Apple T2 のセキュリティ認証

この記事では、T2 のハードウェアとファームウェアに関して、主要製品の認定、暗号モジュールの認定、セキュリティガイダンスについて、関連資料を紹介しています。

以下に紹介する認証や評価の関連資料として、以下の文書をお役立てください。

Apple のインターネットサービスに関する公的認証については、以下の記事を参照してください。

Apple のアプリケーションに関する公的認証については、以下の記事を参照してください。

Apple のオペレーティングシステムに関する公的認証については、以下の記事を参照してください。

ハードウェアや関連ファームウェアコンポーネントに関する公的認証については、以下の記事を参照してください。

暗号モジュールの認証

Apple のすべての FIPS 140-2/-3 認証証明書は、CMVP の Web サイトに掲載されています。Apple では、オペレーティングシステムの各メジャーリリースについて、CoreCrypto ユーザモジュールおよび CoreCrypto カーネルモジュールの認証取得に鋭意取り組んでいます。モジュールの評価認証は最終リリースバージョンに限り実施可能なため、OS の公開リリース時点で公式に申請しています。 

CMVP は、暗号モジュールをその認証状況に応じて 4 つの個別のリストに分けて掲載しています。モジュールはまず「Implementation Under Test List」に掲載され、「Modules in Process List」に移ります。認証を取得したモジュールは、認証済みの暗号モジュールのリストに掲載され、その後 5 年が経過すると「historical」リストに移ります。

2020 年、CMVP は FIPS 140-3 のベースとして国際標準 ISO/IEC 19790 を採用しています。

FIPS 140-2/-3 の認証について詳しくは、「Apple プラットフォームセキュリティ」を参照してください。

  CMVP 認証番号 モジュール名 モジュールの種類 サービスレベル 認証日 書類
現在評価/審査中のモジュールについては、「Implementation Under Test List」および「Modules in Process List」で確認してください。
T2 ファームウェア:16P374

(2018 OS リリース)
3438 Apple CoreCrypto Kernel Module v9.0 for ARM ソフトウェア 1 2019-04-23
T2 ファームウェア:16P374

(2018 OS リリース)
3433 Apple CoreCrypto User Module v9.0 for ARM ソフトウェア 1 2019-04-11
T2 ハードウェア用 sepOS:16P374

(2018 OS リリース)
3523

Apple Secure Key Store Cryptographic Module v9.0

(sepOS)

ハードウェア 2 2019-09-10
T2 ファームウェア:15P2064

(2017 OS リリース)
3148 Apple CoreCrypto User Module v8.0 for ARM ソフトウェア 1 2018-03-09

2018-05-22

2018-07-06
T2 ファームウェア:15P2064

(2017 OS リリース)
3147 Apple CoreCrypto Kernel Module v8.0 for ARM ソフトウェア 1 2018-03-09

2018-05-17

2018-07-03
T2 ハードウェア用 sepOS:15YP2064

(2017 OS リリース)
3223 Apple Secure Key Store Cryptographic Module v1.0

(sepOS)
ハードウェア 1 2019-09-10
公開日: