Volume Purchase Program (VPP) の購入担当者を Apple School Manager または Apple Business Manager に招待する

Apple School Manager または Apple Business Manager へのアップグレード時に VPP の購入担当者が対象に入っていなかった場合に、所属組織にその担当者を招待する方法をご案内します。

以下に紹介しているのは、VPP 限定アカウントを組織に追加する手順です。Apple School Manager で新しいユーザアカウントを追加する方法についてはこちら、Apple Business Manager で新しいユーザアカウントを追加する方法についてはこちらを参照してください。

  1. Apple School Manager または Apple Business Manager にサインインします。
  2. 「設定」をクリックします。
  3. 「教育機関の設定」または「組織の設定」の「登録情報」を選択します。
  4. ページの下部の「VPP プログラムファシリテータを招待する」をクリックします。 
  5. Apple School Manager または Apple Business Manager に招待したい VPP アカウントの Apple ID を入力し、「招待」をクリックします。

該当するユーザに、組織への参加用のリンクが記載されたメールが届きます。このユーザが Apple School Manager または Apple Business Manager にログインすると、アカウントをアップグレードするように案内されます。アップグレードしたら、Apple School Manager や Apple Business Manager を使い始めることができます。また、そのアカウントが本部のコンテンツマネージャとして表示されるようになります。 

対象となるアカウント

以下に該当するアカウントであれば、Apple School Manager または Apple Business Manager に招待できます。

  • プログラムファシリテータ:これらは、2014 年 2 月以前に作成されたアカウントです。VPP ストアにはサインインできますが、Apple Deployment Program にはサインインできません。
  • エージェントアカウント:これらのアカウントは、2014 年 2 月以降、Apple Deployment Program Web サイトで教育機関またはビジネス向け VPP への登録に使われていました。 
  • 管理アカウント:これらのアカウントは Apple Deployment Program の Web サイトで作成されたもので、教育機関またはビジネス向け VPP 専用です。

以下の条件をすべて満たすアカウントしか招待できません。

  • 購入担当者が同じ登録タイプである (教育機関またはビジネス)
  • 購入担当者が同じ国にいる。
  • 購入担当者が同じ税金情報を使っている。
  • 購入担当者が教育機関またはビジネス向けの VPP にアクセス可能で、まだ管理対象 Apple ID ではない。
  • 購入担当者が Device Enrollment Program (DEP) にアクセスしたことがない。

関連情報

SFTP を使って Apple School Manager のデータを管理する方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple School Manager と Apple Business Manager の「App とブック」への移行については、こちらの記事を参照してください。

公開日: