iPhone のお手入れをする

iPhone のお手入れ方法をご案内します。

iPhone のお手入れに消毒剤を使っても大丈夫ですか?
70%イソプロピルアルコール含有ワイプやクロロックス除菌ワイプ (Clorox Disinfecting Wipes) を使い、iPhone の外表面を優しく拭き取る分にはかまいません。漂白剤 (ブリーチ) は使わないでください。開口部に湿気や水分が入り込まないようにご注意ください。また、洗剤類の中に iPhone を浸さないでください。

iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max

iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max は、先進のテクスチャードマット仕上げのガラスを採用しています。iPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 11 は光沢のあるガラス製で、カメラの周りをテクスチャードガラスで仕上げています。iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max の背面はテクスチャードガラス製で、高級感があるだけでなく丈夫で滑りにくく、手触りもよいのが特徴です。通常通りに使用していても、マットガラスには、iPhone に接触した物体 (たとえば、デニムやポケットの中の物) の素材が移った形跡が見られる場合があります。素材が移った場合、傷のように見えることがありますが、たいていは取り除けます。

しみやその他の損傷の原因となるもの (埃や砂、インク、化粧品、石鹸、洗剤、酸や酸性の食品、ローションなど) が付着してしまったら、すぐに iPhone をきれいに掃除してください。下記のガイドラインを守ってください。

  • ケーブル類をすべて外して、iPhone の電源を切ります
  • 糸くずの出ない柔らかい布 (レンズクロスなど) を少し湿らせて使います。
  • それでも素材が取れない場合は、糸くずの出ない柔らかい布を温かい石鹸水に浸して使います。
  • 開口部に湿気が入り込まないように注意してください。
  • 洗浄用品やエアダスターは使わないでください。

iPhone には耐指紋性撥油コーティングが施されています。洗浄用品や研磨剤を使うと、コーティングがはがれ、細かい傷が付くおそれがあります。 

iPhone SE (第 2 世代)、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7

しみやその他の損傷の原因となるもの (埃や砂、インク、化粧品、石鹸、洗剤、酸や酸性の食品、ローションなど) が付着してしまったら、すぐに iPhone をきれいに掃除してください。下記のガイドラインを守ってください。

  • ケーブル類をすべて外して、iPhone の電源を切ります
  • 糸くずの出ない柔らかい布 (レンズクロスなど) を少し湿らせて使います。
  • 開口部に湿気が入り込まないように注意してください。
  • 洗浄用品やエアダスターは使わないでください。

iPhone には耐指紋性撥油コーティングが施されています。iPhone 8 以降では、前面と背面がコーティングされています。このコーティングは、通常の使用条件下でも経年劣化します。洗浄用品や研磨剤を使うと、さらにコーティングがはがれ、細かい傷が付くおそれがあります。

iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE (第 1 世代)、iPhone 5s

インク、染料、化粧品、土埃、食べ物、油、ローションなど、しみの原因になる可能性がある汚れが付着した場合は、すぐに iPhone をきれいに掃除してください。iPhone をお手入れするには、ケーブル類をすべて外して電源を切ります。糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。iPhone のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、エアダスター、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤は使わないでください。前面のガラス面には撥油コーティングが施されています。指紋が付いた場合は、糸くずの出ない柔らかい布で拭き取ってください。コーティングによる皮脂汚れ防止の効果は、通常の使用条件下でも時間が経てば次第に薄れてきます。研磨剤などで画面をこするとさらに効果が薄れ、細かい傷が付くおそれがあります。

ホームボタンを (Touch ID の認識精度が上がるように) 清掃するには、糸くずの出ない柔らかい布で拭き取ってください。

iPhone 5c

インク、染料、化粧品、土埃、食べ物、油、ローションなど、しみの原因になる可能性がある汚れが付着した場合は、すぐに iPhone をきれいに掃除してください。iPhone をお手入れするには、ケーブル類をすべて外して電源を切ります。糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。iPhone のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、エアダスター、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。前面のガラス面には撥油コーティングが施されています。指紋が付いた場合は、糸くずの出ない柔らかい布で拭き取ってください。コーティングによる皮脂汚れ防止の効果は、通常の使用条件下でも時間が経てば次第に薄れてきます。研磨剤などで画面をこするとさらに効果が薄れ、細かい傷が付くおそれがあります。

SIM トレイの開口部周辺にたまる汚れを清掃するには、糸くずの出ない柔らかい布にごく少量の消毒用アルコールを付けて使います。ポートの開口部から汚れをそっと拭き取り、開口部に湿気が一切入り込まないようにします。

iPhone 5

インク、染料、化粧品、土埃、食べ物、油、ローションなど、しみの原因になる可能性がある汚れが付着した場合は、すぐに iPhone をきれいに掃除してください。iPhone をお手入れするには、ケーブル類をすべて外して電源を切ります。糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。iPhone のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、エアダスター、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。前面のガラス面には撥油コーティングが施されています。指紋が付いた場合は、糸くずの出ない柔らかい布で拭き取ってください。コーティングによる皮脂汚れ防止の効果は、通常の使用条件下でも時間が経てば次第に薄れてきます。研磨剤などで画面をこするとさらに効果が薄れ、細かい傷が付くおそれがあります。

iPhone 4s および iPhone 4

インク、染料、化粧品、土埃、食べ物、油、ローションなど、しみの原因になる可能性がある汚れが付着した場合は、すぐに iPhone をきれいに掃除してください。iPhone を清掃するには、ケーブル類をすべて取り外して、iPhone の電源を切ってください (スリープ/スリープ解除ボタンを長押しして、画面に表示されたスライダをドラッグします)。糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。iPhone のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、エアダスター、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。前面と背面のガラス面には撥油コーティングが施されています。指紋が付いた場合は、糸くずの出ない柔らかい布で拭き取ってください。コーティングによる皮脂汚れ防止の効果は、通常の使用条件下でも時間が経てば次第に薄れてきます。研磨剤などで画面をこするとさらに効果が薄れ、細かい傷が付くおそれがあります。

iPhone 3GS

インク、染料、化粧品、土埃、食べ物、油、ローションなど、しみの原因になる可能性がある汚れが付着した場合は、すぐに iPhone をきれいに掃除してください。iPhone を清掃するには、ケーブル類をすべて取り外して、iPhone の電源を切ってください (スリープ/スリープ解除ボタンを長押しして、画面に表示されたスライダをドラッグします)。糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。iPhone のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、エアダスター、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。前面のガラス面には撥油コーティングが施されています。指紋が付いた場合は、糸くずの出ない柔らかい布で拭き取ってください。コーティングによる皮脂汚れ防止の効果は、通常の使用条件下でも時間が経てば次第に薄れてきます。研磨剤などで画面をこするとさらに効果が薄れ、細かい傷が付くおそれがあります。

iPhone 3G および iPhone (初代)

iPhone を清掃するには、ケーブル類をすべて取り外して、iPhone の電源を切ってください (スリープ/スリープ解除ボタンを長押しして、画面に表示されたスライダをドラッグします)。次に、糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使います。開口部に湿気が入り込まないように注意してください。iPhone のお手入れに、ガラスクリーナー、家庭用洗剤、エアダスター、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、アンモニア、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

関連情報

  • Apple Watch のお手入れ方法についてはこちらの記事、その他の Apple 製品のお手入れ方法についてはこちらの記事を参照してください。 
  • お使いの iPhone のモデルの調べ方については、こちらの記事を参照してください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: