macOS Server の新機能

macOS Server の変更点について説明します。

macOS Server 5.6.3 を使うには、macOS High Sierra 10.13.4 が必要です。macOS アップデートをインストールした後で、App Store から macOS Server を入手できます (サービスが中断されないように、システム環境設定の「App Store」でほかのアップデートを自動的にインストールするように設定している場合でも、Server の新バージョンは自動的にはインストールされません)。

インストール中に「Server アプリケーションの置き換えが検出されました」というメッセージが表示されることがありますが、これは問題ではありません。Server の設定やデータはすべてアップデートしても引き継がれ、アップデート後に Server App を使って、以前構成済みのサービスの設定を終わらせることができます。

Apple では、カレンダーサーバ、連絡先サーバ、メールサーバ、DNS、DHCP、VPN サーバ、Web サイトなど、オープンソースサービスの macOS Server での提供を停止いたしました。これらについては、オープンソースプロバイダから直接同じサービスを利用できます。macOS Server の変更について詳しくは、こちらの記事を参照してください。Apple では、今後も macOS Server のほかの機能 (Open Directory、プロファイルマネージャ、Xsan 管理など) については開発とサポートを続けていきます。

一般

macOS Server 5.6.3 では、今後リリース予定の macOS と iOS でクライアントアプリケーションとの安全なネットワーク通信に対応するため、互換性の面で変更がなされました。

サービス

macOS Server 5.6.3 には、Open Directory、プロファイルマネージャ、Xsan サービスのサポートが組み込まれています。

以下のサービスは、macOS Server 5.6.3 を新規インストールした環境では非表示になりますが、これらのサービスを使うように設定された以前のバージョンの Server をアップグレードした場合は、通常通りに動作します。Server の次回のメジャーリリースで、これらのサービスは廃止される予定です。今後予定されている macOS Server の変更については、こちらの記事を参照してください。

  • カレンダー
  • 連絡先
  • DHCP
  • DNS
  • メール

     
  • メッセージ
  • NetInstall
  • VPN
  • Web サイト 
  • Wiki

     

    

プロファイルマネージャ

プロファイルマネージャが、新しい制限、ペイロード、コマンドに対応しました。

macOS High Sierra 10.13.4

  • ソフトウェアアップデートのユーザへの通知の延期を 1 〜 90 日間の範囲で指定 (デフォルトは 30 日間)
  • App のテスト用にアクセシビリティ API へのアクセスを構成
  • Bluetooth の有効化/無効化
  • カーネル機能拡張 (kext) のアクセス権を構成
  • コンテンツキャッシュを構成
  • Device Enrollment Program のデバイスについて、設定画面の iCloud ストレージのパネルをスキップ

iOS 11.3 では

  • ソフトウェアアップデートのユーザへの通知の延期を 1 〜 90 日間の範囲で指定 (デフォルトは 30 日間、監視対象デバイスのみ)
  • ScheduleOSUpdate を使ってバージョン番号を指定し、対象となる特定の iOS バージョンをインストール可能 (監視対象デバイスのみ)
  • Bluetooth の有効化/無効化 (監視対象デバイスのみ)
  • 自動入力前に Face ID 認証を要求 (監視対象デバイスのみ)
  • 教師が作成したクラスルームのクラスを退席するときに教師の許可を要求 (監視対象デバイスのみ)
  • ホワイトリストに登録されたデバイスからのリモート接続を制限 (監視対象デバイスのみ)
  • Always On VPN を CellularServices サービスを除外するように構成
  • Device Enrollment Program のデバイスについて、設定画面の「プライバシー」パネルをスキップ
  • 「デバイスを消去」コマンドを使って、設定アシスタントで近くのデバイスによる設定を阻止

tvOS 11.3

  • ムービーの制限指定、テレビ番組の制限指定、App の制限指定、不適切なコンテンツを構成
  • Device Enrollment Program のデバイスについて、設定画面の「この Apple TV をどこに設置しますか?」パネルをスキップ

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: