Apple School Manager へのアップグレードに備える

Apple Deployment Program から Apple School Manager へのアップグレードに備えて、学校で準備を進めてください。

現在 Apple Deployment Program (Device Enrollment Program または Volume Purchase Program) をご利用いただいている教育機関は、Apple School Manager にアップグレードできます。

Apple School Manager は、コンテンツの購入、モバイルデバイス管理 (MDM) ソリューションへの自動デバイス登録の設定、学生やスタッフ用のアカウントの作成を支援するサービスです。Web からアクセス可能で、テクノロジーマネージャ、IT 管理者、スタッフ、講師を利用者として想定しています。

Apple School Manager にアップグレードする前に、以下の情報をご確認ください。

VPP プログラムの購入担当者を Apple School Manager に招待する

学校で個別の Volume Purchase Program (VPP) アカウントが 1 つまたは複数使われている場合があります。学校にこうしたアカウントがある場合は、Apple School Manager にアップグレードした後で、それらのアカウントをユーザとは別に招待する必要があります。VPP プログラムの購入担当者を Apple School Manager に招待する方法については、こちらの記事を参照してください。

管理対象 Apple ID のドメインを選択する

Apple Deployment Programs アカウントを Apple School Manager にアップグレードする際、学校の Web サイトを入力するように案内されます。Apple School Manager では、ここで入力いただいた学校の Web サイトを、管理対象 Apple ID のデフォルトのドメインのベースとして使います。たとえば、Web サイトが www.myschool.edu の場合、管理対象 Apple ID は student@appleid.myschool.edu のようになります。

Web サイトのドメインがメールドメインと違う場合は、代わりに、メールドメインを入力してもかまいません。Apple School Manager の Admin は、アップグレードの後でデフォルトのドメインを変更できます。

準備が整ったら、教育機関で Apple School Manager にアップグレードする方法について、こちらの記事でご確認ください。

関連情報

  • Apple School Manager の設定方法と使い方については、ヘルプを参照してください。
公開日: