iCloud ストレージをダウングレードする

iCloud の容量が実際に必要な分よりも多くて余っている場合は、ストレージプランをダウングレードできます。

ストレージプランをダウングレードした場合の流れ

iCloud ストレージプランをダウングレードした場合、ストレージが縮小されるタイミングは、現行の月間または年間の購読期間が終わった後になります*。

ストレージプランをダウングレードまたは解約した結果、iCloud に保存しているコンテンツの量が利用可能なストレージ容量を上回った場合、新しい写真やビデオは iCloud フォトライブラリにアップロードされず、ファイルも iCloud Drive にアップロードされなくなり、iOS デバイスのバックアップも停止します。不要になったバックアップ、書類、写真、メールメッセージを削除して、ストレージを管理できます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

無料のプランにダウングレードした場合、利用できるストレージは 5 GB になります。

各種デバイスで iCloud ストレージをダウングレードする

iCloud ストレージプランは iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows パソコンからダウングレードできます。以下の手順で、手早く済ませることができます。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「容量」の「ストレージを管理」または「iCloud」を選択します。iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」>「容量」の順に選択します。
  2. 「ストレージプランを変更」をタップします。
  3. 「ダウングレードオプション」をタップし、Apple ID のパスワードを入力します。
  4. 別のプランを選択します。
  5. 「完了」をタップします。

Mac の場合

  1. Apple () メニュー >「システム環境設定」を選択して、「iCloud」をクリックします。
  2. 右下の「管理」をクリックします。
  3. 右上の「ストレージプランを変更」をクリックします。
  4. 「ダウングレードオプション」をクリックします。
  5. Apple ID のパスワードを入力して、「管理」をクリックします。
  6. 別のプランを選択します。
  7. 「終了」をクリックします。

Windows パソコンの場合

  1. Windows 用 iCloud を開きます。
  2. 「保存容量」をクリックします。
  3. 「ストレージプランを変更」をクリックします。
  4. 「ダウングレードオプション」をクリックします。
  5. Apple ID のパスワードを入力して、「管理」をクリックします。
  6. 別のプランを選択します。
  7. 「終了」をクリックします。

関連情報

 

* 返金については、アップグレード後 14 日以内に Apple にお問い合わせください。法律によって定められている場合は、一部返金を承ります。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: Thu Feb 22 17:28:42 GMT 2018