Mac の VoiceOver 用の共通点字コマンド

サポート対象の点字ディスプレイで以下のデフォルトのコマンドを使って、Mac の VoiceOver をコントロールできます。点字ディスプレイのコマンドをカスタマイズするには、ディスプレイを Mac に接続してください。VoiceOver ユーティリティを開いて、「点字」を選択して、「ディスプレイ」タブを表示します。

お使いの点字ディスプレイで正しい表が使われるように、必ず最新バージョンの macOS をご利用ください。

ナビゲーション

VoiceOver のアクション

ディスプレイのキー

前の項目に移動する

Dot 1 + スペースバー

次の項目に移動する

Dot 4 + スペースバー

上に移動する

Dot 3 + スペースバー

下に移動する

Dot 6 + スペースバー

最初の項目に移動する

Dot 1 + Dot 2 + Dot 3 + スペースバー

最後の項目に移動する

Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー

対話を開始する

Dot 2 + Dot 3 + Dot 6 + スペースバー

対話を停止する

Dot 3 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー

項目選択

Dot 2 + Dot 4 + スペースバー

検索

Dot 1 + Dot 2 + Dot 4 + スペースバー

メニューバーに移動する

Dot 2 + Dot 3 + Dot 4 + スペースバー

ショートカットメニューを開く

Dot 2 + Dot 5 + スペースバー

esc (Escape)

Dot 1 + Dot 2 + スペースバー

スクロール

VoiceOver のアクション

ディスプレイのキー

左に 1 ページスクロールする

Dot 2 + Dot 4 + Dot 6 + スペースバー

右に 1 ページスクロールする

Dot 1 + Dot 3 + Dot 5 + スペースバー

上に 1 ページスクロールする

Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー

下に 1 ページスクロールする

Dot 1 + Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー

表示されているページ番号または行を読み上げる

Dot 3 + Dot 4 + スペースバー

ローター

VoiceOver のアクション

ディスプレイのキー

前のローター設定を選択する

Dot 2 + Dot 3 + スペースバー

次のローター設定を選択する

Dot 5 + Dot 6 + スペースバー

操作

VoiceOver のアクション

ディスプレイのキー

項目に対するアクションを実行する

Dot 3 + Dot 6 + スペースバー

音量を上げる

Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + スペースバー

音量を下げる

Dot 1 + Dot 2 + Dot 6 + スペースバー

テキストの読み上げ

VoiceOver のアクション

ディスプレイのキー

ページを先頭から読み上げる

Dot 2 + Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー

VoiceOver カーソルのコンテンツを読み上げる

Dot 1 + Dot 2 + Dot 3 + Dot 5 + スペースバー

テキスト属性を読み上げる

Dot 2 + Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー

編集

VoiceOver のアクション

ディスプレイのキー

すべて選択

2 + Dot 3 + Dot + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー

左を選択

Dot 2 + Dot 3 + Dot 5 + スペースバー

右を選択

Dot 2 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー

制御

VoiceOver のアクション

ディスプレイのキー

VoiceOver ユーティリティを開く

Dot 1 + Dot 3 + Dot 6 + スペースバー

スクリーンカーテンのオン/オフを切り替える

Dot 1 + Dot 2 + Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー

読み上げを一時停止または再開する

Dot 1 + Dot 2 + Dot 3 + Dot 4 + スペースバー

読み上げのオン/オフを切り替える

Dot 1 + Dot 3 + Dot 4 + スペースバー

VoiceOver ヘルプを開く

Dot 1 + Dot 2 + Dot 5 + スペースバー

キーボードヘルプ

Dot 1 + Dot 3 + スペースバー

カスタムラベルを作成する

Dot 1 + Dot 2 + Dot 3 + Dot 4 + Dot 6 + スペースバー

QuickNav のオン/オフを切り替える

Dot 1 + Dot 2 + Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + スペースバー

点字

VoiceOver のアクション

ディスプレイのキー

点字ディスプレイを左へパンする

Dot 2 + スペースバー

点字ディスプレイを右へパンする

Dot 5 + スペースバー

通知の履歴のオン/オフを切り替える

Dot 1 + Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + スペースバー

点訳する

Dot 4 + Dot 5 + スペースバー

点字キーを「delete」キーに割り当てる

Dot 1 + Dot 4 + Dot 5 + スペースバー

点字キーを「return」キーに割り当てる

Dot 1 + Dot 5 + スペースバー

点字キーを「tab」キーに割り当てる

Dot 2 + Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + スペースバー

2 級英語点字と 1 級英語点字を切り替える

Dot 1 + Dot 2 + Dot 4 + Dot 5 + スペースバー

8 点式

VoiceOver のアクション

ディスプレイのキー

デスクトップに移動する

Dot 2 + Dot 5 + Dot 6 + Dot 7 + スペースバー

キーボードヘルプ

Dot 1 + Dot 3 + Dot 7 - スペースバー

読み上げのオン/オフを切り替える

Dot 1 + Dot 3 + Dot 4 + Dot 7 + スペースバー

点字キーを「shift」キーに割り当てる

Dot 4 + Dot 7 + スペースバー

点字キーを「shift」キーの切り替えに割り当てる

Dot 4 + Dot 8 + スペースバー

点字キーを「command」キーに割り当てる

Dot 1 + Dot 7 + スペースバー

点字キーを「command」キーの切り替えに割り当てる

Dot 1 + Dot 8 + スペースバー

点字キーを「control」キーに割り当てる

Dot 3 + Dot 7 + スペースバー

点字キーを「control」キーに割り当てる

Dot 3 + Dot 8 + スペースバー

点字キーを「option」キーに割り当てる

Dot 2 + Dot 7 + スペースバー

点字キーを「option」キーの切り替えに割り当てる

Dot 2 + Dot 8 + スペースバー

点字キーを「fn」キーに割り当てる

Dot 5 + Dot 7 + スペースバー

点字キーを「fn」キーの切り替えに割り当てる

Dot 5 + Dot 8 + スペースバー

点字キーを「delete」キーに割り当てる

Dot 7

または

Dot 7 + スペースバー

点字キーを「return」キーに割り当てる

Dot 8

または

Dot 8 + スペースバー

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: