Pages で描画する/注釈を付ける/スクリブルを使う

iPad で Apple Pencil を使って描画したり注釈を付けたりする方法や、スクリブルを使って手書き文字をテキストに変換する方法をご案内します。また、iPhone、iPad、iPod touch で指書きで描画したり、注釈を付けたりすることもできます。

選択とスクロール」を使えば、Apple Pencil で書類内のオブジェクトを選択し、スクロールできます。

スクリブルで手書き文字をテキストに変換する

スクリブルを有効にしていれば、Apple Pencil を対応モデルの iPad で使って手書きした文字をテキストに変換できます*。Apple Pencil を iPad にペアリングすると、スクリブルが自動的に有効になります。スクリブルの設定を確認するか、オフに切り替えるには、iPad で「設定」>「Apple Pencil」の順に選択します。

  1. 文書作成書類の本文の、文字を書き込みたい位置を Apple Pencil でタップします。または、文書作成書類またはページレイアウト書類のテキストボックス、図形、表のセルの中をタップします。
  2. 画面の下部に表示されるツールバーでスクリブルツールをタップし、書き始めます。
    Pages 書類で、画面の下部のツールバーでスクリブルツールが選択されているところ

Apple Pencil で書き進める際は、単語を削除したりテキストを挿入したり、さまざまなことができます。

  • 単語を削除するには、上からこすって消します。
  • 単語の間にテキストを挿入するには、テキストエリアをタップして長押しし、書くためのスペースが表示されたら書き始めます。
  • 文字をつなげたり切り離したりするには、文字と文字の間に縦線を引きます。
  • テキストを選択するには、円で囲むか、その上に取り消し線を引きます。選択範囲をドラッグして、選択範囲を変更できます。

ツールバーには、テキストをインデント、書式設定、配置するためのボタンや、ページ区切りやブックマークなどを挿入するためのボタンも表示されます。

* サポート対象のほかの言語用のキーボードを「設定」>「一般」>「キーボード」>「キーボード」で追加してある場合は、ツールバーでその言語に切り替えることができます。スクリブルに対応している言語や地域については、こちらでご確認ください。


描画する

書類の中で Apple Pencil (対応デバイスの場合) や指を使って描くことができます。

  1. Apple Pencil で描画するには、Apple Pencil でページ上をタップします。指で描く場合や、「選択とスクロール」をオンにしている場合は、「挿入」ボタン をタップして、「メディア」ボタン をタップしてから「描画」をタップします。
  2. 画面の下部に並んでいる 4 つの描画ツール (ペン、鉛筆、クレヨン、塗りつぶしツール) の中から選んでタップします。
    鉛筆ツールパレットで描画ツールが選択されているところ
  3. 線の太さや不透明度を変えて描くには、いずれかの描画ツールを 2 回タップし、新しい線の太さをタップします。または、スライダをドラッグして不透明度を調整します。
  4. 描く色も変更できます。
    • iPhone では、色の付いた丸印をタップし、「カラー」画面の下部に表示されるプリセットの色の中から選びます。または、コントロール群を使って自分で色を混ぜ合わせてから、追加ボタン をタップして、その色をよく使う色として保存します。
    • iPad では、プリセットの色をタップするか、カラーホイールをタップして、カスタムの色を選びます。コントロール群を使って自分で色を混ぜ合わせてから、追加ボタン をタップして、その色をよく使う色として保存します。よく使う色を削除するには、その色の丸印をタッチしたまま長押しし、「削除」をタップします。
  5. 書いたものを消すには、消しゴムをタップしてから、もう一度タップして消しゴムの種類を選びます。
    • ピクセル単位で消すには、「ピクセル消しゴム」をタップし、描いたものをタップするかその上をドラッグします。
    • 描いた線を全部消すには、「オブジェクト消しゴム」をタップし、消したい線や塗りつぶしたオブジェクトをタップします。
  6. 最後の編集作業を取り消すには、「取り消す」ボタン をタップします。
  7. 終わったら「完了」をタップします。

Apple Pencil で描き続けるには、ページ上でそのまま描き始めてください。

描いた絵や図のサイズを変える/移動する

絵や図を描き加えた後で、そのサイズを変えたり移動したりすることができます。

  • 描画サイズを変更するには、描いた部分を指でタップし、外枠のハンドルをドラッグします。
  • 描画した位置を移動するには、描いた部分を指でタップし、そのままドラッグします。

描画した一部を編集する

  1. 描いた部分をタップし、ポップアップメニューから「描画を編集」をタップします。
  2. 画面の下部にあるツールバーで選択ツールをタップし、編集したい描画部分をタップするか周りをドラッグします。選択範囲の周りに外枠が表示されます。
  3. ポップアップメニューからオプションをタップします。
    • 選択範囲のサイズを変更するには、「サイズ変更」をタップし、描画部分の外枠のハンドルをドラッグします。
    • 描いた 1 つの絵や図を 2 つに分けるには、ポップアップメニューから「分離」をタップします。
    • 選択範囲のカット、コピー、削除、複製もできます。

描画した絵や図をアニメーションにする

描画した部分をアニメーションにして、いま描かれているかのように見せることができます。

  1. 描画モードにしている場合は、「完了」をタップします。そうでなければ、次の手順に進みます。
  2. 描画部分をタップし、選択します。
  3. 「フォーマット」ボタン をタップし、「描画」をタップします。
  4. 「描画をアニメート」をオンにし、「継続時間」など、ほかのオプションを調整します。
  5. アニメーションを再生するには、「再生」または「描画を再生」をタップします。

描画した絵や図を共有または保存する

書類に描いたものは、PNG イメージファイルとして、またはアニメーションにした場合は PNG イメージファイルまたは M4V ムービーファイルとして共有または保存できます。

  1. 描画モードにしている場合は、「完了」をタップします。そうでなければ、次の手順に進みます。
  2. 描画部分をタップして選択し、「共有」を選択します。描画部分をアニメーションにしている場合は、「イメージとして共有」または「ムービーとして共有」を選択します。
  3. イメージまたはムービーの送信方法 (たとえば、メールやメッセージ) を選択します。または、「画像を保存」(描画部分をアニメーションにしている場合は「ビデオを保存」) を選択して、写真 App に保存します。

Mac で描画を扱う

iPhone や iPad で Pages 書類に描画できます。その書類を後で Mac 用 Pages で開いた場合、描画部分をアニメーションにし、共有し、写真 App に画像またはムービーファイルとして保存することができます。


注釈を付ける

書類のテキスト、オブジェクト、表のセルに注釈を付けると、編集するに従い、テキストやオブジェクトと一緒に注釈が移動します。

  1. Apple Pencil で注釈を付けるには、ページ上の好きな場所をタップし、画面の下部にあるツールバーで注釈ツールをタップします。指を使う場合や、「選択とスクロール」をオンにしている場合は、「詳細」ボタン をタップして、「スマート注釈」をタップします。鉛筆ツール類の中から注釈ツールが選択されているところ
  2. 「ペン」をタップしてマークを追加したり、「ハイライト」をタップしてテキストをハイライトしたりします。
  3. 注釈を追加します。
  4. 別の色で注釈を付けることもできます。
    • iPhone では、色の付いた丸印をタップし、「カラー」画面の下部に表示されるプリセットの色の中から選びます。または、コントロール群を使って自分で色を混ぜ合わせてから、追加ボタン をタップして、その色をよく使う色として保存します。
    • iPad では、プリセットの色をタップするか、カラーホイールをタップして、カスタムの色を選びます。コントロール群を使って自分で色を混ぜ合わせてから、追加ボタン をタップして、その色をよく使う色として保存します。よく使う色を削除するには、その色の丸印をタッチしたまま長押しし、「削除」をタップします。
  5. 消去するには、画面の下部にあるツールバーで消しゴムツールをタップし、注釈をタップします。注釈をすべて消去するには、画面の下部にあるツールバーで「詳細」ボタン をタップし、「すべてのスマート注釈を消去」をタップします。
  6. ツールバーを小さくするには、画面の四隅のいずれかにドラッグします。ツールバー全体を表示するには、小さくしたツールバーをタップします。
  7. Apple Pencil を使っている場合にページをスクロールするには、1 本指でスワイプします。指を使って注釈を付けている場合は、2 本指でスワイプします。
  8. 終わったら「完了」をタップします。

追加した注釈を後から削除できます。注釈をタップし、「削除」をタップします。注釈を付けた方のテキストやオブジェクトを削除した場合、注釈も一緒に削除されます。 

注釈を非表示にしておきたいだけの場合は、以下の手順を実行してください。

  • iPad では、「表示オプション」 をタップし、「スマート注釈」をオフにします。
  • iPhone や iPod touch では、「詳細」ボタン  をタップし、「スマート注釈」をタップして、「スマート注釈を非表示」をタップします。

Apple Pencil で引き続き注釈を書き加えるには、そのままページ上に書き始めてください。

注釈付きの書類を書き出す

注釈がオンになっている書類を PDF 形式で書き出すと、書き出した PDF に注釈が表示されます。Word、RTF、EPUB、Pages '09 ファイルの形式で書き出した書類には注釈は表示されません。

Mac で注釈を使う

iCloud を使って、お使いのすべてのデバイスで Pages 書類を全部同期している場合、それらの全デバイスで書類に注釈が表示されます。Mac では、書類を編集する際に、注釈を削除または表示したり、非表示にすることができます。

  • 注釈を削除するには、注釈を選択して「delete」キーを押します。 
  • 注釈を全部削除するには、「編集」>「スマート注釈を削除」の順に選択します。
  • すべてのスマート注釈を表示または非表示にする場合は、「表示」>「スマート注釈を表示」または「スマート注釈を非表示」の順に選択します。


Apple Pencil で選択およびスクロールを行う

デフォルトでは、Apple Pencil を使って描画を始めたり、注釈を付けたりすることができます。その代わりに、Apple Pencil でオブジェクトを選択したり、書類をスクロールするように Pages を設定できます。

  1. Pages で、「詳細」ボタン をタップします。
  2. 「Apple Pencil」をタップし、「選択とスクロール」をオンにします。

Apple Pencil が対応していれば、「ダブルタップして切り替え」をオンにすることもできます。「ダブルタップして切り替え」をオンにしておくと、Apple Pencil の下部をダブルタップするだけで、「選択とスクロール」のオンとオフを切り替えることができます。

「選択とスクロール」がオンになっている場合に書類に描画や注釈を加えるには、「挿入」ボタン をタップし、「メディア」ボタン をタップして「描画」をタップしてから、ツールバーの描画ツールまたは注釈ツールをタップします。

Pages、Numbers、Keynote それぞれに「選択とスクロール」の設定が別々にあります。たとえば、Pages で「選択とスクロール」をオンにしても、Keynote や Numbers には影響しません。


関連情報

  • iPad でスクリブルを使ってテキストを入力する方法については、こちらを参照してください。
  • iPhone または iPad 用の Numbers や Keynote でスプレッドシートやプレゼンテーションに描画する方法については、こちらの記事を参照してください
  • Apple Pencil を iPad に接続する方法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: