iPad、iPhone、iPod touch の Pages で描画する/注釈を付ける

Apple Pencil をサポート対象のデバイスで使うか、指を使って、書類に描画したり、注釈を付けたりできます。

描画する

Pages の書類に手書きでイラストや図を追加できます。

  1. Apple Pencil で描画するには、Apple Pencil でページ上をタップします。指を使う場合、または「Apple Pencil で選択およびスクロールを行う」をオンにしている場合は、新規追加ボタン >  >「描画ボタン 描画」の順にタップします。
  2. 画面の下部で「描画」がまだ選択されていない場合は、「描画」をタップします。
  3. 描画を始めます。
    • ワープロ書類でオレンジ色の描画ボックスが表示されていない場合は、ページ上のどこでもよいので Apple Pencil でタップし、ボックスの中に描画します。指で描画している場合は、 をタップして描画ボックスを追加します。描画領域の大きさはハンドルをドラッグして変えることができます。テキストは描画ボックスの周りに流し込まれます。
    • ページレイアウト書類では、好きな場所に描画します。
  4. 描画ツールを切り替えるには、画面の下部でツールをタップします。以下のツールも使えます。それぞれ、効果や機能が違います。
    • 塗りつぶした図形を新たに描くには、塗りつぶしツール をタップし、描き始めます。範囲を塗りつぶす場合は、塗りつぶしツール をタップし、塗りつぶしたい範囲をタップします。
    • 消去するには、消しゴムツール をタップして、描いたものの上からドラッグして消します。
    • 描画した一部を編集するには、選択ツール をタップし、編集したい描画部分をタップするか、その周りをドラッグして囲みます。
  5. 別の色で描くには、色の付いた丸印をタップし、色を選択します。左にスワイプすると、色を微調整できます。
  6. 線の太さや不透明度を変えて描くには、ツールを 2 回タップしてから、新しい太さをタップします。または、スライダをドラッグして不透明度を調整します。
  7. 最後の編集作業を取り消すには、「取り消す」ボタン をタップします。
  8. 終わったら「完了」をタップします。

Apple Pencil で描画を続けるには、ページ上でそのまま描き始めてください。最後に使ったモードがどちらかわからない場合は、Apple Pencil でページをタップし (マークは追加されません)、画面の下部でどちらのボタンが選択されているかを確認してください。

描いた絵や図のサイズを変える/移動する

絵や図を描き加えた後で、そのサイズを変えたり移動したりすることができます。

  • 描画サイズを変更するには、描いた部分を指でタップし、外枠のハンドルをドラッグします。
  • 描画した位置を移動するには、描いた部分を指でタップし、そのままドラッグします。

描画した一部を編集する

  1. 必要に応じて、描いた部分を指でタップし、ポップアップメニューから「描画を編集」をタップします。
  2. 画面の下部にある 選択ツール をタップし、編集したい描画部分をタップするか周りをドラッグします。選択範囲の周りに外枠が表示されます。
  3. ポップアップメニューからオプションをタップします。
    • 選択範囲のサイズを変更するには、「サイズ変更」をタップし、描画部分の外枠のハンドルをドラッグします。
    • 描いた 1 つの絵や図を 2 つに分けるには、ポップアップメニューから「分離」をタップします。
    • 選択範囲のカット、コピー、削除、複製もできます。

注釈を付ける

スマート注釈機能を使って、書類にマークアップできます。書類のテキストやオブジェクトの注釈を付けると、編集するに従い、テキストやオブジェクトと一緒に注釈が移動します。イラストを書類に描き込みたい場合は、代わりに描画機能を使ってください。

  1. Apple Pencil で注釈を書き加えるには、ページ上の好きな位置をタップします。指を使う場合、または「Apple Pencil で選択およびスクロールを行う」をオンにしている場合は、「詳細」ボタン >「スマート注釈 Beta」の順にタップします。
  2. 画面の下部で「スマート注釈」が選択されていない場合は、「スマート注釈」をタップします。
  3. 注釈を書き加えます。
  4. ツールを切り替えたり、注釈に使っているツールの色を変えたりするには、画面の下部でツールまたは色をタップします。 
  5. 消去するには、画面の下部で 消しゴムツール をタップし、注釈をタップします。注釈をすべて消去するには、画面の上部の「すべてを消去」をタップします。
  6. ツールの表示と非表示を切り替えるには、マークアップアイコン をタップします。
    スマート注釈が表示されている Pages 書類
  7. Apple Pencil を使っている場合にページをスクロールするには、1 本指でスワイプします。指を使って注釈を付けている場合は、2 本指でスワイプします。
  8. 終わったら「完了」をタップします。

追加した注釈を後から削除できます。注釈をタップし、「削除」をタップします。注釈を付けた方のテキストやオブジェクトを削除した場合、注釈も一緒に削除されます。 

スマート注釈を非表示にしておきたいだけの場合は、以下の手順を実行してください。

  • iPad では、「表示」ボタン をタップし、「スマート注釈」をオフにします。
  • iPhone や iPod touch では、「詳細」アイコン >「スマート注釈 Beta」>「スマート注釈を隠す」の順にタップします。

Apple Pencil で引き続き注釈を書き加えるには、そのままページ上に書き始めてください。最後に使ったモードがどちらかわからない場合は、Apple Pencil でページをタップし、画面の下部でどちらのボタンが選択されているかを確認してください。

スマート注釈付きの書類を書き出す

スマート注釈がオンになっている書類を PDF 形式で書き出すと、書き出した PDF に注釈が表示されます。Word、RTF、EPUB、Pages '09 ファイルの形式で書き出した書類にはスマート注釈は表示されません。

Mac でスマート注釈を扱う

iCloud を使って、お使いのすべてのデバイスで Pages 書類を全部同期している場合、それらの全デバイスで書類に注釈が表示されます。Mac では、書類を編集する際に、スマート注釈を削除または表示したり、非表示にすることができます。

  • 注釈を削除するには、注釈を選択して「delete」キーを押します。 
  • 注釈を全部削除するには、「編集」>「スマート注釈を削除」の順に選択します。
  • すべてのスマート注釈を表示または非表示にする場合は、「表示」>「スマート注釈を表示」または「スマート注釈を隠す」の順に選択します。

Apple Pencil で選択およびスクロールを行う

Apple Pencil を使って、書類をスクロールしたりオブジェクトを選択したりできます。「設定」>「Pages」の順に選択し、「Apple Pencil で選択およびスクロールを行う」をオンにしてください。

「Apple Pencil で選択およびスクロールを行う」をオンにしているときに描画するには、新規追加ボタン >  >「描画ボタン 描画」の順にタップします。

関連情報

  • iOS 用の Numbers や Keynote でスプレッドシートやプレゼンテーションに描画する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • iPad で Apple Pencil を使う方法については、こちらの記事を参照してください。

 

公開日: