Mac で 4K ディスプレイ、5K ディスプレイ、Ultra HD TV を使う

Mac での 4K ディスプレイ、5K ディスプレイ、Ultra HD TV の対応状況について説明します。また、システム条件や、ディスプレイまたはテレビの設定方法や調整方法についてもご案内します。

以下の Mac コンピュータで、4K ディスプレイおよび Ultra HD TV を利用できます。

  • MacBook Pro (Retina, Late 2013) 以降
  • Mac Pro (Late 2013)
  • iMac (27-inch, Late 2013) 以降
  • Mac mini (Late 2014)
  • MacBook Air (Early 2015) 以降
  • MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) 以降

HDMI ディスプレイ

Mac の内蔵 HDMI ポートに 4K ディスプレイおよび Ultra HD TV を接続して、以下の解像度およびリフレッシュレートで利用できます。

  • 3840 x 2160 (30 Hz)
  • 4096 x 2160 (24 Hz) (この解像度で使う場合、ミラーリングはサポートされません)

MacBook (2015 以降)、MacBook Pro (2016 以降)、iMac (2017 以降) は、macOS Sierra 10.12 以降を搭載した場合、USB-C Digital AV Multiport アダプタを使った HDMI 1.4b 接続で以下の解像度とリフレッシュレートに対応します。

  • 最大 1080p (60 Hz)
  • 3840 x 2160 (30 Hz)
    上記のコンピュータは、対応の HDMI 2.0 ディスプレイ、HDMI Premium Certified ケーブル、互換性のある他社製の USB-C - HDMI 2.0 アダプタを使った場合にも、HDMI 接続で 60 Hz のリフレッシュレートに対応します。

SST (シングルストリームトランスポート) ディスプレイ

SST のほとんどの 4K ディスプレイは、30 Hz の出力に対応します。

OS X Yosemite v10.10.3 以降を搭載した以下の Mac コンピュータは、SST の大半の 4K (3840 x 2160) ディスプレイに対応し、60 Hz の出力が可能です。

  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015) 以降
  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014) 以降
  • Mac Pro (Late 2013)
  • iMac (27-inch, Late 2013) 以降
  • MacBook Air (Early 2015)

OS X Yosemite v10.10.3 以降を搭載した以下の Mac コンピュータは、SST の大半の 4K (4096 x 2160) ディスプレイに対応し、60 Hz の出力が可能です。

  • MacBook Pro (2016 以降)
  • Mac Pro (Late 2013)
  • iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014) 以降

macOS Sierra を搭載した MacBook (2015 以降) は、DisplayPort 接続で 60 Hz の出力で、4K (3840 x 2160) ディスプレイに対応します。

MST (マルチストリームトランスポート) ディスプレイ

以下の Mac コンピュータは、MST ディスプレイで 60 Hz の出力に対応します。

  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013) 以降
  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015) 以降
  • Mac Pro (Late 2013)
  • iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014) 以降

MST モードで 60 Hz 出力のディスプレイを、AMD Radeon R9 M370X グラフィックカードを搭載した MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015) または iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014) で使用する場合、追加で接続できる Thunderbolt Display は 1 台だけです。Thunderbolt ポートおよびディスプレイについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。

Mac は MST 対応のディスプレイを自動的に検出します。ただし、60 Hz 出力に対応するには、ディスプレイのファームウェアアップデートが必要になる場合があります。詳しくは、ディスプレイのメーカーにお問い合わせください。 

MST を使うように 4K ディスプレイを手動で構成する必要があります。以下の手順にそって、ディスプレイに内蔵のコントロール類を使って、この機能を有効にしてください。

  • Sharp PN-K321:「MENU」>「本体設定」>「DisplayPort ストリーム」>「MST」>「設定」の順に選択します。
  • ASUS PQ321Q:OSD メニュー >「本体設定」>「DisplayPort ストリーム」の順に選択します。
  • Dell UP2414Q および UP3214Q:メニュー >「画面設定」>「DisplayPort 1.2」>「有効にする」の順に選択します。
  • Panasonic TC-L65WT600:「メニュー」>「DisplayPort 設定」>「ストリーム設定」>「自動」の順に選択します。
  • その他の DisplayPort ディスプレイ:互換性に関する情報については、ディスプレイのメーカーにお問い合わせください。

デュアルケーブルディスプレイ

解像度が 4K 以上のディスプレイの中には、DisplayPort ケーブルを 2 本使って接続しなければフル解像度で出力できないものがあります。

  • Dell UP2715K 27 インチ 5K ディスプレイは、OS X Yosemite v10.10.3 以降を搭載した iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014) 以降および Mac Pro (Late 2013) でサポートされています。
  • HP Z27q 5K ディスプレイは、macOS Sierra を搭載した iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014) 以降および Mac Pro (Late 2013) でサポートされています。

LG UltraFine ディスプレイ

LG UltraFine 4K Display は、以下の Mac コンピュータに USB-C を使って DisplayPort Alt-Mode で接続できます。

  • MacBook Pro (2016 以降)
  • MacBook (2015 以降)
  • iMac (21.5-inch, 2017)
  • iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2017)
  • iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017)

LG UltraFine 5K Display は、以下の Mac コンピュータに Thunderbolt 3 (USB-C) で接続できます。

  • MacBook Pro (2016 以降)
  • iMac (21.5-inch, 2017)
  • iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2017)
  • iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017)

ディスプレイを調整する

Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「ディスプレイ」をクリックして、ディスプレイの解像度の調整 (拡大縮小) ができます。画面に文字やオブジェクトを大きく表示したり、または画面上のスペースを広く使えるようにすることができます。接続したディスプレイが Mac で認識されない場合は、「option」キーを長押しして「ディスプレイを検出」ボタンを表示させ、そのボタンをクリックしてください。


関連情報

  • Boot Camp を使って Windows 7、8、8.1 で 4K ディスプレイや Ultra HD TV を使う場合も、macOS と同じ条件が適用されます。Windows 8 から 8.1 にアップグレードした場合は、Boot Camp ドライバを修復してください。
  • Mac Pro (Late 2013) で複数のディスプレイを使う方法については、こちらの記事を参照してください。
  • 4K ディスプレイでグラフィックパフォーマンスを最大限に引き出すには、ディスプレイまたはそのアダプタを別の周辺機器やデバイスに接続するのではなく、Mac に直接接続してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: