ファイルをバックアップおよび復元するその他の手段

Mac には Time Machine というバックアップ機能が組み込まれていますが、ほかの手段でファイルをバックアップし、復元することもできます。

Time Machine を使って Mac をバックアップしているかどうかに関係なく、App Store やその他の配信元から提供されている他社製のバックアップ App やサービスを利用できます。

他社製 App を使う

バックアップユーティリティの中には、写真やメールなど、特定の種類のファイルのバックアップ専用に作られたものがあります。データを全部バックアップできるものもあります。バックアップを作成する場合は、外付けの USB ドライブ、Thunderbolt ドライブ、FireWire ドライブなど、別のディスクにバックアップしておくのが一番です。バックアップユーティリティを使ってファイルをバックアップしたり、バックアップから復元したりする方法については、App の説明書を参照してください。

クラウドベースのサービスを使う

クラウドベースのサービスなら、外付けのハードドライブを Mac に接続する必要がありません。たとえば、iCloud なら、写真カレンダー連絡先メモパスワードなどを自動的に保存してくれます。また、書類、デスクトップのファイル、その他の自分で選んでおいたファイルを保管できる iCloud Drive も使えます。iCloud にサインインするだけで、これらのファイルにアクセスできます。ほかのクラウドベースのサービスが、他社からも提供されています。

Finder を使ってファイルをドラッグする

書類、写真、ムービーなどのファイルを単純に別のディスク (外付けの USB ドライブ、Thunderbolt ドライブ、FireWire ドライブなど) にドラッグするだけで、バックアップできます。復元するには、ドラッグして戻します。
  

公開日: