Apple ID アカウントに関連付けられているデータのコピーを取得する

個人のデータやプライバシーを自ら管理いただく方策の 1 つとして、Apple では、ご自分の Apple ID に関連付けられているデータのコピーを開示申請できるようにしています。この機能を利用できるかどうかは、国や地域によって異なります。

この記事では、Apple ID に紐付けて Apple 側で保有しているデータのコピーを ID の所有者本人が開示申請する際の手続きについてご説明します。また、その手続き自体や、この方法で受け取ることのできる情報について、よく寄せられるご質問についてもお答えします。

Apple ID に紐付けられているデータについて

Apple ID の所有者は、自分の ID に紐付けて Apple が保有しているデータのコピーを開示申請できます。たとえば、以下のような情報が該当します。

  • Apple ID アカウントの詳細情報とサインインの記録。
  • iCloud に保管しているデータ (連絡先、カレンダー、メモ、ブックマーク、リマインダー、メール、写真、ビデオ、書類など)。
  • App の利用状況に関する情報 (iCloud、Apple Music、Game Center、その他のサービスの利用に関わる情報)。 
  • App Store、iTunes Store、Apple Books から購入またはダウンロードしたアイテムの記録と、それらのストアでの閲覧履歴。
  • Apple の直営店やサポートのご利用時の記録。
  • マーケティングのコミュニケーション、設定、その他の活動内容の記録。

開示されないデータは、個人を特定できない形のデータや Apple ID に紐付けられていないデータ、エンドツーエンドで暗号化され、Apple では復号化できない形式のデータ、または、Apple には一切保管されていないデータのいずれかです。また、データによっては、ごく短期間しか保管されず、Apple のサーバに残らないものもあります。

Apple では、お客様がご利用になるサービスを提供する上で、必要最小限のデータを収集し、保管するよう、努めています。詳しくは、Apple のプライバシーポリシーを参照してください。

Apple では、情報の精度と一貫性を保つべく、常に最善を尽くしています。そのため、保管方法や収集方法が変わり、それに伴い、アカウントに紐付けられているデータや、データの開示申請への対応も変わる場合があります。

個人データのコピーを開示申請する方法

Mac、Windows パソコン、iPhone、または iPad で、Apple ID のアカウントページにサインインし、「データとプライバシー」セクションまでスクロールして「データとプライバシーの管理」をクリックします。次のページで、「データのコピーを取得」の下の「開始する」を選択します。このオプションが表示されない場合、お住まいの国や地域では、この機能をご利用いただけません。

データのコピー (またはデータの特定のサブセット) の開示申請を受けて、Apple では、まず、申請者がアカウント名義人ご本人であるかどうかの確認を行います。ご本人様確認が済むと、Apple ID に関連付けられているデータを、理解しやすいファイルフォーマットに整理します。データの準備が整い次第、Apple ID のアカウントページに掲示し、データをご覧いただけるようになった旨をご本人にお知らせいたします。14 日間はデータのダウンロードが可能です。それ以降は、その場所から削除されるため、あらためて申請いただく必要があります。

提供するデータについて

データは当初のフォーマットか、簡単に開いて読み取ることのできる業界標準のフォーマットのいずれかで開示いたします。写真、ビデオ、書類は、オリジナルのフォーマットで提供します。連絡先、カレンダー、ブックマーク、メールは、.vcf、.ics、.html、.eml などのフォーマットで提供します。App の利用状況については、.json、.csv、または .pdf 形式のスプレッドシートの形で提供します。

提供されたファイル内の情報についてわからない点がある場合は、ファイルに関連する用語のガイドを参照してください。特定のファイルの情報を調べるには、そのファイルが関連している App やサービスを選択します。これらのガイドは、App やサービスで作成されたファイル専用に用意されています。個人が作成したコンテンツやほかの人と共有しているコンテンツ (iCloud に保存されているメール、メモ、カレンダーイベント、リマインダー、写真、ビデオ、書類など) はガイドの対象外です。

よくお問い合わせいただく質問

データはどのようにダウンロード/表示すればよいですか?

Mac または Windows パソコンを使ってデータファイルをダウンロードし、表示してください。これらのファイルは、Mac や Windows パソコンに標準で付属しているアプリケーション (Mac のテキストエディットや Windows のメモ帳など) で表示できるはずです。 

スプレッドシート App によっては、アカウント番号など、所定の大きい数値が自動的に切り上げ/切り下げられ、値が誤って表示されることがあります。データをスプレッドシートで表示する場合は、できれば、Numbers をご利用になるようにお勧めします。

データを別のプロバイダやサービスに転送できますか?

はい。データはほかのサービスにも簡単に読み込める業界標準のフォーマットで提供いたします。受け取ったデータは、ご希望のサービスやフォーマットにアップロードまたは転送していただけます。

決済データ、デバイスの識別子、メールアドレスがマスキングされているのはなぜですか?

クレジットカードや銀行の詳細情報、デバイスの識別子、メールアドレスなど、開示するデータの中の一部の情報には、セキュリティ確保のため、また、盗用や詐欺からお客様を守るため、マスキング処理を施しています。これらの情報が必要な場合は、アカウントにサインインするか、銀行や金融サービスプロバイダにお問い合わせください。

日時の情報が見慣れない形式で表示されるのはなぜですか?

Apple のお客様の居住地は、さまざまなロケールや時間帯に分散していて、時間が経過し、同一のお客様が別の場所から Apple のサービスにアクセスするようになることも少なくありません。フォーマットの統一を図るため、業界標準の協定世界時 (UTC) で日時を表示することにしています。

購入した音楽、ビデオ、App、ブックのコピーはなぜ受け取れないのですか?

Apple が開示するデータの中に、App Store、iTunes Store、Apple Books から購入またはダウンロードいただいたすべてのアイテムのリストが入っています。購入いただいたコンテンツ自体は個人データではないため、このデータセットには含まれていません。必要に応じて、App Store、iTunes Store、Apple Books からそれらのアイテムを再ダウンロードしていただけます。

App Store、iTunes Store、Apple Books の購入記録の一部に「biometric (バイオメトリクス)」という用語が表示されているのはなぜですか?

「biometric (バイオメトリクス)」という用語は、購入時の認証に Touch ID または Face ID が使われたことを示しているにすぎません。Apple でバイオメトリクス情報を収集したり、自社のサーバに保管したりすることはありません。 

一部の購入履歴にギフトカードを使ったという記録が予期せず残っています。なぜですか?

ギフトカードの残高が不足していて購入代金を全額賄えないため、ご登録の決済手段が購入手続きに使われた場合、ギフトカードを使って購入したという記録が残ることがあります。

iCloud ストレージプランに関する情報が iTunes カテゴリに表示されているのはなぜですか?

Apple の定期購読サービスに関する決済、レシート、その他の取引関連の情報は、iTunes サービスによって管理されています。そのため、iCloud ストレージプランに関する詳細情報は、iTunes に保管されています。

Apple がヘルスケアデータを保管しているのはなぜですか?

ヘルスケアデータは、お使いのすべてのデバイスで最新情報が自動的に同期され、デバイスが紛失してもデータを復旧できるように、iCloud に保管されています。Apple がその他の目的でこの情報を入手または利用することはありません。iCloud の設定で「ヘルスケア」をオフにすれば、この機能を使用停止にすることができます。

ヘルスケアデータを入手するには、どうすればいいですか?

ヘルスケアデータを入手する方法は 2 つあります。データの開示申請をしてダウンロードするか、iPhone のヘルスケア App から直接データにアクセスすることができます。ヘルスケア App で直接ヘルスケアデータにアクセスするには、ヘルスケア App のホーム画面の右上隅にあるユーザプロフィールのアイコンをタップし、「ヘルスケアデータを書き出す」を選択してください。

Apple が着信履歴を保管しているのはなぜですか?

複数のデバイスで Apple ID を使って iCloud にサインインしている場合、どのデバイスからでも電話をかけ直せるように、着信履歴が保管され、同期されます。Apple がその他の目的でこの情報を入手または利用することはありません。iCloud の設定で「iCloud Drive」をオフにすれば、この機能を使用停止にすることができます。

開示申請したデータの中にメッセージのコンテンツがないのはどうしてですか?

メッセージはデバイス上で暗号化されているため、デバイスのパスコードを知らない人がアクセスすることはできません。

Apple ID に関連付けられているデータを訂正できますか?

はい。Apple で保管している個人情報に誤りがあると思う場合は、訂正申請をしていただけます。Apple ID のアカウントページにサインインし、「データとプライバシー」セクションまでスクロールして「データとプライバシーの管理」をクリックします。次のページで、「データの修正」の下の「開始する」を選択します。

すでに申請済みの場合、ほかのデータカテゴリを追加申請できますか?

はい。ほかのカテゴリのデータを追加申請していただけます。すでに申請済みのデータタイプをもう一度申請したい場合は、現在の申請手続きが済み、「データとプライバシー」ページからデータが削除されるまでお待ちください。

Apple ID のアカウントを複数持っています。すべての ID に対し、Apple で保管されているデータのコピーをまとめて取得できますか?

いいえ。各 Apple ID は、それぞれが一意のアカウントです。複数の Apple ID のデータのコピーが必要な場合は、各アカウントにそれぞれ別々にサインインし、アカウントごとに開示申請をしてください。

所属している教育機関が管理している Apple ID を持っています。データのコピーを開示申請できますか?

はい。まず、教育機関の管理者に、privacy.apple.com にサインインできるよう設定してもらう必要があります。その後、管理対象 Apple ID で利用可能な機能に関するデータのコピーを開示申請することができます。

開示申請できる/コピーを取得できるデータはほかにもありますか?

Apple が保管している情報の中には、現時点で、通常のデータ開示申請手続きの対象になっていないものが一部あります。ご要望に応じて、これらの情報は別途入手または開示申請していただけます。 

  • AppleCare への問い合わせの記録 (ヘルスケア App や心電図 App のサポートを受けた際に提出したデータも含む):AppleCare に電話で問い合わせた際の記録やその他のサポート情報も開示申請できます。privacy_response@apple.com にお問い合わせください。
  • iTunes U:iTunes U のデータを表示するには、単純に iTunes U にサインインしてください。
  • FaceTime:お問い合わせの上、FaceTime 通話の招待ログの開示申請をしてください。
  • Apple Pay カード:Apple Pay で使っているカードを確認するには、iOS デバイスの「設定」で「Wallet と Apple Pay」画面を表示するか、iCloud.com/settings にアクセスし、Apple Pay のマークが付いたデバイスをクリックしてください。

データの管理方法について Apple に問い合わせることはできますか?

はい。Apple のプライバシーポリシーやその他の点についてご質問やフィードバックがある場合は、お問い合わせください。

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: