iPhone でベッドタイムを使って睡眠時間を記録する

毎晩確保したい睡眠時間を設定しておけば、時計 App が就寝時刻になると知らせてくれ、起床時刻になるとアラームを鳴らしてくれます。

ベッドタイムを設定する方法

ベッドタイムをはじめて設定するときは、時計 App からいくつか質問されます。

  1. 時計 App を開いて、「ベッドタイム」タブをタップします。
  2. 「開始」をタップして、設定を選択します。
  3. 「完了」をタップします。

ベッドタイムを設定した後、就寝時間になると iPhone が教えてくれ、起床時刻になるとアラームが鳴ります。

ベッドタイムのオン/オフを切り替える

  1. 時計 App を開いて、「ベッドタイム」タブをタップします。
  2. 「スケジュール」の下で、「就寝時刻」または「起床時刻」をタップします。
  3. 右上隅で、「就寝時間スケジュール」のオン/オフを切り替えます。

これで、就寝時のリマインダーと起床時のアラームが両方ともオフになります。 

リマインダーやアラームを作動させる時刻や曜日を変更する

  1. 時計 App を開いて、「ベッドタイム」タブをタップします。
  2. 「スケジュール」の下で、「就寝時刻」または「起床時刻」をタップします。
  3. 就寝時刻のボタン または起床時刻のボタン アラーム時計 をドラッグします。ドラッグすると、就寝時刻のリマインダーと起床時刻のアラームが自動的に更新されます。
  4. 「有効にする曜日」で、リマインダーやアラームを作動させたい曜日をタップします。オレンジ色の曜日が有効になっています。

睡眠履歴を管理する

  1. 時計 App を開いて、「ベッドタイム」タブをタップします。
  2. 下にスクロールして「分析」を表示します。ここには、最近の履歴が表示されます。

寝ているはずの時間に iPhone を使うと、その時間についてはクレジットを獲得できません。また、「起床時刻」のアラームを「スヌーズ」にした場合、睡眠時間が一致するように更新されます。

「ベッドタイム」のデータは、ヘルスケア App にも自動的に表示されます。

設定を変更する方法

  1. 時計 App を開いて、「ベッドタイム」タブをタップします。
  2. 左上隅の「オプション」をタップします。 
  3. 以下の設定を変更できます。
    • 就寝時刻のリマインダーを表示するタイミングを設定できます。 
    • 「就寝時間を追跡」のオン/オフを切り替えます。夜間に iPhone を使った時間が記録されるので、睡眠パターンを把握できます。
    • 「ベッドタイム中のおやすみモード」のオン/オフを切り替えます。ベッドタイム中に、ロック画面が暗くなり、デバイスがロックされているときにかかってきた通話や通知の音が鳴らなくなり、通知は履歴に送られます。
    • アラームの「目覚ましサウンド」を選択できます。 
    • アラームの音量を変更できます。 
  4. 「完了」をタップします。

ヘルスケア App で履歴を表示する方法

iOS 13 で睡眠分析の情報を見るには、時計 App を開いて、「ベッドタイム」タブをタップし、「"ヘルスケア" で詳細を表示」をタップします。「睡眠分析」には、寝床に入っている時間 (就寝時間) または眠っている時間 (睡眠時間) が表示されます。 

時計 App の「ベッドタイム」では、寝床にいる時間は記録されますが、実際に睡眠したり動いたりした時間はわかりません。Apple Watch でも、睡眠時間や就寝時間は計測されません。

実際に眠っている時間を計るには、ヘルスケア App で睡眠計測器を使ってみてください。また、睡眠した時間を手入力することもできます。時計 App を開いて「ベッドタイム」タブをタップし、「"ヘルスケア" で詳細を表示」をタップします。右上隅の「データを追加」をタップします。ヘルスケア App について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

公開日: