Apple Watch で Mac のロックを自動解除する方法

Apple Watch を身に着けていれば、近付くだけで Mac が察知し、自動的にログインできます。

自動ロック解除の使い方

自動ロック解除のおかげで、Apple Watch さえ着けていれば、Mac にすぐにアクセスできます。Mac のスリープを解除するだけで、パスワードの入力さえ省いて、すぐに使い始められます。

Mac の電源を入れた後、再起動した後、またはログアウトした後ではじめてログインするときは、パスワードを手入力してログインします。その後は、Apple Watch がログインを引き受けてくれます。

自動ロック解除は、身に着けている Apple Watch のロックが解除されていて、Mac の至近距離に近づいたときに働きます。必要に応じて、Apple Watch をもっと近付けてください。

自動ロック解除の設定方法

  1. Mac と Apple Watch の両方が、この機能のシステム条件を満たしていることを確認します。
    • watchOS 3 以降を搭載した Apple Watch。
    • macOS Sierra 以降を搭載した Mid-2013 以降の Mac。
      Apple Watch Series 3 で自動ロック解除機能を使うには macOS High Sierra が必要です。
  2. Apple ID で 2 ステップ確認ではなく 2 ファクタ認証が使われていることを確認してください。
    2 ステップ確認から 2 ファクタ認証に切り替える方法については、こちらの記事を参照してください。
  3. デバイスが以下の通りに設定されていることを確認してください。
    • Mac で Bluetooth を有効にします。
    • Mac で Wi-Fi を有効にします。
    • Mac と Apple Watch で同じ Apple ID を使って iCloud にサインインします。
      Mac で、Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「iCloud」をクリックします。
      iPhone で、Apple Watch App を開き、「一般」>「Apple ID」の順に選択します。
    • Apple Watch でパスコードを使います。
      iPhone で、Apple Watch App を開いて、「パスコード」をタップします。
    • Mac でインターネット共有を使わないようにします。
    • Mac で、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」パネルで、「Apple Watch でこの Mac のロックを解除できるようにする」を選択します。
      Apple メニュー >「システム環境設定」を選択し、「セキュリティとプライバシー」をクリックし、「一般」タブを選択してください。


Mac が自動ロック解除に対応しているかどうか不明な場合は、「option」キーを押しながら Apple メニュー >「システム情報」を選択します。サイドバーで「Wi-Fi」を選択し、右側に「自動ロック解除:対応」と表示されていることを確認してください。

システム情報ウインドウ

公開日: