Boot Camp アシスタントの使用後に Boot Camp インストーラが開かない場合

Mac ではじめて Windows を起動した後で Boot Camp インストーラが自動的に開かない場合は、以下の手順で対処してください。

Boot Camp アシスタントを使って Mac に Windows をインストールした後は、Mac で Windows が起動し、Boot Camp インストーラの「ようこそ Boot Camp インストーラへ」ウインドウが自動的に開きます。状況によっては、インストーラが自動的に開かないことがあります。以下の手順にそって手動で開き、Windows サポートソフトウェア (ドライバ) のインストール手順を終わらせてください。

「BootCamp」フォルダからインストーラを開く

この時点では Windows ドライバがインストールされていないので、以下の手順を終えるまでは、Bluetooth ではなく USB 接続のマウスやキーボードを使った方が比較的簡単です。

  1. エクスプローラーで、OSXRESERVED パーティションを開きます。通常は、D ドライブです。

    OSXRESERVED パーティションがない場合は、この記事の手順ではなく、Windows サポートソフトウェアのダウンロードとインストールの手順を実行してください。

  2. 「BootCamp」フォルダを開いて、「Setup」を開きます。「Setup」はこのフォルダからだけ開くようにし、別の場所からは開かないでください*。
  3. Boot Camp で変更を加えてもよいか確認するメッセージが表示された場合は、「はい」をクリックします。
  4. 「修復」をクリックして、インストールを始めます。
  5. インストールが終わったら、「終了」をクリックし、Mac を再起動するかどうかを確認する画面が表示されたら「はい」をクリックします。 


* コマンドプロンプトに「D:\BootCamp\setup.exe」と入力して「Setup」を開いてもかまいません。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: