  • iPad Air (第 4 世代以降)
  • iPad mini (第 6 世代)

iPad を充電する

iPad を充電するには、付属の USB-C ケーブルを本体の USB-C ポートに接続し、付属の電源アダプタに接続します。その後、アダプタをコンセントにつないでください。

付属品よりもワット数の高い USB-C 電源アダプタ (Mac ノートブックに付属しているものなど) がお手元にある場合は、そのアダプタを iPad で使って速く充電できます。iPad をコンピュータの USB-C ポートに接続して充電することもできます。

iPad を Mac やその他のコンピュータに接続する

iPad を Mac や Windows パソコンに接続して本体を充電したり、iTunesFinder でコンテンツを同期したりできます*。

まず、お使いのコンピュータのポートを確認してください。USB-C ポートを搭載した新しいモデルのコンピュータなら、iPad に付属している USB-C ケーブルで接続してください。

USB-A USB アイコン ポートしかない場合は、USB-A - USB-C ケーブルで iPad を接続する必要があります。たとえば、mophie USB-A Cable with USB-C Connector など、各国や地域で販売されている多数の USB 対応製品を使えます。正しいケーブルのコネクタは、下図のような形状になっています。

USB-C ポートの図USB-A ポートの図

ディスプレイやモニタに接続する

iPad の USB-C ポートに外付けのディスプレイを接続して、ビデオを観たり、Keynote プレゼンテーションを再生するなど、もっと大きな画面で楽しめます。接続するディスプレイによっては、アダプタが必要になる場合もあります。

外付けのディスプレイを接続した場合、セカンドスクリーンに対応した App (ビデオ App など) を使っていない限りは、iPad の内蔵ディスプレイに映っているものがディスプレイに表示されます。

USB-C ディスプレイ

iPad は DisplayPort プロトコルを採用しており、以下の解像度で USB-C ディスプレイ1を接続できます。

  • iPad Air (第 4 世代) および iPad mini (第 6 世代) の場合は最大 4K
  • iPad Pro 11 インチ (第 1 および第 2 世代)、iPad Pro 12.9 インチ (第 3 および第 4 世代) の場合は最大 5K
  • iPad Pro 11 インチ (第 3 世代)、iPad Pro 12.9 インチ (第 5 世代)、iPad Air (第 5 世代) に Pro Display XDR を接続した場合は最大 6K

iPad Pro 11 インチ (第 3 世代) および iPad Pro 12.9 インチ (第 5 世代) は Thunderbolt ディスプレイにも対応しています。

高解像度のディスプレイに iPad を接続するには、広帯域接続に対応した USB-C ケーブル (ディスプレイに付属のケーブル、Belkin USB-C to USB-C ケーブルApple Thunderbolt 3 (USB-C) ケーブル (別売り) など) を使用してください。2

iPad は、HDR10 規格を採用したハイダイナミックレンジの USB-C ディスプレイにも対応しています。SDR モードと HDR モードは切り替えが可能です。「設定」>「画面表示と明るさ」の順に選択し、接続先のディスプレイを選択してください。「ディスプレイモードの変更を許可」がオンになっている場合、フレームレートとダイナミックレンジは、再生中のコンテンツに合わせて調整されます。

USB-C ディスプレイによっては、接続中に iPad を充電できるものもあります。

1. iPad Pro 11 インチ (第 1 および第 2 世代)、iPad Pro 12.9 インチ (第 3 および第 4 世代)、iPad Air (第 5 世代) は、2019 LG UltraFine 5K Display を 4K の解像度で使用でき、ビデオ出力、オーディオ出力、データ転送、給電に対応します。これらのモデルの iPad は、Thunderbolt ディスプレイ (2016 LG UltraFine 5K Display など) には対応していません。

2. Apple Thunderbolt 3 (USB-C) ケーブルには Thunderbolt マーク Thunderbolt アイコン が付いているため、USB-C ケーブルと見分けることができます。

HDMI 対応のディスプレイやテレビ

iPad は、USB-C - HDMI アダプタを使用して HDMI 対応のディスプレイやテレビに接続できます。HDMI 2.0 に対応したアダプタをつなげば、iPad Pro と iPad Air (第 5 世代) なら解像度 4K/60 Hz、iPad Air (第 4 世代) と iPad mini (第 6 世代) なら解像度 4K/30 Hz で映像を出力できます。

Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタも iPad に対応しています。iPad Pro および iPad Air (第 5 世代) から最大 4K/60 Hz*、iPad Air (第 4 世代) および iPad mini (第 6 世代) から最大 4K/30 Hz の解像度で映像を出力できます。

iPad では、HDMI 接続でドルビーデジタルプラスのオーディオストリームを出力できますが、ドルビーアトモスには対応していません。また、iPad で HDR10 やドルビービジョンに対応した HDMI 2.0 アダプタを使えば、HDMI 接続で HDR10 やドルビービジョンのコンテンツも再生できます。

* iPad で Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタを使った場合は、接続した HDMI 対応ディスプレイにホーム画面と App が 1080p/60 Hz で表示されます。ビデオコンテンツの再生を始めると、解像度がコンテンツに合わせて最大 4K/60 Hz に切り替わります。iPad の「設定」>「ディスプレイ」で「コンテンツに合わせる」をオンにしておいてください。

オーディオを再生する

iPad でオーディオを再生するには、内蔵のスピーカーを使うか、AirPods などの Bluetooth デバイスを接続するか、AirPlay を使えます。また、USB-C ポートを使って、USB-C ドック、ディスプレイ、オーディオインターフェイス、USB-C コネクタの付いた有線のヘッドフォンを接続することもできます。

USB-C ポートを経由してほかのスピーカーやヘッドフォンでオーディオを再生する必要がある場合は、Apple USB-C - 3.5 mm ヘッドフォンジャックアダプタを使って接続してください。

ほかのデバイスに接続する

iPad の USB-C ポートには、さまざまなデバイスを接続できます*。たとえば、デジタルカメラや Apple USB-C - SD カードリーダーを接続して、写真を読み込めます。そのほかにも、iPad には以下のような USB デバイスを接続できます。

  • 外付けのストレージデバイス
  • ハブやドック
  • キーボード
  • オーディオインターフェイスや MIDI デバイス
  • USB - Ethernet アダプタ

アダプタを使う

デバイスによっては、アダプタが必要になることがあります。一般的には以下のような方法で接続します。

  • 接続するデバイスに USB-C ポートがある場合は、両端に USB-C コネクタの付いたケーブル (iPad の付属ケーブルなど) があれば十分です。
  • USB-C コネクタが付いたデバイスなら、iPad Pro の USB-C ポートに直接差し込めます。
  • USB-A コネクタの付いたデバイスは、Apple USB-C - USB アダプタに差し込んで、そのアダプタを iPad の USB-C ポートにつなぐことができます。

Thunderbolt および USB4

iPad Pro 11 インチ (第 3 世代) および iPad Pro 12.9 インチ (第 5 世代) では、Thunderbolt や USB4 に対応した高性能アクセサリの大規模なエコシステムも利用できます。アクセサリによっては iPad からの電力供給量が多く、バッテリーの寿命に影響する場合があります。バッテリーの寿命を延ばすため、こうしたアクセサリは使用時以外は iPad Pro から取り外すように心がけてください。詳しくは、アクセサリのメーカーが公開している仕様情報を参照してください。

iPad を使ってほかのデバイスを充電する

コンセントが手近になく、iPhone、ほかの iPad、Apple Watch、他社製の USB デバイスを充電しなければならない場合は、正しいケーブルやアダプタを iPad につないで、長時間持つ iPad のバッテリーをほかのデバイスと分け合いましょう。

  • iPhone や、Lightning ポートの付いた以前のモデルの iPad を充電するには、Apple USB-C - Lightning ケーブルを使って iPad に接続します。Lightning - USB ケーブルがお手元にある場合は、Apple USB-C - USB アダプタと組み合わせて、そのアダプタを iPad に接続できます。
  • USB-C ポート搭載モデルの iPad が 2 台ある場合は、USB-C ケーブルで直接つなぐことができます。この場合は、1 台の iPad がもう片方に給電します。充電する iPad を入れ替えたい場合は、USB-C ケーブルを取り外してから接続し直してください。
  • Apple Watch を充電するには、付属の磁気充電ケーブルを Apple USB-C - USB アダプタにつないで iPad に接続します。Apple Watch 磁気充電 - USB-C ケーブルがある場合は、直接 iPad に接続できます。

* データ転送速度は、iPad のモデルや、iPad がコンピュータやその他のデバイスに接続されているかどうかによって異なります。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: