iCloud でメッセージを使う

iCloud でメッセージの履歴全体が最新の状態で同期され、すべてのデバイスで見ることができます。新しいデバイスを設定するときでも使えます。

仕組み

iCloud のメッセージは自動的にアップデートされるので、iMessage を使えるデバイスならどこからでも、常に同じ情報を見ることができます。1 台のデバイスでメッセージ、写真、スレッドを削除すると、お使いのすべてのデバイスから削除されます。添付ファイルもすべて iCloud に保管されるので、デバイス上のスペースを節約できます。

iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch、Mac で「iCloud にメッセージを保管」を使えます。プライバシー対策として、iCloud に保管されるメッセージはエンドツーエンドで暗号化されるので*、オンラインでブラウザを使ってメッセージを表示したりアクセスしたりすることはできません。 

* iCloud のセキュリティについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。 


「iCloud にメッセージを保管」を有効にする

「iCloud にメッセージを保管」を有効にするには、iCloud を設定し、すべてのデバイスで同じ Apple ID を使ってサインインしておいてください。また、Apple ID で 2 ファクタ認証を使い、iCloud キーチェーンを有効にしておくことも必要です。 

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「[ユーザ名]」をタップします。
  3. 「iCloud」をタップします。
  4. 「メッセージ」をオンにします。

Mac の場合

  1. メッセージ App を開きます。
  2. メニューバーで、「メッセージ」>「環境設定」の順に選択します。
  3. 「iMessage」をクリックします。
  4. 「"iCloud にメッセージを保管" を有効にする」の横にあるチェックボックスを選択します。

「


「iCloud にメッセージを保管」を無効にする

iPhone、iPad、iPod touch、Mac でメッセージ App を無効にする際は、そのデバイスでだけ「iCloud にメッセージを保管」を無効にするのか、すべてのデバイスで無効にするのかを選択できます。「iCloud にメッセージを保管」をそのまま有効にしておくデバイスがあれば、それらのデバイスから送受信した内容は引き続き iCloud に保管されます。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「[ユーザ名]」>「iCloud」の順にタップします。
  3. 「メッセージ」をオフにします。

Mac の場合

  1. メッセージ App を開きます。
  2. メニューバーで、「メッセージ」>「環境設定」の順に選択します。
  3. 「iMessage」をクリックします。
  4. 「"iCloud にメッセージを保管" を有効にする」の横にあるチェックボックスの選択を解除します。

 

iPhone、iPad、iPod touch で「iCloud にメッセージを保管」を無効にすると、メッセージの履歴は個別の iCloud バックアップの対象になります。家族の Apple Watch を設定している場合、「iCloud にメッセージを保管」がメッセージをバックアップする唯一の手段となります。 


メッセージ App を活用する

公開日: