連係カメラ:iPhone や iPad を使って Mac で書類のスキャンや写真撮影を行う

iPhone や iPad を使って書類をスキャンしたり、近くにあるものを撮影すると、すぐに Mac に表示されます。 

連係カメラに対応している App を使う

連係カメラを以下の対応 App で使って、スキャンしたり写真を撮ったりできます。

  • Finder
  • Keynote 8.2 以降
  • メール
  • メッセージ
  • メモ
  • Numbers 5.2 以降
  • Pages 7.2 以降
  • テキストエディット

 


写真を撮る

  1. Mac で連係カメラ対応の App を開きます。
  2. 以下のいずれかの操作を行います。
    • App のウインドウの中で、写真を挿入したい位置を「control」キーを押しながらクリックします。表示されるショートカットメニューから「iPhone または iPad から挿入」>「写真を撮る」を選択します。Finder ウインドウやデスクトップでも同様に操作できます。
    • 「ファイル」メニュー (または該当する場合は「挿入」メニュー) から「iPhone または iPad から挿入」>「写真を撮る」を選択します。
  3. iPhone または iPad でカメラ App が開きます。シャッターボタン 写真撮影ボタン をタップして写真を撮り、「写真を使用」をタップします。写真が Mac のウインドウに表示されます。

 


書類をスキャンする

  1. Mac で連係カメラ対応の App を開きます。
  2. 以下のいずれかの操作を行います。
    • App のウインドウの中で、写真を挿入したい位置を「control」キーを押しながらクリックします。表示されるショートカットメニューから「iPhone または iPad から挿入」>「書類をスキャン」を選択します。Finder ウインドウやデスクトップでも同様に操作できます。
    • 「ファイル」メニュー (または該当する場合は「挿入」メニュー) から「iPhone または iPad から挿入」>「書類をスキャン」を選択します。
  3. iPhone または iPad でカメラ App が開きます。カメラのファインダーに書類を合わせて、スキャンが終わるまでしばらく待ちます。手動でスキャンを取り込みたい場合は、シャッターボタン 写真撮影ボタン をタップするか、いずれかの音量調節ボタンを押して、スキャン範囲の四隅をドラッグしてページに収まるように調整し、「スキャンを保持」をタップします。
  4. さらに書類のスキャンを続けるか、スキャンし終わったら「保存」をタップします。スキャンデータが Mac のウインドウに PDF として表示されます。

 


iPhone を Web カメラとして使う

iPhone を Mac の Web カメラとして使うこともできます。この機能を使う場合、システム条件が異なります。

連係カメラ:iPhone を Mac の Web カメラとして使う

 


連係カメラのシステム条件

Mac でのスキャンや写真撮影に使用する場合、連係カメラは以下のデバイスとオペレーティングシステムで動作します。 

macOS Mojave 以降

  • MacBook (2015 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Pro (2012 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Air (2012 年以降に発売されたモデル)
  • Mac mini (2012 年以降に発売されたモデル)
  • iMac (2012 年以降に発売されたモデル)
  • iMac Pro
  • Mac Pro (2013 年以降に発売されたモデル)
  • Mac Studio
      

iOS 12 以降

  • iPhone
  • iPad
  • iPod touch

その他の条件

公開日: