Safari 11 のセキュリティコンテンツについて

Safari 11 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。Apple との通信は、Apple Product Security PGP キーで暗号化できます。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

Safari 11

2017 年 9 月 19 日リリース

Safari

対象 OS:OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13

影響:悪意のある Web サイトにアクセスすると、アドレスバーを偽装される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、ユーザインターフェイス不一致の脆弱性に対処しました。

CVE-2017-7085:Tencent の Xuanwu Lab (tencent.com) の xisigr 氏

WebKit

対象 OS:OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:入力検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2017-7081:Apple

2017 年 9 月 25 日に追加

WebKit

対象 OS:OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2017-7087:Apple

CVE-2017-7091:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する Baidu Security Lab の Wei Yuan 氏

CVE-2017-7092:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する Samuel Gro 氏および Niklas Baumstark 氏、Qihoo 360 Vulcan Team の Qixun Zhao 氏 (@S0rryMybad)

CVE-2017-7093:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する Samuel Gro 氏および Niklas Baumstark 氏

CVE-2017-7094:Leviathan Security Group の Tim Michaud 氏 (@TimGMichaud)

CVE-2017-7095:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する南洋理工大学の Wang Junjie 氏、Wei Lei 氏、Liu Yang 氏

CVE-2017-7096:Baidu Security Lab の Wei Yuan 氏

CVE-2017-7098:Instituto Tecnológico de Aeronáutica の Felipe Freitas 氏

CVE-2017-7099:Apple

CVE-2017-7100:Cure53 の Masato Kinugawa 氏および Mario Heiderich 氏

CVE-2017-7102:南洋理工大学の Wang Junjie 氏、Wei Lei 氏、Liu Yang 氏

CVE-2017-7104:Baidu Secutity Lab の likemeng 氏

CVE-2017-7107:南洋理工大学の Wang Junjie 氏、Wei Lei 氏、Liu Yang 氏

CVE-2017-7111:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する Baidu Security Lab (xlab.baidu.com) の likemeng 氏

CVE-2017-7117:Google Project Zero の lokihardt 氏

CVE-2017-7120:Ant-financial Light-Year Security Lab の chenqin (陈钦) 氏

2017 年 9 月 25 日に追加

WebKit

対象 OS:OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、ユニバーサルクロスサイトスクリプティング攻撃につながるおそれがある。

説明:親タブの処理におけるロジックに問題がありました。この問題は、ステート管理を改善することで解決されました。

CVE-2017-7089:ONSEC の Anton Lopanitsyn 氏、Detectify の Frans Rosén 氏

WebKit

対象 OS:OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13

影響:ある生成元 (origin) の Cookie が別の生成元に送信されることがある。

説明:Web ブラウザの Cookie の処理に、アクセス権の問題がありました。この問題は、カスタム URL スキームについては Cookie を返さないようにすることで解決されました。

CVE-2017-7090:Apple

2017 年 9 月 25 日に追加

WebKit

対象 OS:OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13

影響:悪意のある Web サイトにアクセスすると、アドレスバーを偽装される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、ユーザインターフェイス不一致の脆弱性に対処しました。

CVE-2017-7106:Thinking Objects GmbH (to.com) の Oliver Paukstadt 氏

WebKit

対象 OS:OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、クロスサイトスクリプティング攻撃につながるおそれがある。

説明:アプリケーションキャッシュポリシーが予期せず適用されていた可能性があります。

CVE-2017-7109:avlidienbrunn 氏

2017 年 9 月 25 日に追加

WebKit

対象 OS:OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13

影響:Safari のプライベートブラウズモードで、悪意のある Web サイトによってユーザが追跡される可能性がある。

説明:Web ブラウザの Cookie の処理に、アクセス権の問題がありました。この問題は、制限を強化することで解決されました。

CVE-2017-7144:UIC の BITS Lab の Mohammad Ghasemisharif 氏

2017 年 10 月 9 日に更新

WebKit ストレージ

対象 OS:OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13

影響:Web サイトのデータが、Safari のプライベートブラウズセッションの後も維持される場合がある。

説明:Safari のプライベートウインドウでの Web サイトデータの処理に、情報漏えいの脆弱性がありました。この問題は、データ処理を改善することで解決されました。

CVE-2017-7142:Rich Shawn O’Connell 氏、匿名の研究者、匿名の研究者

2017 年 9 月 25 日に追加、2017 年 11 月 10 日に更新

ご協力いただいたその他の方々

WebKit

Tencent の Xuanwu Lab (tencent.com) の xisigr 氏のご協力に感謝いたします。

WebKit

The City School, PAF Chapter の Rayyan Bijoora 氏 (@Bijoora) のご協力に感謝いたします。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: