Boot Camp アシスタントの実行後に Windows サポートソフトウェアがインストールされない場合

Boot Camp アシスタントを実行した後で、Windows サポートソフトウェアのインストーラが自動的に起動しない場合の対処法をご案内します。

Boot Camp アシスタントを実行した後、Mac で Windows が起動し、Boot Camp 用の Windows サポートソフトウェアのインストーラが自動的に起動します。このソフトウェアがあれば、Mac で Windows を実行するために必要なドライバを使えるようになります。

場合によって、Boot Camp アシスタントでインストーラが自動的に起動しないことがあります。Windows を使う際に以下の症状が認められる場合、Windows サポートソフトウェアが正しくインストールされていない可能性があります。

  • Apple Software Update が機能しなくなったというエラーメッセージが表示される。
  • ディスプレイの 1 つまたは複数の画面解像度が Windows で表示されない/選択できない。
  • 内蔵ディスプレイの明るさを Windows で調整できない。
  • Apple 製のマウス、トラックパッド、またはキーボードが Windows で機能しない (感圧タッチは Windows で動作する仕様にはなっていません)。
  • Mac の内蔵スピーカーからの音声が Windows で聞こえない。
  • Mac に内蔵されたマイクやカメラが Windows で認識されない。

こうした問題を解決するために、Windows サポートソフトウェアを手動でインストールできます。

Windows サポートソフトウェアを手動でインストールする

上記の症状が現れた場合や、Boot Camp アシスタントで Windows サポートソフトウェアがインストールされなかったことがわかっている場合は、以下の手順でインストーラを実行できます。

この時点では Windows ドライバがインストールされていないため、USB マウスを使った方が操作しやすいかもしれません。

  1. OSXRESERVED パーティションに移動します。通常は、「D:\」ドライブです。
  2. OSXRESERVED パーティションの「BootCamp」フォルダを開いて、「Setup」ファイルを実行します。ほかのどの場所でもなく、「BootCamp」フォルダの中から「Setup」を実行してください。
  3. 画面の案内に従って、Boot Camp 用の Windows サポートソフトウェアのインストールを最後まで進めます。

必要に応じて、コマンドラインで「D:\BootCamp\setup.exe」と入力して インストーラを実行することもできます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日:Mon Apr 09 10:15:42 GMT 2018