iPhone をワイヤレスで充電する方法

iPhone を Qi 対応の充電アクセサリでワイヤレス充電する方法をご案内します。

必要なもの

iPhone 8 以降が必要です。

ワイヤレスで充電する

  1. 充電器を電源につなぎます。アクセサリに付属の電源アダプタ、またはメーカー推奨の電源アダプタをお使いください。
  2. 充電器を水平な台の上や、メーカーが推奨するその他の場所に置きます。
  3. iPhone をディスプレイを上向きにして充電器の上に置きます。充電効率が良くなるように、充電器の中央、またはメーカーが推奨する位置に置いてください。
  4. iPhone をワイヤレス充電器に置くと、数秒後に充電が始まるはずです。

ワイヤレス充電器に iPhone を載せている図。

ステータスバーには 充電アイコン が表示されます。

関連情報

  • MagSafe 充電器で充電する方法についてはこちらの記事、MagSafe デュアル充電パッドで充電する方法についてはこちらの記事を参照してください。
  • ワイヤレス充電では、電磁誘導方式で iPhone を充電します。iPhone と充電器の間には何も置かないでください。マグネット式のマウントやケース、その他の物体を iPhone と充電器の間に置くと、性能が低下したり、磁気ストライプや RFID チップ (一部のクレジットカードやセキュリティバッジ、パスポート、キーフォブで使われています) の破損につながる可能性があります。ケースにこうした繊細な部品が付いている場合は、充電の前にケースを取り外すか、それらの部品が iPhone の背面と充電器の間に入り込まないようにしてください。
  • iPhone が充電されない場合や、充電に時間がかかる場合、iPhone を厚みのあるケース、金属製のケース、バッテリーケースに入れているときは、ケースを取り外してみてください。
  • iPhone が振動すると (通知を受信したときなど)、位置がずれることがあります。そのせいで充電マットから iPhone への給電が停止する場合があります。その場合は、バイブレーションをオフにするか、おやすみモードをオンにするか、ずれないようにケースに入れるなどの対策を検討してください。
  • ご利用の充電マットによっては、iPhone の充電中にかすかに音がする場合があります。
  • 充電中に iPhone が少し熱を帯びることもあります。バッテリーの寿命を延ばすために、バッテリーが熱くなりすぎると、ソフトウェアが 80 パーセント以上の充電を制限することがあります。温度が下がれば、iPhone は再び充電されるようになります。iPhone と充電器を涼しい場所に移動してみてください。
  • iPhone は USB で接続されている間はワイヤレス充電されません。iPhone を USB でコンピュータに接続している場合や、USB 電源アダプタに接続している場合は、USB 接続を使って iPhone が充電されます。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: