Safari 10.1.2 のセキュリティコンテンツについて

Safari 10.1.2 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。Apple との通信は、Apple Product Security PGP キーで暗号化できます。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

Safari 10.1.2

2017 年 7 月 19 日リリース

Safari のプリント機能

対象 OS:OS X Yosemite 10.10.5、OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、無数のプリントダイアログが表示される場合がある。

説明:悪意のある Web サイトや不正利用された Web サイトが、無限個のプリントダイアログを表示して、ブラウザがロックされたとユーザに信じ込ませることができる脆弱性が存在します。この問題は、プリントダイアログを制限することで解決されました。

CVE-2017-7060:インディアナ州ミシャワカ市の Travis Kelley 氏

WebKit

対象 OS:OS X Yosemite 10.10.5、OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6

影響:悪意のある Web サイトに、データをクロスオリジンで取得される可能性がある。

説明:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、SVG フィルタを使ったタイミングサイドチャネル攻撃が実行され、クロスオリジンデータが流出してしまう場合があります。この問題は、クロスオリジンバッファを、フィルタの対象となるフレームにはペイントしないようにすることで解決されました。

CVE-2017-7006:匿名の研究者、カリフォルニア大学サンディエゴ校の David Kohlbrenner 氏

WebKit

対象 OS:OS X Yosemite 10.10.5、OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6

影響:悪意のある Web サイトにアクセスすると、アドレスバーを偽装される可能性がある。

説明:フレーム処理を改善し、ステート管理の脆弱性に対処しました。

CVE-2017-7011:Tencent の Xuanwu Lab (tencent.com) の xisigr 氏

WebKit

対象 OS:OS X Yosemite 10.10.5、OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2017-7018:Google Project Zero の lokihardt 氏

CVE-2017-7020:Baidu Security Lab の likemeng 氏

CVE-2017-7030:Ant-financial Light-Year Security Lab (蚂蚁金服巴斯光年安全实验室) の chenqin 氏

CVE-2017-7034:Ant-financial Light-Year Security Lab (蚂蚁金服巴斯光年安全实验室) の chenqin 氏

CVE-2017-7037:Google Project Zero の lokihardt 氏

CVE-2017-7039:Google Project Zero の Ivan Fratric 氏

CVE-2017-7040:Google Project Zero の Ivan Fratric 氏

CVE-2017-7041:Google Project Zero の Ivan Fratric 氏

CVE-2017-7042:Google Project Zero の Ivan Fratric 氏

CVE-2017-7043:Google Project Zero の Ivan Fratric 氏

CVE-2017-7046:Google Project Zero の Ivan Fratric 氏

CVE-2017-7048:Google Project Zero の Ivan Fratric 氏

CVE-2017-7052:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する cc 氏

CVE-2017-7055:英国の National Cyber Security Centre (NCSC)

CVE-2017-7056:Google Project Zero の lokihardt 氏

CVE-2017-7061:Google Project Zero の lokihardt 氏

WebKit

対象 OS:OS X Yosemite 10.10.5、OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを DOMParser で処理すると、クロスサイトスクリプティング攻撃につながるおそれがある。

説明:DOMParser の処理におけるロジックに問題がありました。この問題は、ステート管理を改善することで解決されました。

CVE-2017-7038:Digital Security の Egor Karbutov 氏 (@ShikariSenpai)、Digital Security の Egor Saltykov 氏 (@ansjdnakjdnajkd)、FastMail Pty Ltd の Neil Jenkins 氏

CVE-2017-7059:Cure53 の Masato Kinugawa 氏および Mario Heiderich 氏

2017 年 7 月 28 日に更新

WebKit

対象 OS:OS X Yosemite 10.10.5、OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2017-7049:Google Project Zero の Ivan Fratric 氏

WebKit

対象 OS:OS X Yosemite 10.10.5、OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6

影響:アプリケーションが、制限されたメモリを読み取れる可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ初期化の脆弱性に対処しました。

CVE-2017-7064:Google Project Zero の lokihardt 氏

WebKit ページの読み込み

対象 OS:OS X Yosemite 10.10.5、OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2017-7019:Tencent Security Platform Department の Zhiyang Zeng 氏

WebKit Web インスペクタ

対象 OS:OS X Yosemite 10.10.5、OS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2017-7012:Apple

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: