AirPods でライブリスニングを使う

ライブリスニングを使えば、iPhone、iPad、iPod touch がマイクのように働き、音声を AirPods に送ってくれます。ライブリスニングは、騒がしい場所で話を聞き取る場合に便利です。部屋の向こう側で話している人の声を聞き取ることもできます。

AirPods でライブリスニングを使うには、iOS デバイスに iOS 12 以降を搭載する必要があります。また、AirPods をデバイスに接続しておくことも必要です。

ライブリスニングを使う

ライブリスニングをコントロールセンターに追加する

ライブリスニングを使うには、コントロールセンターにライブリスニングのコントロールを追加しておく必要があります。

  1. 「設定」>「コントロールセンター」の順に選択します。
  2. 「コントロールをカスタマイズ」をタップします。
  3. 下にスクロールして、「聴覚サポートのアイコン 聴覚サポート」の横にある 追加アイコン をタップします。
  4. 戻るボタンをタップして、設定を保存します。

コントロールセンターのライブリスニング

ライブリスニングを使う

  1. コントロールセンターを開きます。
  2. 聴覚サポートのアイコン をタップします。
  3. 「ライブリスニング」をタップします。
  4. 声を聞き取りたい相手の前にデバイスを置きます。よく聞こえない場合は、デバイスの音量を調節してください。

AirPods に接続できない場合や、ライブリスニングが有効にならない場合は、Bluetooth が有効になっていて、AirPods が充電されていることを確認してください。

「Made for iPhone」の補聴器でライブリスニングを使う方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: