MacBook Pro の Touch Bar でアクセシビリティ機能を使う方法

どの Mac にも、macOS を便利に使えるように支援する技術が標準で搭載されています。MacBook Pro の Touch Bar に組み込まれているアクセシビリティ機能について説明します。

MacBook Pro (15-inch, 2016) 以降および MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports) 以降のアクセシビリティ機能を使って、視覚に障がいがある方にも Touch Bar の機能を楽しんでいただけます。

Touch Bar で VoiceOver を使う

VoiceOver は、画面に何が表示されているのかを声で教えてくれ、キーボードやトラックパッドを使ってメニューオプションを選択したり、ボタンをアクティブにしたりする手順を案内してくれます。Touch Bar に表示されている内容も知らせてくれます。

VoiceOver のオン/オフを切り替えるには、「command」キーを押しながら Touch ID ボタンを 3 回押します。Touch ID ボタンは、キーボードの上部の Touch Bar の右側にあります。

 

VoiceOver を有効にしたら、以下のジェスチャを Touch Bar で使えるようになります。

  • Touch Bar の上で 1 本指を動かして、Touch Bar のフォーカスを変更し、指の下にある要素を VoiceOver で読み上げてもらいます。
  • 1 本指で左右にスワイプし、Touch Bar のフォーカスを前後の Touch Bar 要素に移動します。
  • Touch Bar を好きな位置でダブルタップして、Touch Bar のフォーカスがある要素をアクティブにします。
  • スプリットタップ (1 本指でアイテムにタッチしながら、別の指で Touch Bar をタップ) して、最初に使った方の指の下にある要素をアクティブにします。
  • ダブルタップしたまま押し続けて、Touch Bar フォーカスがある要素のダイレクトタッチモードに入ります。これで、スライダを調整できるようになります。

Touch Bar のズーム機能を使う

Mac でズーム機能を使っている場合、Touch Bar のズーム機能も有効にすることができます。

Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択します。「アクセシビリティ」をクリックし、「ズーム機能」を選択して、「Touch Bar のズーム機能を有効にする」をオンにします。

Touch Bar のズーム機能を有効にすると、以下のような操作ができるようになります。

  • 1 本指で Touch Bar をタッチしてドラッグし、Touch Bar を拡大したものをディスプレイに表示できます。
  • 倍率を変更するには、「command」キーを押しながら 2 本指でピンチのジェスチャを行います。
  • 1 本指でパンしながら、2 本目の指ですばやくタップすると、最初の指がある位置にタップが合成されます。2 本目の指を押したまま両方の指を一緒に動かすと、1 本目の指がある位置でタップしたままドラッグすることになります。
  • 1 か所で指を長押しするとダイレクトタッチモードになります。このモードでは、指の下にあるコントロールを直接操作できます。

Touch Bar でスイッチコントロールを使う

スイッチコントロールを使って、MacBook Pro の画面に Touch Bar を表示できます。そうすれば、標準のポインタコントロールを使って Touch Bar 要素にアクセスできます。

まず、スイッチコントロールを有効にします。

  1. Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「アクセシビリティ」をクリックしてから「スイッチコントロール」をクリックします。
  2. 「一般」をクリックし、「スイッチコントロールを有効にする」を選択します。スイッチコントロールのホームパネルがデスクトップに表示されます。

次に、Touch Bar を切り替えます。

  1. スイッチコントロールのホームパネルで、「システム」をクリックします。
  2. 「Touch Bar を切り替える」をクリックして、Touch Bar の表示/非表示を切り替えます。

ポインタコントロールの使い方については、ヘルプを参照してください。

アクセシビリティオプションを使ってほかの機能を有効にする

macOS には「アクセシビリティオプション」ウインドウがあり、ここで一般的なアクセシビリティ機能 (ズーム、VoiceOver、複合キーなど) の有効/無効をすばやく切り替えることができます。

MacBook Pro でこのウインドウを表示するには、Touch ID ボタンを 3 回押します。

公開日: