Mac のディスクをフォーマットするときに APFS と Mac OS 拡張のどちらを選択するか

macOS High Sierra のディスクユーティリティでは、大半のストレージデバイスをどちらのファイルシステムでもフォーマットできます。

macOS High Sierra では、Mac コンピュータで APFS (Apple File System) を使えるようになりました。ソリッドステートドライブ (SSD) やその他のオールフラッシュのストレージデバイスでは、Mac OS 拡張 (HFS+) に変わり、APFS がデフォルトのファイルシステムになっています。

 

      

どちらのフォーマットを使用中か調べる

ストレージデバイスが現在使っているフォーマット (ファイルシステム) がどちらか調べるには、以下の手順を実行してください。

  1. Finder でデバイスを選択します。
  2. 「ファイル」>「情報を見る」の順に選択するか、「command (⌘) + I」キーを押します。
  3. 「情報を見る」ウインドウの「フォーマット」に表示されているフォーマットを確認します。

または、システム情報 App を使います。サイドバーで「ストレージ」を選択し、ボリュームの「ファイルシステム」列を調べてください。


どちらのフォーマットを選択すべきか判断する

ソリッドステートドライブ (SSD) やほかのオールフラッシュ構成のストレージデバイスの Mac ボリュームに macOS High Sierra をインストールした場合、そのボリュームは自動的に APFS に変換されます。Fusion Drive、従来型のハードディスクドライブ (HDD)、非 Mac ボリュームは変換されません。

macOS High Sierra のディスクユーティリティでは、大半のストレージデバイスをどちらのファイルシステムでもフォーマットできます。手動で再フォーマットする必要がある場合は、以下の点を確認してください。

  • APFS を使うには、macOS High Sierra が必要です。それ以前のバージョンの Mac オペレーティングシステムでは、APFS でフォーマットされたボリュームがマウントされません。
  • APFS は、ソリッドステートドライブ (SSD) や、その他のオールフラッシュ構成のストレージデバイスに最適です。
  • ディスクユーティリティは、フォーマット対象のストレージの種類を検出し、「フォーマット」メニューに適切なフォーマットを表示してくれます。ストレージの種類を検出できなかったときは、デフォルトで「Mac OS 拡張」が選択されます。このフォーマットは、どのバージョンの macOS でも使えます。

公開日: