組織で macOS High Sierra 10.13.4 の導入準備をする

システム管理者の方は、macOS High Sierra 10.13.4 にアップデートする前に、以下のリストに目を通し、変更点に対応できるよう準備を進めてください。

User Approved Kernel Extension Loading

User Approved Kernel Extension Loading が、MDM に登録されているデバイスで無効にならなくなりました。DEP (Device Enrollment Program) 主導で登録を行っている場合、または MDM への登録をユーザの承認制にしている場合は、Kernel Extension Policy を適用して、User Approved Kernel Extension Loading を管理できます。macOS High Sierra におけるカーネル機能拡張の変更点については、こちらの記事を参照してください。

macOS 10.13.4 へのアップグレード前に MDM への登録が済んでいる場合、ユーザ承認済みの登録として自動変換されます。macOS 10.13.4 以降で MDM への登録を完了した場合、ユーザ承認済みの登録として変換できます。システム環境設定で「プロファイル」を開いて、登録プロファイルを選択します。右側の「承認」ボタンをクリックし、画面の案内に従ってください。DEP を通じて登録済みの場合、この作業は必要ありません。

macOS インストーラ macOS インストーラ App の「Contents/Resources/startosinstall」にある startosinstall コマンドで、新しい --eraseinstall フラグを使って、APFS ボリュームを消去してから macOS をインストールできます。このインストールプロセスの過程で、APFS コンテナのすべてのボリュームが消去されます。macOS のインストール後に適用する追加のパッケージを --installpackage フラグで指定できます。これらのパッケージをビルドするには、productbuild(1) コマンドを使います。macOS のアップグレードとインストールについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。
公開日: