Apple TV 4K の 4K/HDR/HDR10+/ドルビービジョン出力について

4K、HDR、HDR10+、ドルビービジョンで鮮明に出力できるように Apple TV 4K を設定する方法をご案内します。

Apple TV 4K は、4K HDR の実力を余すところなく引き出すべく、生まれました。テレビを史上最高画質で楽しめます。Apple TV 4K は、以下の 4K 出力フォーマットに対応しています。

  • 4K ドルビービジョン:ドルビービジョン HDR に対応した 4K テレビで使われ、シーンごとに映像を動的に映し出し、標準的な HDR よりも幅広い色域、コントラスト比、輝度差をより高い精度で再現できます。
  • 4K HDR10+:HDR10+ に対応した 4K テレビで使われ、シーンごとに映像を動的に映し出し、標準的な HDR よりも幅広い色域、コントラスト比、輝度差をより高い精度で再現できます。*
  • 4K ハイダイナミックレンジ (HDR):HDR に対応した 4K テレビで使われ、SDR よりも幅広い色域、コントラスト比、輝度差をより高い精度で再現できます。
  • 4K 標準ダイナミックレンジ (SDR):HDR、HDR10+、ドルビービジョン非対応の 4K テレビで使われ、標準的な範囲の色域、コントラスト比、輝度を表現します。 

* HDR10+ は、Apple TV 4K (第 3 世代) のみ対応しているフォーマットです。

いちばんきれいな映像を楽しむ

Apple TV 4K は、お使いの 4K テレビの実力に合わせて、最も美しく映像を出力できる仕様になっています。場合によっては、映りが悪く、構成を自分で調べてみる必要が生じることもあります。たとえば、以下のような症状が考えられます。

  • テレビの映像の色味がおかしい、色が明るすぎる、映像が途切れたり映らない。
  • 画面がときどき砂嵐になったり、ちらつく。
  • HDR またはドルビービジョンに対応したテレビなのに、それらのフォーマットで出力できない。
  • 音が途切れる、ノイズが入る、音声と映像の同期がずれるなど、オーディオに問題がある。

上記いずれかの問題がある場合は、Apple TV に最新バージョンの tvOS がインストールされているか確認してください。その上で、以下の手順で対処してください。

テレビが HDR10、HDR10+、ドルビービジョンに対応しているか確認する

Apple TV 4K で出力フォーマットが自動的に HDR10、HDR10+、またはドルビービジョンに設定されるためには、テレビが 60 Hz (ヨーロッパでは 50 Hz) での HDR10 出力、HDR10+ 出力、またはドルビービジョン出力に対応していることが条件となります。Apple TV 4K は、30 Hz (ヨーロッパでは 25 Hz) でこれらのフォーマットを表示できますが、「設定」>「ビデオとオーディオ」>「コンテンツを合わせる」で「ダイナミックレンジを合わせる」を有効にしておく必要があります。テレビが対応しているフォーマットがわからない場合は、テレビの取扱説明書で調べてください。

正しい HDMI 入力と設定を使う

高画質 4K/HDR ビデオの出力に使う HDMI 入力が、テレビによって異なる場合があります。たとえば、HDMI 入力 2 または HDMI 入力 3 でしか HDR に対応していないテレビもあります。お使いのテレビの取扱説明書で、4K や HDR に対応する入力を調べてください。

正しい HDMI 入力を使うほかにも、テレビ側のビデオや HDMI の設定で、HDR10、HDR10+、ドルビービジョンを有効にしておかなければならないこともあります。場合によっては、こうした設定項目が直接 HDR10、HDR10+、ドルビービジョンとは言及されずに、「Ultra」「Deep」「Enhanced (拡張)」などと表記されていることがあります。

HDMI ケーブルを調べる

HDMI ケーブルに問題がある場合、HDMI ケーブルに問題があるため、接続が安定しないというメッセージがテレビに表示されることがあります。Apple TV 4K が 4K 対応のテレビに接続されている場合は、2 分程度のテストを実行し、HDMI ケーブルの接続状況を調べることができます。「設定」>「ビデオとオーディオ」の順に選択し、「HDMI 接続を確認」を選択してください。

4K ビデオ (特に HDR10、HDR10+、ドルビービジョン) を出力するには、それらのフォーマットに対応した HDMI ケーブルが必要です。Apple では、「Compatible Dolby Vision」のマークが付いた HDMI ケーブルを推奨します。これらのケーブルは、Apple TV 4K をはじめ、幅広いテレビで動作確認テストが行われています。Belkin Ultra High Speed HDMI Cable はその一例です。

それでも HDMI ケーブルの接続状況に問題がある場合は、すべての接続箇所を調べて、HDMI ケーブルに「Compatible Dolby Vision」のラベルが付いているか確かめてください。

その他のコンポーネントを調べる

ほかのコンポーネント (オーディオビデオレシーバー、HDMI スイッチ、サウンドバーなど) を使っている場合は、Apple TV 4K を一時的にテレビに直接接続してみます。テレビに直接つなげば問題が起きない場合は、以下の点を確認してください。

レシーバーまたはサウンドバー

オーディオビデオレシーバーやサウンドバーを使っている場合は、その機能、接続状況、設定を確認し、以下の点も調べてください。

  • レシーバーが 4K 以上のビデオ出力に対応していること、また、4K および HDMI 2.1 に対応した HDMI 入力を使っていることを確かめてください。
  • HDR10、HDR10+、またはドルビービジョンに対応したレシーバーでも、多くの場合は、ファームウェアアップデートを適用してそれらのサポートを追加する必要があります。
  • アップデート後にレシーバーのビデオと HDMI の設定を確認してください。拡張 HDMI の設定を有効にしなければならない場合があります。
  • Apple TV 4K をテレビとレシーバーに接続する HDMI ケーブルがすべて 4K/HDR ビデオに対応しているか確認してください。

その他の HDMI アクセサリ

HDMI スイッチボックス、HDMI スプリッタ、Apple TV 4K をテレビにつなぐその他のアクセサリが、HDMI 信号に干渉している可能性があります。これらを取り除けば問題が解決する場合は、メーカーにお問い合わせの上、4K/HDR ビデオに対応しているかどうかをご確認ください。

   

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: