iPhone や iPod touch でヘルスケア App を使う

ヘルスケア App では、健康とフィットネスに関連する情報をすべてまとめて確認できます。

ヘルスケア App を使うには、iPhone/iPod touch 用の最新バージョンの iOS をダウンロードしてください。互換性のある App やフィットネスアクセサリなど、複数のソースから集めたヘルスケア情報を記録管理できるようになります。

ヘルスケアデータを設定する

ヘルスケア App を開き、「ヘルスケアデータ」をタップして、ヘルスケア App で記録する情報を設定し、確認できます。また、プロファイルの編集、ヘルスケアレコードの表示、ヘルスケア App で記録管理したいカテゴリの追加も行えます。

まず、ヘルスケアとフィットネスのカテゴリをタップして、おすすめの App をダウンロードしてください。

 

ヘルスケア/フィットネス App からのデータを記録する

iPhone 5s 以降では、ヘルスケア App が自動的に歩数や歩行距離、走行距離を数えてくれるようになりました。ヘルスケア App で記録管理するカテゴリをほかにも追加できます。

  1. 「アクティビティ」などのカテゴリをタップし、紹介ビデオを観て、まず始めてみるときにおすすめの App を確認してください。
  2. おすすめの App をダウンロードすれば、そのカテゴリの情報を追跡収集できるようになります。
  3. App をインストールしたら、その App を開いて、データをヘルスケア App に送るように設定します。
  4. ヘルスケア App を開いて、「ソース」をタップし、App をタップします。ヘルスケア App でデータを確認したいカテゴリをオンにします。

設定したカテゴリのヘルスケアデータを見るには、そのカテゴリをタップします。

ヘルスケア App で iPhone や別のデバイスの歩数やその他の情報が認識されない場合は、「ソース」をタップして、お使いのデバイスやアクセサリを「デバイス」の下でタップしてください。「"設定" のプライバシー」>「モーションとフィットネス」の順にタップし、「フィットネス・トラッキング」がオンになっているか確認してください。

BT 対応の心拍計を設定する

BT 対応の心拍計からヘルスケア情報を収集し、記録管理できます。Bluetooth を使って BT 対応の心拍計と iOS デバイスをペアリングします。心拍計にある情報が自動的にヘルスケア App に送信されるようになります。

BT 対応の心拍計のデータを見るには、ヘルスケア App を開き、「ヘルスケアデータ」>「バイタル」の順に選択します。

Apple Watch からヘルスケアデータを収集する

Apple Watch を設定したら、アクティビティデータが iPhone のヘルスケア App に自動的に送信されます。 

ムーブ、エクササイズ、スタンドのデータ、さらにゴールの情報を表示するには、「ヘルスケアデータ」をタップし、「アクティビティ」をタップします。

心拍数のデータを見るには、「ヘルスケアデータ」をタップし、「バイタル」をタップして、「心拍数」をタップします。心拍センサーの精度と制約について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

呼吸 App からのデータを確認するには、「ヘルスケアデータ」をタップし、「マインドフルネス」をタップします。Apple Watch の呼吸 App については、こちらの記事を参照してください。

「ベッドタイム」のデータを記録管理する

時計 App の「ベッドタイム」は、規則正しい睡眠習慣を始めるお手伝いをします。毎晩確保したい睡眠時間を設定すれば、時計 App が就寝時刻になると知らせてくれ、起床時刻になるとアラームを鳴らしてくれます。

時計 App で「ベッドタイム」を設定するには、以下の手順を実行してください。

  1. 時計 App を開いて、「ベッドタイム」をタップします。
  2. 「開始」をタップして、毎晩の睡眠時間と起床時間など、いくつかの質問に答えます。
  3. 終わったら、「保存」をタップします。

「ベッドタイム」からのデータを見るには、ヘルスケア App を開いて「睡眠」をタップします。 

毎日の進み具合を確認する

「今日」をタップすれば、その日の統計情報を確認できます。別の日のヘルスケアデータを表示するには、カレンダーで別の日をタップします。

「歩数」などの測定項目をタップすると、詳しい情報が表示されます。iPhone 6s 以降をお使いの場合は、強く押して 3D Touch を使い、その測定項目に関する詳細情報を確認できます。 

測定項目を「よく使う項目」に追加すると、「今日」画面の一番上に表示されるようになります。

ヘルスケアデータを手入力する

血圧など、診察を受けた際のヘルスケアデータを入力したい場合は、ヘルスケア App に手動で入力できます。以下の要領で行ってください。

  1. 「ヘルスケアデータ」をタップし、「バイタル」などのヘルスケアカテゴリをタップします。
  2. 「血圧」など、データの種類をタップします。
  3. をタップします。
  4. 日付、時間、該当するデータを入力します。
  5. 終わったら、「追加」をタップします。

ヘルスケアレコードを読み込む/表示する

ヘルスケアレコードには通常、薬、免疫、検査結果などの情報が記録されています。ヘルスケアレコードを ZIP や XML ファイルの形態で受け取った場合は、ヘルスケア App に読み込んで保存できます。

ヘルスケアレコードを読み込む

  1. ヘルスケアプロバイダの Web サイトや App にログインします。
  2. ご自分のヘルスケアレコードを探します。
  3. をタップして、「ヘルスケアに追加」を選択します。

読み込んだヘルスケアレコードを表示する

  1. ヘルスケア App を開いて、「ヘルスケアデータ」をタップします。
  2. 「ヘルスケアレコード」をタップします。
  3. 表示したいヘルスケアレコードをタップします。

プライバシーを保護する

ヘルスケア App では、健康やフィットネスに関する情報を自分のデバイスの 1 か所にまとめ、自ら管理できます。ご自分に関して作成または収集した情報の使用と共有は、ご自身の責任で行ってください。ヘルスケア App にどの情報を保存するか、またヘルスケア App からどの App に情報を送信するかは、ご自身で決めていただけます。ヘルスケア App に保存されているヘルスケア情報はすべて、iPhone をロックしているときはパスコードで暗号化されます。

HealthKit にアクセスする App には、必ずプライバシーポリシーが適用されます。健康とフィットネスに関する情報へのアクセスを許可する前に、その App のプライバシーポリシーを確認してください。

ヘルスケア情報をバックアップする

ヘルスケア App に記録されている情報は、iCloud を使って iOS デバイスをバックアップする方法で保管できます。iCloud とデバイス間を行き来する際、および iCloud に保管されている間は、情報は暗号化されます。

iCloud をお使いではない場合は、iTunes バックアップを暗号化する方法でヘルスケア情報をバックアップできます。

パスワードを失くしたり忘れたりした場合は、
情報を復元することも、「バックアップを暗号化」をオフにすることもできなくなります。

関連情報

  • ヘルスケア App を使って、複数のデータソースから集めたヘルスケアデータを管理する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • ヘルスケア App でメディカル ID を設定して、重要な医療情報を確認できるようにしておきましょう。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: