Apple TV 4K の 4K/HDR/Dolby Vision 出力について

4K、HDR、Dolby Vision で鮮明に出力できるように Apple TV 4K を設定する方法をご案内します。

Apple TV 4K は、4K HDR の実力を余すところなく引き出すべく、生まれました。テレビを史上最高画質で楽しめます。Apple TV 4K は、以下の 4K 出力フォーマットに対応しています。

  • 4K Standard Dynamic Range (SDR):HDR10 や Dolby Vision に対応していない 4K テレビで使われます。 
  • 4K High Dynamic Range (HDR):HDR 対応の 4K テレビで使われ、色域や輝度差の幅が広い映像を出力できます。
  • 4K Dolby Vision:Dolby Vision HDR に対応した 4K テレビで使われ、色域や輝度差の幅が広い映像を、テレビに合わせて最適化して出力できます。

Apple TV 4K を HDR10 や Dolby Vision に対応した 4K テレビにはじめて接続すると、上記のフォーマットで出力できるか、短いテストを実行するように案内される場合があります。画面に表示される案内に従ってテストを実行し、映像が鮮明に表示されるか確認してください。テレビで Dolby Vision 出力や HDR10 出力が可能か Apple TV 4K で確認できなかった場合は、以前に使われていたモードに自動的に戻ります。

Apple TV 4K で使われているビデオモードを確認するには、「設定」>「ビデオとオーディオ」の順に選択してください。この画面で、出力フォーマットを手動で選択できます。

いちばんきれいな映像を楽しむ

Apple TV 4K は、お使いの 4K テレビの実力に合わせて、最も美しく映像を出力できる仕様になっています。場合によっては、映りが悪く、構成を自分で調べてみる必要が生じることもあります。たとえば、以下のような症状が考えられます。

  • テレビの映像の色味がおかしい、色が明るすぎる、映像が途切れたり映らない。
  • 画面がときどき砂嵐になったり、ちらつく。
  • HDR または Dolby Vision に対応したテレビなのに、それらのフォーマットで出力できない。
  • 音が途切れる、ノイズが入る、音声と映像の同期がずれるなど、オーディオに問題がある。 

上記いずれかの問題がある場合は、Apple TV に最新バージョンの tvOS がインストールされているか確認してください。その上で、以下の手順で対処してください。

テレビが HDR10 または Dolby Vision に対応しているか確認する

Apple TV 4K で出力フォーマットが自動的に HDR10 または Dolby Vision に設定されるためには、テレビが 60 Hz (ヨーロッパでは 50 Hz) での HDR10 出力または Dolby Vision 出力に対応していることが条件となります。Apple TV 4K は、30 Hz (ヨーロッパでは 25 Hz) でこれらのフォーマットを表示できますが、「設定」>「ビデオとオーディオ」>「コンテンツを合わせる」で「ダイナミックレンジを合わせる」を有効にしておく必要があります。テレビが対応しているフォーマットがわからない場合は、テレビの取扱説明書で調べてください。

正しい HDMI 入力と設定を使う

高画質 4K/HDR ビデオの出力に使う HDMI 入力が、テレビによって異なる場合があります。たとえば、HDMI 入力 2 または HDMI 入力 3 でしか HDR に対応していないテレビもあります。お使いのテレビの取扱説明書で、4K や HDR に対応する入力を調べてください。

正しい HDMI 入力を使うほかにも、テレビ側のビデオや HDMI の設定で、HDR10 や Dolby Vision を有効にしておかなければならないこともあります。場合によっては、こうした設定項目が直接 HDR10 や Dolby Vision とは言及されずに、「Ultra」「Deep」「Enhanced (拡張)」などと表記されていることがあります。

テレビのソフトウェアをアップデートする

映像出力に問題がある場合は (色味がおかしい、明るすぎる、画像が部分的にしか映らない、音声と映像の同期がずれるなど)、テレビで最新のソフトウェアが使われているか確認してください。4K に対応した大半のテレビやレシーバーは、Wi-Fi や Ethernet ネットワークに接続してソフトウェアをアップデートできるようになっています。ソフトウェアのアップデート手順については、テレビに組み込まれているヘルプ、取扱説明書、メーカーの Web サイトでご確認ください。

HDMI ケーブルを調べる

4K ビデオ (特に HDR10 と Dolby Vision) を出力するには、それらのフォーマットに対応した HDMI ケーブルが必要です。Apple では、「Compatible Dolby Vision」のマークが付いた HDMI ケーブルを推奨します。これらのケーブルは、Apple TV 4K をはじめ、幅広いテレビで動作確認テストが行われています。Belkin Ultra High Speed HDMI Cable はその一例です。

その他のコンポーネントを調べる

ほかのコンポーネント (オーディオビデオレシーバー、HDMI スイッチ、サウンドバーなど) を使っている場合は、Apple TV 4K を一時的にテレビに直接接続してみます。テレビに直接つなげば問題が起きない場合は、以下の点を確認してください。

レシーバーまたはサウンドバー

オーディオビデオレシーバーやサウンドバーを使っている場合は、その機能、接続状況、設定を確認し、以下の点も調べてください。

  • レシーバーが 4K 以上のビデオ出力に対応しているか、また、4K および HDMI 2.0/HDCP 2.2 の信号に対応した HDMI 入力を使っているか確かめてください。
  • HDR10 または Dolby Vision に対応したレシーバーでも、ファームウェアアップデートを適用しないと、HDR10/Dolby Vision 対応にならない場合があります。
  • アップデート後にレシーバーのビデオと HDMI の設定を確認してください。拡張 HDMI の設定を有効にしなければならない場合があります。
  • Apple TV 4K をテレビとレシーバーに接続する HDMI ケーブルがすべて 4K/HDR ビデオに対応しているか確認してください。

その他の HDMI アクセサリ

HDMI スイッチボックス、HDMI スプリッタ、Apple TV 4K をテレビにつなぐその他のアクセサリが、HDMI 信号に干渉している可能性があります。これらを取り除けば問題が解決する場合は、メーカーにお問い合わせの上、4K/HDR ビデオに対応しているかどうかをご確認ください。

その他の情報

Apple TV 4K の画面が黒くなる場合や、Apple ロゴが一瞬表示されてから黒くなる場合は、こちらの記事で対処法をご確認ください。

ほかの問題については、Apple サポートにお問い合わせください。

公開日: Mon Apr 09 10:15:51 GMT 2018