Apple School Manager の「App とブック」への移行について

アカウントを「App とブック」に移行する前に、以下の情報に目を通しておいてください。

変更点

「App とブック」が Apple School Manager に追加され、以下の新機能も使えるようになります。

ライセンスを転送する

  • 未割り当てのライセンスをほかの場所に転送できます。転送後、ライセンスは新しい場所で使えるようになり、新しい場所のトークンに関連付けられます。その場所へのアクセス権を持つ購入担当者なら、その未割り当てのライセンスを使えます。

ライセンスを共有する

  • 同じ場所へのアクセス権を持つ複数の購入担当者の間でライセンスを共有できます。

購入がもっと簡単に

  • Apple School Manager の「App とブック」セクションで直接コンテンツをブラウズし、購入できます。所属する場所用に購入されたライセンスや、その場所に転送されたライセンスをすべて 1 か所で確認できます。設定画面で Volume Purchase Program (VPP) のクレジットを管理し、請求先情報を更新できます。

所属組織で「App とブック」に移行する準備をする

以下の情報を参考にして、移行の準備を進めてください。

モバイルデバイス管理 (MDM) が「App とブック」に対応しているか確認する

移行前に MDM ベンダーに問い合わせて、新しい「App とブック」の機能に対応しているかどうかを確認してください。

VPP の購入担当者を Apple School Manager に招待する

Apple School Manager に切り替えていない既存の VPP アカウントを使う購入担当者がいる場合は、「App とブック」に移行する前に、それらの購入担当者を組織に招待しておきます。

場所ごとに 1 名だけ購入担当者を移行する

移行が極力うまくいくように、1 か所につき 1 名だけ購入担当者を移行します。それには、以下のいずれかの方法があります。

  • Apple School Manager でアカウントのアクセス権を購入担当者ごとに適切な場所に制限する。
  • 各ユーザにそれぞれが選択すべき特定の場所を案内しておく。

購入担当者がそれぞれ独自の場所に移行されたら、割り当て済みか未割り当てかを問わず、すべてのライセンスが「App とブック」に移動します。

購入担当者を新しい場所に移行する前に、ライセンスをその場所用に購入済みまたはその場所に転送済みの場合、未割り当てのライセンスのみが該当する場所に移動します。

複数の購入担当者を同じ場所に移行する場合

購入担当者をそれぞれ別の場所に割り振ることができない場合、割り当て済みのライセンスが初回の移行時には移動しないことがあります。ある購入担当者がすでに選択した場所に別の購入担当者が移行されると、割り当て済みのライセンスはその購入担当者のレガシートークンに関連付けられたままになるので、MDM にアップロードされた状態を維持しておく必要があります。 

ライセンスが MDM で割り当て解除された後で、Apple School Manager の設定画面の「App とブック」で、選択した場所に App のライセンスを転送できます。割り当て済みのブックのライセンスは、常に該当のユーザに割り当てられたままになります。すべてのライセンスが 1 つの場所に移動したら、該当する購入担当者のレガシートークンを MDM に残しておく必要はなくなります。

初回の移行

移行中に移動したライセンスはすべて、移動先の新しい場所のトークンに関連付けられます。移行中に移動しなかった割り当て済みのライセンスは、該当する購入担当者のレガシートークンに関連付けられたままになります。ライセンスが割り当てられているトークンはすべて、MDM にアップロードされた状態にしておく必要があります。

場所ベースのトークン

「App とブック」は、場所ベースのトークンを使います。場所用に購入されたライセンスや、場所に転送されたライセンスはすべて、その場所のトークンに関連付けられます*。VPP ポータルのレガシートークンは、アカウントベースのトークンです。購入担当者は Apple School Manager の設定画面の「App とブック」セクションで、各自のすべての場所のトークンにアクセスできます。場所のトークンを MDM にアップロードする必要があるのは 1 人だけです。レガシートークンは、ライセンスがすべて場所に移動した後は必要なくなります。 

* 割り当て済みのブックのライセンスは移動できず、ユーザに割り当てられたままになります。

VPP の購入担当者を全員移行する

Apple School Manager の「App とブック」への移行の準備ができたら、購入担当者を全員同時に移行する必要があります。購入担当者それぞれが独自のアカウントを移行する必要があります。移行するには、Apple School Manager の「App とブック」セクションで「利用を開始する」をクリックし、適切な移行先を選択します。

購入担当者全員の移行が済んだら、新しい機能を存分に活用できるようになります。

所属組織で「App とブック」を使わないという決断を下した場合、VPP の購入担当者は vpp.itunes.apple.com でレガシーの VPP ポータルを引き続き利用できます。

公開日:Thu Feb 22 10:45:16 GMT 2018