Apple Business Manager にアップグレードする

Apple Deployment Program から Apple Business Manager にアップグレードしてください。

所属組織で Device Enrollment Program (DEP) をご利用の場合は、Apple Business Manager にアップグレードしていただけます。所属組織で Volume Purchase Program (VPP) しか使っていない場合は、Apple Business Manager に登録してから、既存の VPP 購入担当者を新しい Apple Business Manager アカウントに招待できます。

Apple Business Manager は、コンテンツの購入、モバイルデバイス管理 (MDM) ソリューションへの自動デバイス登録の設定を支援するサービスです。Web からアクセス可能で、テクノロジーマネージャや IT 管理者を利用者として想定しています。

Apple Business Manager にアップグレードする前に、以下の情報をご確認ください。

Apple Business Manager にアップグレードする

Apple Business Manager にアップグレードするには*、Apple Deployment Program の Agent (エージェント) アカウントを使って deploy.apple.com または business.apple.com にサインインし、画面に表示される指示に従ってください。アップグレードの所要時間は数分程度です。

アップグレード後の Apple Business Manager には、以下の情報がすべて移行されています。

  • アカウント
  • アカウントの認証情報
  • MDM サーバ
  • MDM デバイス
  • サーバトークン
  • デバイスの注文情報
  • アカウントに関連付けられているその他の情報

アップグレードが終わった後、データへのアクセスには Apple Business Manager ポータルを使います。アップグレード後は、Apple Deployment Program の Web サイトにはアクセスできなくなります。

Apple Business Manager に登録する

Apple Business Manager に登録するには、business.apple.com にアクセスして、「今すぐ登録する」をクリックします。組織について、D-U-N-S 番号、Apple のサービスや Web サイトでこれまで Apple ID として使われていないメールアドレスなどの情報の提示が必要です。

管理対象 Apple ID のドメインを選択する

Apple Business Manager に登録またはアップグレードする際、所属組織の Web サイトを入力するように案内されます。Apple Business Manager では、ここで入力した Web サイトが、管理対象 Apple ID のデフォルトのドメインのベースとして使われます。たとえば、Web サイトが www.mycompany.com の場合、管理対象 Apple ID は manager@mycompany.com のようになります。

Web サイトのドメインがメールドメインと違う場合は、代わりに、メールドメインを入力してもかまいません。Apple Business Manager の Admin は、アップグレードの後でデフォルトのドメインを変更できます。

VPP 購入担当者を Apple Business Manager に招待する

組織で個別の VPP アカウントが 1 つまたは複数使われている場合があります。Apple Business Manager に登録またはアップグレードした後で、それらのアカウントを新しい Apple Business Manager アカウントに招待することができます。VPP の購入担当者を Apple Business Manager に招待する方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple Business Manager で変更された役割

Apple Business Manager では、ユーザに割り当てる役割が一部変更されています。

「Agent」は「管理者」に

Apple Deployment Program では、管理業務のアクセス権の最上位が「Agent」でした。Agent には、組織を代表して Apple Deployment Program の利用規約を受理する権限がありました。 

Apple Business Manager では、この役割が「管理者」に変わります。Apple Business Manager では、1 組織につき 5 名まで「管理者」を指定できます。

「Admin」は「マネージャ」に

Apple Deployment Program では、DEP や VPP に「Admin」がいました。Apple Business Manager にアップデートした後は、既存の「Admin」が「マネージャ」に変換されます。以下の表は、「Admin」から「マネージャ」への変換の決まりをまとめています。

Apple Deployment Program の役割

Apple Business Manager の役割

DEP Admin

デバイスマネージャー

VPP Admin

コンテンツマネージャ

ほかの Admin の作成/編集権限を持つ Admin

ユーザマネージャ

なし

スタッフ

Apple Business Manager では、1 人のユーザに複数の役割を割り当てることができます。複数のプログラムで Admin だった方には、Apple Business Manager で該当するすべての役割が割り当てられます。管理者やユーザマネージャは、アップグレード後、マネージャの役割を追加/削除/変更できます。

すべての役割に管理対象 Apple ID を

以前の Agent や Admin が Apple Business Manager にはじめてサインインすると、それらのユーザの Apple ID が管理対象 Apple ID に変換されます。これらのユーザのアカウントに以前 2 ファクタ認証が設定されていなかった場合、この時点で設定する必要があります。 

関連情報

Apple Business Manager の設定方法については、こちらを参照してください。

* Mac でアップグレードする場合は、Safari バージョン 11 以降をお使いください。Windows パソコンでは、Microsoft Edge バージョン 25.10 以降を用意してください。

公開日: