MDM を使って macOS でリモートマネージメントを有効にする

画面共有でリモートの Mac をコントロールするには、ターゲットとなるデバイスで「リモートマネージメント」を有効にしておきます。または、以下の手順にそって、モバイルデバイス管理 (MDM) に登録されているデバイスを管理してください。

macOS 10.14 以降ではセキュリティが強化され、MDM を使って Mac でリモートマネージメントを有効にする場合は、画面共有には読み取り専用アクセスが割り当てられます。画面共有でリモートの Mac を表示するだけでなくコントロールもしたい場合は、ターゲットとなる Mac でシステム環境設定を開き、「共有」をクリックして、「リモートマネージメント」チェックボックスを選択しておいてください。

MDM に登録されている Mac を画面共有でコントロールする

ターゲットとなる Mac がモバイルデバイス管理 (MDM) に登録されている場合は、「リモートマネージメントを無効にする」コマンドを使って画面共有を有効にし、Privacy Preferences Policy Control (「プライバシー」環境設定ポリシー制御) ペイロードを使ってコントロールを有効にすることができます。PostEvent (イベントを送信) キーを使って Identifier (識別子) 文字列を com.apple.screensharing.agent に設定し、IdentifierType (識別子タイプ) 文字列を bundleID に設定してください。

公開日: