tvOS 製品のセキュリティ認証

この記事では、tvOS プラットフォームに関して、主要製品の認証、暗号モジュールの認証、セキュリティガイダンスについて、関連資料を紹介しています。

以下に挙げている一般的な認証書以外にも、一部の市場に固有のセキュリティ要件に準拠するため、ほかの認証書が発行されている場合があります。 

ご質問がある場合は、security-certifications@apple.com までお問い合わせください。

以下に紹介する認証や評価の関連資料として、以下の文書をお役立てください。

Apple のインターネットサービスに関する公的認証については、以下の記事を参照してください。

Apple のアプリケーションに関する公的認証については、以下の記事を参照してください。

Apple のオペレーティングシステムに関する公的認証については、以下の記事を参照してください。

ハードウェアや関連ファームウェアコンポーネントに関する公的認証については、以下の記事を参照してください。

暗号モジュールの認証

Apple のすべての FIPS 140-2/-3 認証証明書は、CMVP の Web サイトに掲載されています。Apple では、オペレーティングシステムの各メジャーリリースについて、CoreCrypto ユーザモジュールおよび CoreCrypto カーネルモジュールの認証取得に鋭意取り組んでいます。モジュールの評価認証は最終リリースバージョンに限り実施可能なため、OS の公開リリース時点で公式に申請しています。 

CMVP は、暗号モジュールをその認証状況に応じて 4 つの個別のリストに分けて掲載しています。モジュールはまず「Implementation Under Test List」に掲載され、「Modules in Process List」に移ります。認証を取得したモジュールは、認証済みの暗号モジュールのリストに掲載され、その後 5 年が経過すると「historical」リストに移ります。

2020 年、CMVP は FIPS 140-3 のベースとして国際標準 ISO/IEC 19790 を採用しています。

FIPS 140-2/-3 の認証について詳しくは、「Apple プラットフォームセキュリティ」を参照してください。

  CMVP 認証番号 モジュール名 モジュールの種類 サービスレベル 認証日 書類
tvOS 13 のユーザ空間、カーネル空間、Secure Key Store (sepOS) は現在審査中です。「Implementation Under Test List」および「Modules in Process List」で確認してください。

tvOS 12

(Apple TV 4K に対応)

3438 Apple CoreCrypto Kernel Module v9.0 for ARM ソフトウェア 1 2019-04-23
3433 Apple CoreCrypto User Module v9.0 for ARM ソフトウェア 2 2019-04-11
3523

Apple Secure Key Store Cryptographic Module v9.0

(sepOS)

ハードウェア 1 2019-09-10

tvOS 11

(Apple TV 4K に対応)

3148 Apple CoreCrypto User Module v8.0 for ARM ソフトウェア 1 2018-03-09

2018-05-22

2018-07-06
3147 Apple CoreCrypto Kernel Module v8.0 for ARM ソフトウェア 1 2018-03-09

2018-05-17

2018-07-03
3223 Apple Secure Key Store Cryptographic Module v1.0

(sepOS)
ハードウェア 1 2019-09-10
公開日: