iPad または iPhone の Numbers や Keynote で描画する

Apple Pencil をサポート対象のデバイスで使うか、指を使って、スプレッドシートやプレゼンテーションに直接描画できます。

描画する

  1. Apple Pencil で描くには、シートやスライドの好きな場所に描画します。指で描く場合、または「Apple Pencil で選択およびスクロールを行う」をオンにしている場合は、新規追加ボタン > メディアボタン >「描画ボタン 描画」の順にタップし、好きな場所に描画します。
  2. 描画ツールを切り替えるには、画面の下部でツールをタップします。以下のツールも使えます。それぞれ、効果や機能が違います。
    • 塗りつぶした図形を新たに描くには、塗りつぶしツール をタップし、描き始めます。範囲を塗りつぶす場合は、塗りつぶしツール をタップし、塗りつぶしたい範囲をタップします。
    • 消去するには、消しゴムツール をタップして、描いたものの上からドラッグして消します。
    • 描画した一部を編集するには、選択ツール をタップし、編集したい描画部分をタップするか、その周りをドラッグして囲みます。
  3. 別の色で描くには、色の付いた丸印をタップし、色を選択します。左にスワイプすると、色を微調整できます。
  4. 線の太さや不透明度を変えて描くには、ツールを 2 回タップし、線の太さをタップしてから、新しいサイズをタップするか、スライダをドラッグして不透明度を調整します。
  5. 最後の編集作業を取り消すには、「取り消す」ボタン をタップします。
  6. 終わったら「完了」をタップします。

描いた絵や図のサイズを変える/移動する

絵や図を描き加えた後で、そのサイズを変えたり移動したりすることができます。

  • 描画サイズを変更するには、描いた部分を指でタップし、外枠のハンドルをドラッグします。
  • 描画した位置を移動するには、描いた部分を指でタップし、そのままドラッグします。


描画した一部を編集する

  1. 必要に応じて、描いた部分を指でタップし、ポップアップメニューから「描画を編集」をタップします。
  2. 画面の下部にある 選択ツール をタップし、編集したい描画部分をタップするか周りをドラッグします。選択範囲の周りに外枠が表示されます。
  3. ポップアップメニューからオプションをタップします。
    • 選択範囲のサイズを変更するには、「サイズ変更」をタップし、選択範囲の外枠のハンドルをドラッグします。
    • 描いた 1 つの絵や図を 2 つに分けるには、ポップアップメニューから「分離」をタップします。
    • 選択範囲のカット、コピー、削除、複製もできます。


描画した絵や図をアニメーションにする

Keynote や Numbers で、描画したものをアニメーションにすることができます。

Keynote で描画した絵や図をアニメーションにする

Keynote プレゼンテーションでは、描画した絵や図をアニメーションにして、いま描いているかのように見せたり (「イン」エフェクトを使う)、徐々に消えていく (「アウト」エフェクトを使う) ように表示することができます。

iPhone、iPad、iPod touch の Keynote で描いた絵や図をアニメーションにする方法は、以下の通りです。

  1. 絵や図を描画したスライドを選択し、描画部分をタップして選択します。
  2. 描画部をもう一度タップし、ポップアップメニューから「アニメーション」をタップします。
  3. 「イン」または「アウト」を選択します。 
  4. ポップアップメニューから「線描画」を選択し、「再生」をタップしてアニメーションをプレビューします。
  5. 終わったら「完了」をタップします。

Mac では、iOS 用 Keynote でプレゼンテーションに描いた絵や図をアニメーションにすることができます。

  1. 絵や図を描画したスライドで、描画部分を選択します。
  2. 「アニメーション」ボタン をクリックして、「イン」または「アウト」を選択します。
  3. 「エフェクトを追加」をクリックし、メニューから「線描画」を選択してから、「継続時間」など、ほかのオプションを調整します。
  4. 「プレビュー」をクリックすると、アニメーションが再生されます。 

Numbers で描画した絵や図をアニメーションにする

Numbers では、描画した部分をアニメーションにして、いま描かれているかのように見せることができます。

iPhone、iPad、iPod touch の Numbers で描いた絵や図をアニメーションにする方法は、以下の通りです。

  1. 描画モードにしている場合は、「完了」をタップします。そうでなければ、次の手順に進みます。
  2. 描画部分をタップし、選択します。
  3. 「フォーマット」ボタン をタップし、「描画」をタップします。
  4. 「描画をアニメート」をオンにし、「継続時間」など、ほかのオプションを調整します。
  5. アニメーションを再生するには、「再生」または「描画を再生」をタップします。

Mac では、iOS 用 Numbers でスプレッドシートに描かれた絵や図をアニメーションにすることができます。

  1. 絵や図が描かれた Numbers スプレッドシートで、描画部分を選択します。
  2. フォーマット をクリックし、「描画をアニメート」を選択してから、「継続時間」など、ほかのオプションを調整します。
  3. アニメーションを再生するには、「フォーマット」サイドバーの「再生」をクリックするか、ページ上の「描画を再生」をクリックします。


描画した絵や図を共有または保存する

Numbers および Keynote で、描いたものをイメージファイル (.png) として共有または保存できます。Numbers では、描画部分をアニメーションにした場合は、ムービーファイル (.m4v) として共有または保存できます。

  1. 描画部分をタップして選択し、「共有」を選択します。Numbers で描画部分をアニメーションにしている場合は、「イメージとして共有」または「ムービーとして共有」を選択します。
  2. イメージまたはムービーの送信方法 (メール、メッセージ、別のサービスなど) を選択します。または、「画像を保存」(Numbers で描画部分をアニメーションにしている場合は「ビデオを保存」) を選択して、写真 App に保存します。

Mac では、iOS 用 Numbers または iOS 用 Keynote でスプレッドシートやプレゼンテーションに描かれた絵や図を共有または保存できます。

  1. 絵や図が描画されたスプレッドシートまたはプレゼンテーションで、「control」キーを押しながら描画部分をクリックします。
  2. 「共有」を選択します。描画部分をアニメーションにしている場合は、「イメージとして共有」または「ムービーとして共有」を選択します。
  3. イメージまたはムービーの送信方法 (メール、メッセージ、別のサービスなど) を選択します。または、「"写真" に追加」を選択して、イメージ (または Numbers で描画部をアニメーションにしている場合はムービー) を写真 App に保存します。


Apple Pencil で選択およびスクロールを行う

Apple Pencil を使って、書類をスクロールしたりオブジェクトを選択したりできます。「設定」>「[App 名]」の順に選択し、「Apple Pencil で選択およびスクロールを行う」をオンにしてください。

「Apple Pencil で選択およびスクロールを行う」をオンにしているときに描画するには、新規追加ボタン > メディアボタン の順にタップし、「描画」をタップします。


関連情報

  • iOS 用 Pages で書類に図や注釈を追加する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • iPad で Apple Pencil を使う方法については、こちらの記事を参照してください。
  • iPhone の Keynote でオブジェクトをアニメーションにする方法については、こちらを参照してください。
  • iPad でオブジェクトをアニメーションにする方法については、こちらを参照してください。
  • Mac でオブジェクトをアニメーションにする方法については、こちらを参照してください。
公開日: